クロカン日本選手権(2019年)結果 ~坂東が優勝、田村兄弟が表彰台~

先日、クロカン日本選手権が行われました。日本クロカン結果が公式サイトに載っております。シニア男子10kmは、ついにリアルタイムでも放送してくれるようになりましたね。やはり、スポーツはリアルタイムで見てこそですし、ありがたいです。

 

~シニア男子10km~

優勝を果たしたのは法政の坂東、塩尻が抜け出したときに唯一ついていき、塩尻を突き放すと今度は田村兄弟の猛追を受けましたが、これまた終盤に突き放す素晴らしい走りで見事に優勝を飾りました。エースとしてチームを牽引し続け、時には3大駅伝で苦しむこともありましたが、有終の美を飾る走りを見せてくれました。実業団でさらなる飛躍を遂げてくれれば。

 

4秒差の2位に住友電工の田村和、弟の田村友と二人で争っていたシーンは良かったですね。田村和の実績はずば抜けていますが、田村友も今年度に入ってからは好タイムを連発、勝負レースでも結果を残すまでに急成長を遂げてきました。二人が並走するとなると、田村和が積極的に引っ張り、何度も後ろを振り返って弟を気にかけていたのも印象的でした。トラック、ロード、クロカンといずれも強さを発揮するのが凄まじい。

 

5秒差の3位に黒崎播磨の田村友、偉大な兄にはあと1秒届きませんでしたが、素晴らしい走りを見せてくれました。ニューイヤー駅伝でも1区5位で走っていますし、どんどん力をつけていますよね。兄弟で表彰台に上るというのが凄いですよね。お互いに切磋琢磨して、さらなる高みを目指してほしいです。

 

7秒差の4位に早稲田の中谷、今年度はスーパールーキーとして活躍を見せましたが、駅伝シーズンに入ってますます強くなっているような…来年度には早稲田のエースと呼ばれていそうですよね。3大駅伝全てで好走し、都道府県対抗、そして日本クロカンと外すことのない高いレベルでの安定感、高校時代なら分かりますが、大学、そして社会人相手にも力を発揮し続けているのが凄いです。

 

16秒差の5位に東海の小松、ここでちょっとタイム差が空いていますね。箱根駅伝では8区区間新を叩き出し、MVPにして東海初優勝の立役者、以降は注目度が段違いかとは思いますが、ここできっちりと結果を残してくるのが本物の証かなあ。来年度は3大駅伝全てで見たい選手です。

 

19秒差の6位に同じく東海の鬼塚、2年前に優勝を飾ったことを考えると、もう一歩かもしれませんが、しっかりと入賞してくるあたりがさすがですよね~故障からは復活を遂げ、得意のクロカンでも好走を見せました。ただ、もっと走れる選手だと思いますし、また大学トップクラスの走りを見せてほしいです。

 

26秒差の7位に愛三工業の山口、山口もニューイヤーや都道府県対抗、そしてクロカンとロードでいつも好位置を走り、好走している印象があります。前回も2位に入っている実力者ですね。その安定感は実業団でもトップクラスと言えるのでは?毎年結果を残しているのも凄いですよね。

 

27秒差の8位にトヨタ自動車の西山、前回も好走していますが、今回も入賞と2年連続で好走しています。先日の唐津10マイルでも優勝を果たしていますし、実業団で結果を残しているのは何よりですねえ。層の厚いトヨタ自動車ですが、駅伝でも活躍を期待したいところ。

 

同じく27秒差の9位でトヨタ自動車九州の坂本、先日の実業団ハーフでも61分54秒の12位と好タイムをマークしていましたし、勝負レースで結果を残してきているのは頼もしいですね。高卒で即実業団の選手が多いトヨ九勢ですが、坂本も鶴翔高校を卒業後、実業団で着実に力をつけてきています。

 

10位に法政の青木、東海勢が5,6位に入っていますが、法政も優勝した坂東に続き、青木がトップ10入りですね。3000m障害、箱根5区に強い選手ですし、クロカンが強いのも納得。。。来年度は佐藤とともにダブルエースとして期待がかかる青木ですが、今回も良い走りだったのでは。

 

11位以下では、11位にこれまた3000m障害で日本選手権優勝経験もある潰滝が入っていますし、14位には今年度の日本選手権覇者である塩尻と3000m障害の実力者が上位に入っている印象。7位に入った山口も関東インカレでは4連覇した実力者ですしねえ。塩尻は集団から抜け出したまでは良かったですが、そこからはちょっと崩れてしまったのは意外でしたねえ。まあ、今年度はレースに出場しまくり&ずっと結果を残し続けていましたからね。また、実業団で素晴らしい走りを見せてくれれば。

 

前回は3位に入った東洋の西山は24位と今回はちょっとらしくない走りに…日本選手権5000mの覇者で注目を集めたトーエネックの弾馬も32位に終わっています。1年間を通して結果を残し続けるのは容易では無いですし、二人とも走力・実績ともに申し分のない選手ですから、また次のレースに期待ですね~

This content cannot be displayed in widgets.