2018年度 大学別振り返り ~城西大学~

続いては、城西大学について、この1年間の走りを、時系列で簡単に振り返っていきます。選手一覧3大駅伝結果はこのようになっております。今年度はずっといい走りを続けていましたが、最も注目度の高い箱根だけがまさかの結果という終わりだけが良く無かった1年となってしまったかなあ。。。

 

~トラックシーズン~

4月に荻久保が早速14分9秒の自己ベストを更新しています。エースへと飛躍を遂げた荻久保ですが、4月から早速好走を見せているんですよね。他にも鈴木が14分25秒の自己ベスト、菊地は14分28秒のベスト、14分32秒のセカンドベストのいずれも4月にマークしています。5月には西嶋が13分53秒の自己ベスト、既に13分台のベストを有していましたが、さらにタイムを縮めています。

 

関東インカレ1部では西嶋が5千で6位入賞、2年時も10位で走っていますし、やはりトラックとなると西嶋の強さがより際立ちますよね。そして、ハーフでは金子が3位と表彰台に上がる快走、前年度も4位に入っていますし、逆に金子はロードや長い距離での強さが目立ちますよね~他には5千で中島が13位、ハーフでは大石が同じく13位で走っており、それぞれの距離に強い選手が結果を残しています。

 

6月には大里が14分23秒とベストを更新してますね。全体的には、トラックシーズンでベストを更新した選手は少なかったかなあ。しかし、全日本予選は素晴らしかったですね。

 

8人全員が組21位以内という誰一人として崩れない走りを見せた一方、1組3位だった服部、3組3位の鈴木など4年生の好走が目立ちますし、最終組も荻久保が11位、大石が13位ですからね。中堅どころもエース格もほぼ、完璧なレースと言って良い走りで3位と上位での通過を果たしました。トラックシーズンをいい形で締めくくりました。

 

~駅伝シーズン~

全日本予選で好走した荻久保が13分55秒でついに13分台に突入、鈴木も14分ジャストの好タイムをマークしました。また、ルーキーの山本も14分23秒で高校ベストを更新してきましたね~服部も14分17秒のセカンドベストを出しています。すると出雲では1区3位に荻久保、3区9位に鈴木、5区9位に山本、6区7位の服部と4人とも区間1桁で走っていますね~総合8位は上々と言って良いでしょう。

 

10月には、5千で14分14秒で中原、15秒で峐下、18秒で雲井と揃って自己ベストを更新、1万mでも大里が29分28秒、松尾が29分39秒、雲井が29分48秒と駅伝シーズンに入ると、一気に自己ベストを更新する選手が増えてきましたよね~

 

すると、全日本では1区こそ16位と出遅れたものの、2区で荻久保が区間賞の爆走を見せることに。出雲、全日本の走りであっという間にエース格の1人に名を連ねることになりました。特に全日本2区は他の大学も主力が揃っていただけに、この区間賞の走りは一際光りました。

 

その後は6区終了時で総合13位まで順位を落とし、さすがにシードは厳しいかと思われたのですが…新エース区間の7区で鈴木が区間5位と大学ベストと言っていい走りを見せると、8区の金子が区間5位の走りで最後の最後で逆転して総合8位、本当にギリギリでのシード権入りを果たしました。

 

さらに、上尾ハーフではその金子が62分16秒と素晴らしい走りを見せたのを筆頭に、雲井、大里という2年生コンビがともに63分30秒台、野上、松尾も64分20秒台で走るなど下級生の好走も目立ちました。うると、学連記録会では、エースの荻久保が28分37秒とさすがの走り、29分1秒で大石が復活の走り、29分8秒で鈴木も続き、29分33秒で中原、29分48秒で宮澤がいずれも自己ベストで走っています。

 

 

ここまでの駅伝シーズンはもう申し分のない走りが続いていましたよね。走るたびに主力・中堅どころが自己ベストを更新し、全日本でも逆転でのシード獲得、前年度よりもはるかにチーム力は上がっていると感じられましたし、ならば箱根での連続シードも問題無いだろうと思っていたのですが…最後に落とし穴が待っていました。

 

箱根ではエースの荻久保を欠いたとはいえ、それでも戦力は充実だと思っていたのですが…往路は2区で金子が区間20位、3区中島が区間21位ですからね…本当にどうしてしまったんだろう?という走りが続き、5区服部こそ区間10位で走ったものの往路は19位でのフィニッシュ。

 

復路では6区松尾、8区大石がともに区間21位でブービー、7区の雲井は区間最下位とまさかの走りが復路でも続きました。そんなあまりにも苦しすぎる状況の中、2年の大里が10区4位で走ったのは何か来年度以降に繋がるであろう走りのようにも感じられましたね~総合では20位という散々な結果に終わってしまいましたが…

 

1年間を振り返ってみると、本当に明確に失敗だったのは箱根だけなんですよね~それだけで、今年度の城西が良く無かったと判断はしたくないですよね。多くの選手が自己ベストを更新し、全日本予選、全日本は揃っての好走で全日本は初シード獲得ですしね。力のある4年生が抜けますが、3年生以下に力のある選手は揃っていますし、箱根での悔しさ、1年で晴らしてほしいものです。

This content cannot be displayed in widgets.