第95回(2019年)箱根駅伝 10区の振り返り&気になり ~区間賞:星(帝京)~

箱根駅伝の振り返り、最後は10区について、各選手の走りを振り返っていきます。10区結果はこのようになっております。9区終了時でトップの東海と2位の東洋の差は3分35秒もの大差、ある程度優勝争いは決した感がありましたが、その一方でシード争いは今回も熾烈を極めることとなりました。

 

そんな中、区間賞を獲得したのが帝京の星、上尾ハーフで62分20秒を叩き出したのは伊達では無いですね。全日本は外れてしまいましたが、ここで会心の走りを見せ、7→5位と2つ順位を上げてのフィニッシュとなりました。これで3大駅伝全てで5位を達成、序盤は出遅れたものの、しっかりと最後には5位にまで上がってくる帝京の強さですね。

 

区間2位に青学の鈴木、本当に復路の青学はすさまじかったですね。どの選手も積極的な走りを見せつつ、終盤のペースダウンも抑える走り、復路は区間賞3つ、区間2位が2つという完ぺきなレースで前を行く東海を追いました。5連覇&3冠という大偉業達成は惜しくも逃しましたが、復路優勝で総合2位、ゴール時の笑顔も良かったですし、負けてなお青学強しを印象付けました。

 

区間3位に東海の郡司、3年にして初めて3大駅伝出場した郡司ですが、今年度は3大駅伝フル出場&全て区間3位以内という安定した走りで東海初優勝のゴールテープを切りました。10区間を通じて強かった東海でしたが、特に山の強さ、復路の強さが目立ったかなあ。復路は区間賞1つ、区間2位が3つ、区間3位が1つとこちらも素晴らしい走りで東洋を逆転し、青学の追い上げも許しませんでした。

 

区間4位に城西の大里、1区からずっと下位に沈み、区間1桁が1区間も無い中、最後の最後で大里が好走、総合順位は20位でしたが今後に向けての希望の走りとなりました。他の選手もこのくらい揃って走ってもおかしくないと思っていたんですけどねえ。エースの荻久保を起用出来ないだけで、ここまで下がってしまうのか…総合20位からの来年度の巻き返しに期待です。

 

区間5位に拓殖の松岡、シード争いの真っただ中にいた拓殖において、この走りは本当に本当に大きかったですね。多くの有力校がシードを目指して追ってきましたが、なかなか詰めさせないどころか、逆に引き離し、さらに前を行く中央学院を抜き去って総合9位、初の2年連続シード獲得を果たしました。岡田監督が今年度限りで勇退となりますが、また来年度以降も魅力的なチームとなりそう。

 

区間6位に中央の川崎、シードに向けて最後まであきらめない走りを見せてくれましたね。3大駅伝初優勝の2年生がこの走りは見事、ラストは同タイムでの総合11位とシードにはあと一歩届きませんでしたが、8~10区は全て一桁順位、後は山さえ何とかなれば来年度はシードも十分狙えそう。

 

区間7位に早稲田の小澤、4年生になって3大駅伝デビューとなった小澤が今年度はフル出場、最後に好走を見せてくれました。高校時代から期待された選手もなかなか出番が無かったですが、最終学年に結果を残したのは嬉しいですね。ただ、2,5区という2大重要区間でともに下位に沈んだ影響は大きく総合12位、2006年以来13年ぶりにシード権を逃す結果となってしまいました。

 

区間8位に法政の鈴木、法政は復路の5区間は全て区間1桁という安定した走り、後ろから来た帝京の星が凄すぎたために1つ順位を落としましたが、総合6位という結果は上出来と言って良いでしょう。来年度は5人が抜けることとなりますが、青木、佐藤ら実力者が残りますし、まだまだ法政も強そうです。

 

区間9位に中央学院の石綿、シード争いに最後まで巻き込まれた中央学院ですが、石綿が何とか区間一桁で粘り、拓殖に逆転こそ許したものの、10位は死守、11位に1分16秒差をつけて5年連続のシード獲得となりました。全日本の走りを見る限り、シードは厳しいかと思っていましたが、粘り強い走りを今回も見せてくれましたね。

 

区間10位に東洋の大澤、すぐ後ろに青学が迫り、3大駅伝初出場という難しい状況。9区ほどは崩れませんでしたが、2区間連続での二桁順位となってしまい、青学には抜かれて総合3位となりました。それでも、11年連続の3位というのは素晴らしい偉業だと思います。エース格は西山、相澤らが残りますし、再びの栄冠を目指すのであれば、やはり選手層を厚くすることが大事になってきますね。

 

区間11位に駒澤の下、前とも後ろともタイム差がありましたので、まずは総合4位をきっちりと守ったということで良かったですかねえ。高校時代からの実績からすると、大学では苦しんだ4年間だったかなあ。チームも前回まさかの予選落ちから3強に次ぐ位置にまで巻き返しましたし、2,3年生の台頭も著しいですから、来年度も楽しみです。

