学生ハーフ(2019/03/10)大学別振り返り ~中学、帝京、東海、東国、東洋、日大~

3月10日に行われた学生ハーフの結果の振り返り、続いては、中央学院大学、帝京大学、東海大学、東京国際大学、東洋大学、日本大学の6校です。エースが素晴らしい走りを見せた東国大、東洋大に自己ベストラッシュとなった中央学院、帝京など多くの大学にとって収穫のある大会となったのでは?

 

<中央学院大学>

石綿が63分3秒で10位に入ってきたのはびっくりでしたね。エース候補の1人として楽しみです。長山も63分23秒で20位と上々の走り。先月も63分24秒で走っていますし、一気にタイムを伸ばしてきましたよね。3大駅伝はまだ未経験ですが、4年時に大活躍となりそうな予感。箱根8区5位と好走した大濱も63分54秒で自己ベストでここまでが63分台。

 

64分台では、1年ながら3大駅伝フル出場を果たした吉田も64分10秒、64分34秒の須永、64分41秒で自己ベストの畝、64分42秒でこれまたベストの石原と続いています。多くの選手が自己ベストを出してきたのは収穫ですし、新戦力の台頭も見られました。来年度の中央学院も安定した強さを発揮してくれそうです。

 

<帝京大学>

岩佐が62分39秒の好タイムで8位入賞、上級生になって安定感を増してきましたが、この走りを見ると、前年度苦しんだ再びの主要区間でのリベンジも期待したいですよね。さらに、63分6秒で島貫、63分9秒で星、63分10秒で鳥飼、63分11秒で吉野となんと11~15位が全て帝京という素晴らしい走り。星以外はいずれも自己ベストとなっていますね。

 

しかもこれだけにとどまらず、小森が63分17秒、ルーキーの中村が63分19秒で自己ベストの19位、ルーキーではトップタイムかなあ。トップ20位のうち、7人が帝京という驚異的な結果を残しました。これだけ、揃って主力が結果を出した大学というのは他に見当たらないですし、3大駅伝全てで好結果を残した帝京の勢いを改めて見せる結果となりました。

 

<東海大学>

松尾が62分24秒の好タイムで5位入賞、箱根優勝メンバー以外でこのタイムを出すのが東海の恐ろしさですし、箱根を走れなかった悔しさを来年度は晴らす走りを見せてほしいところ。さらに、名取が63分31秒で自己ベストを出したのは収穫ですね。故障なども多くてなかなかメンバー争いに加われていないですが、来年度以降を見据えても台頭してきてほしい選手です。

 

箱根6区2位の中島は63分44秒、箱根5区2位の西田が63分47秒で続き、まずまずかなあ。さらに63分56秒で米田、64分9秒で鈴木、64分44秒で河野も走っており、高校時代に実績のある選手に大学で伸びてきた選手がさらに加われば、来年度の東海は本当に恐ろしいことになりそうな気が…

 

<東京国際大学>

エースの伊藤が61分52秒の驚異的な走りで3位、ユニバ代表の座を射止めたのは本人にとってもチームにとっても大きいですね。箱根3区で上々の走りを見せた真船も63分13秒の15位で続き、見事な走りを見せました。相沢も64分ジャストとまずまず、日本人3本柱として期待される3人が、ここでも存在感を見せています。

 

さらに原田が64分4秒で来年度のチーム5番手、菅原が64分10秒で6番手、栗原が65分14秒で10番手となるタイムをマークしており、エース格だけではなく、中間層の底上げも進んでいます。来年度、さらなる飛躍に向けていい形で今年度を終えることが出来たのでは?

 

<東洋大学>

エースの相澤が61分45秒で優勝し、ユニバ代表を決めました。もはや、日本人大学生トップクラスどころか、実業団とも互角以上に渡り合っている存在、優勝候補筆頭だろうと思っていましたが、それでもきっちり優勝してしまうのがさすがです。来年度、大学長距離界の中心に位置することでしょう。

 

箱根6区3位の今西も63分23秒の21位と続き、こちらもまずまずかなあ。さらに定方が63分50秒、蝦夷森が63分56秒で続き、ここまでが63分台で自己ベストですね。来年度では今西が4番手、定方が8番手、蝦夷森が9番手に位置しています。箱根を走っていない選手がタイムを伸ばしてきたのは大きいですし、特に蝦夷森は鈴木以外ちょっと元気の無かった1年生の中で、2月に続いて63分台の走りといい形で来ていますね。

 

<日本大学>

日本人エースの阿部が63分54秒で36位と上々の走り、来年度ではチームトップタイムとなりました。63分58秒で武田が続き、2番手に位置することに。ただ、63分50秒台でチーム1,2番手というのはちょっと寂しい気もしますねえ。横山が64分49秒で続き、やはり主力が順当に上位に来ています。

 

そんな中、高橋が65分16秒で7番手となるタイムで走ったのは上出来なのでは。伊藤も65分42秒で自己ベストです。個人的にはずっと期待している竹元は67分30秒で初ハーフ…もうすぐ3年生ですし、このまま復活を果たせないのかと不安・・・