第95回箱根駅伝 日本体育大学 区間配置予想 ~思わぬ監督交代を乗り越えて4連続シードへ~

続いては、日本体育大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、区間二桁順位はわずかに2区間、その一方で区間5位以内で5区間を走り、総合4位、3年連続のシードと素晴らしい走りを見せました。今年度は、出雲では9位、全日本では12位といずれも関東勢の下位に沈む苦しいレースが続きました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:宮崎 勇将、室伏 穂高、林田 元輝、志賀 康太

3年:山口 和也、中川 翔太、森田 諒太、廻谷 賢、

   濵田 諒、白永 智彦、冨田 真佑

2年:池田 耀平、岩室 天輝、亀田 優太朗、福住 賢翔

1年:大内 宏樹

 

全日本予選、出雲、全日本を走った選手はきっちりとエントリーされていますね。主力がきっちりと入ってきている順当なエントリーと言えそう。3年生が大量7人エントリーの一方、1年生はわずかに1人。ハーフで好走した加藤あたりは入ってくるかと思いましたが…2年生は、池田・岩室以外にも亀田、福住と新たなメンバーが入ってきたのは収穫ですね。そんな日本体育大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

池田②ー山口和③ー宮崎④ー中川③ー岩室②

廻谷③ー志賀④ー亀田②ー室伏④ー林田④

 

1区は池田、個人的には出雲、全日本と奮わずにちょっと不安なのですが…それでも、両方とも1区を走っている選手を箱根だけ外すことは無いかなあと。ハーフも64分1桁で走っていますしね。2区は山口和、今の日体大のエースは山口和だと思いますし、箱根2区を走ってほしいですよね。前回も8区3位で走っていますし、ラストの上りも問題無いかと…

 

3区は宮崎、3大駅伝は4度走りながらも、未だに箱根は未経験、スピードのある選手ですし、最初で最後の箱根を走ってほしいですし、スピードを活かせる3区が良いのかなあと。4区は中川、全日本では苦しい走りになったのが気がかりですが…28分台を持つエース格の1人、箱根でも主要区間を走ってほしいですし、となると4区が良いかなあと。前回好走し、今回主要区間を走るであろう山口和、中川の走りはチームの鍵を握りそう。

 

5区は悩ましいところですが、岩室としました。5区希望の選手は福住しかいなかったですし、5区候補の1人だとは思うのですが、さすがに走力的にも今年度の実績を見ても厳しそう…となると、出雲・全日本ともに好走を続け、8区希望だった岩室かなあと。1年時に5区を走った室伏もいますが、故障で出雲・全日本を回避していることを考えると、いきなりの5区は厳しいのでは。。。

 

6区は廻谷、全日本でのエース区間爆走、個人的には箱根でもエース区間を走ってもおかしくない選手だと思っているのですが、本人が6区に強いこだわりがあるみたいですからねえ。日体大と言えば、秋山が6区で素晴らしい走りを見せてチームを上位へ導きましたし、廻谷にも同じ役割を期待したいところ。

 

7区は志賀、今年度になって大きく伸びてきた選手で全日本にも出場していますし、ハーフも64分34秒で走っていますからね。箱根でも出場する可能性は高そうですし、ならば7区あたりが良いかなあと。8区は亀田、本人も希望している区間のようですし、直近で1万m、ハーフと好タイム連発の2年生となると、初のエントリーで即出場というのもあり得るかなあと。

 

9区は室伏、前回区間6位で走っている選手ですし、箱根に向けては問題なさそうということで、3年連続の9区を任せるのが良いかなあと。出雲・全日本を走れなかった悔しさを箱根で晴らしてくれれば。10区は林田、今年度は出雲・全日本ともに出場している選手ですし、ハーフも63分台を持つ長い距離も問題ない選手。シード争いに巻き込まれた場合を考えても、10区に力のある林田を残せておけば安心かなあという想いも込めて。

 

主力が多数抜けただけではなく、監督の体罰が問題になって急遽の監督交代となった日体大、出雲・全日本が奮わなかったのもまたしょうがないのかなあ。箱根は選手の自主性に大きく任せるということで、それが吉と出れば良いのですが…

 

前回の箱根経験者は4人と少ないですが、うち3人が区間6位で走っていること、残る1人は6区15位の廻谷ですが、もはやエース区間でも好走するほどに力をつけていることが頼もしいです。今年度になって自己ベストを更新している選手も多いですし、新戦力の台頭が著しいのも日体大の特徴ですね。

 

出雲・全日本は序盤から出遅れてしまい、そのままなかなか浮上出来ずに終わってしまいました。となると、箱根もカギを握るのは1,2区ということになりそうかなあ。往路で多少出遅れても、復路で挽回してシード圏内にはきっちりと入るというのがここ最近の日体大の強さですが、さすがに今年度は例年並みの選手層とはいかなそうですし…前回は山口和を8区、中川を10区に置く余裕がありましたからね。

 

出雲・全日本の走りを見ていると、箱根もシードは厳しいのかなあとも思ってしまいますが、前評判が低くとも箱根で結果を出してきており、3年連続のシード獲得、そして前回は4位に入っているチームです。今年度は一際評価が低いようにも思えますが…それを覆すような走り、見せて欲しいです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

9月17日に「大学駅伝2021夏秋号」が発売されました。早速、読み漁っています。選手一覧が私は一番の目当てですが、各選手、大学の特集も読み応え抜群です。


大学駅伝2021夏秋号(陸上競技マガジン 2021年 10 月号増刊 )[雑誌]