 

区間12位に大東大の中神、1年の箱根に出場して以来、ずっと3大駅伝・予選会に出場出来ませんでしたが、最後の箱根で2度目の出場を果たしたのは感慨深いです。結果も区間中位でしたしね。総合では19位という結果でしたが、今回の悔しさをチームとして来年度に活かしてくれれば。

 

区間13位に國學院の小中、復路は全て区間二桁でしたが、区間12位が3区間、区間13位が2区間というほど恐ろしいほどに安定した走りで小中が過去最高の10位を上回る7位でのフィニッシュとなりました。かつて寺田が道を間違えなければ達成していたであろう8位を上回ったのも良かったですね。3大駅伝初出場が4年の箱根となった小中、最後に良い走りを見せてくれました。

 

区間14位タイに山梨学院の片山と順大の鈴木。これまでの9区間で最高順位は17位という非常に苦しい走りとなった山梨学院ですが、区間14位でこれが最高順位ですね。2年連続の10区で2年連続の14位となりました。総合順位は変わらずに21位のまま、何とか最下位こそ回避しましたが、3年連続でワースト順位を更新してしまう状況、永戸ら主力を含め5人が卒業する状況を考えても、来年度は本当に正念場となりそう。

 

鈴木は3年の箱根で3大駅伝デビューとなり、後ろとの差は詰められたものの、しっかりと総合8位はキープして2年ぶりのシード獲得を果たしました。前回は本当にあと一歩届かなかったシード権だっただけに、今回無事に獲得できたのは良かったですね。ただ、今回のシード獲得に多大な貢献をしたのは2区2位の塩尻と5区4位の山田攻という4年生コンビで来年度はいません。今回走れなかった野田、難波らの奮起に期待。

 

区間16位に日体大の中川、前回は区間3位で走っている実力者ですが、今年度は全日本の2区17位に続いて下位に沈んでしまいました。主力が卒業したとはいえ、どうしても日体大の走りが今年度は奮わないですよねえ。1つ順位を上げたものの、総合13位に留まり、4年ぶりにシードを逃してしまいました。

 

区間17位に日大の金子、全日本予選、箱根予選は全5回すべてに出場しているものの、3大駅伝は未経験の金子、ついに3年の箱根で初出場を果たしましたが、なかなかに苦しい走りに。ハーフも65分台ですし、まだ勝負レースでの好走経験は無いだけに、ちょっと厳しかったかなあ。箱根予選免除となった日大ですが、総合14位でのフィニッシュとなりました。

 

区間18位に東国大の内山、1万mでは29分28秒まで伸ばしてきましたが、長い距離での実績はまだなく、こちらも厳しい走りになってしまいました。総合では1つ順位を上げて15位、過去最高順位となりました。今回は、往路の1~3区をしっかりとまとめて3区終了時で7位でしたし、復路も1桁順位が2区間あるなど見せ場を作りました。3年生に選手が揃うだけに、来年度はさらなる順位更新、そして初シードへと期待も高まります。

 

区間19位に国士舘の加藤、復路は全て区間17~20位という状況に。。。加藤自身もハーフでの実績は無いですし、1万mも30分台ですからねえ。10区とはいえ、難しいですよね。ただ、総合では18位という走りで、過去3度の出場はいずれも最下位かブービーだったことを考えれば、やはり前に進んでいるとは思うんですよね。住吉ら主力が揃う4年生が卒業する来年度が勝負かなあと。

 

区間20位に神奈川の佐久間、9区で北崎が好走していただけに、そこに続きたかったところなのですが…下位に沈んでしまいました。4年の箱根で3大駅伝初出場となりましたが、、、総合では1つ順位を上げて16位、最初から最後までかみ合わない走りになってしまいました。

 

区間21位相当に関東連合の米井、力のある選手ではありますが、2区を回避しての10区だったという話でしたし、万全では無かったのでしょう。やはり、苦しい走りになってしまいました。亜細亜大も箱根予選は頑張っていましたし、今後に繋がれば。

 

区間21位に上武の大森、前回は4区を走っていた主力の大森が10区に回った時点で微妙かなあとは思っていましたが、やはり駄目でしたか。。。復路は本当に散々な結果で復路最下位、総合でも最下位に沈んでしまいました。どちらも2年連続の最下位でしたし、なかなか浮上のきっかけはつかめず…連続出場に向けても不安は募ります。

 

区間22位に明治の坂口、ここでシード獲得の走りとなれば有終の美を飾ることとなりましたが、まさかまさかの区間最下位…本当に箱根では最後まで奮わず…もう、序盤から走りに力が無かったですし、最後は止まってしまわないか、不安に思ってしまうほど…区間21位に3分11秒差をつけられていますし、総合11→17位と6つ順位を落とし、チームとして見せ場は作ったものの、最後に力尽きてしまいました。