第95回箱根駅伝 大東文化大学 区間配置予想 ~全日本予選落ちからのシード返り咲きへ~

続いては、大東文化大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、区間1桁順位で走ったのが8区9位の山本のみ、一度もシード争いに加わることが出来ないまま総合16位という結果でした。今年度は、全日本は出場を逃しましたが、箱根予選はきっちりと7位で通過を果たしています。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:新井 康平、齋藤 諒、谷川 貴俊、

   中神 文弘、大久保 陸人、奈須 智晃

3年:川澄 克弥、奈良 凌介、佐藤 弘規、豊田 紘大

2年:三ツ星 翔、阿比留 魁、藤岡 賢蔵

1年:片根 洋平、服部 奏斗、佐藤 陸

 

箱根予選を走ったメンバーからは、12番手だった山崎が外れていますね。281位だったことを考えれば、外れてもやむなしかなあ。他の選手がきっちりとエントリーされていますし、順当と言っていいでしょう。上級生中心のチームではありますが、1,2年生も3人ずつエントリーされ、人数のバランスも良くなりました。そんな大東文化大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

新井④ー川澄③ー谷川④ー奈良③ー藤岡②

奈須④ー片根①ー佐藤弘③ー齋藤④ー大久保④

 

1区は新井、前回も区間14位でまとめているチーム随一のスピードランナー、箱根予選もチーム3番手で走っていますし、結果を残している区間を再度任せるのが良いかなと。2区は川澄、今やチームのエースとなった選手ですし、28分37秒まで1万mのベストも伸ばしてきました。まだ、箱根では好走と言える走りは見せれていませんが、エースの走りに期待。

 

3区は谷川、これまで2年連続で9区を走ってきましたが、往路を希望しているようですし、3区も同じ下り基調の重要区間ですからね。ここを任せるのにふさわしい選手かなあと。4区は奈良、前回と同様の区間を今回も希望しているようです。前回は区間16位に沈みましたが、今年度はさらに力をつけてきていますし、1万mも28分台に載せてきました。準エース区間での好走に期待。

 

5区は藤岡としました。正直、前回はびっくりの起用でしたが、今年度は箱根予選でもチーム6番手で走っていますし、走力もついてきました。元々適性を見込まれてのことでしょうし、前回の17位からの大幅な順位アップを期待です。個人的には、父親が箱根5区の伝説的ランナーである大久保の走りも見てみたい気がしますが…

 

6区は奈須、こちらも前回経験者ですね。前回は区間16位と奮いませんでしたが、箱根6区は経験も大事な区間ですし、箱根予選がチーム10番手だったのはやや気になりますが、山は前回と同様で良いのではないかなあと。

 

7区は片根、1万mで29分23秒をマークするなど着実にタイムを縮めてきた選手、上尾ハーフも65分3秒で走っていますし、7区あたりでの起用もあるかなあと。ルーキーは箱根予選を走った服部、ハーフ64分台の佐藤陸と楽しみな3人の誰か1人は走ってほしい思いも込めて。

 

8区は佐藤弘、本人も希望している区間のようですし、箱根予選もチーム5番手で走っていますからね。より重要区間を任される可能性もありますが、箱根はまだ未経験ということもあって8区としました。9区は齋藤、上尾ハーフでは63分37秒の好タイムをマーク、元々スピードのある選手ですが、ハーフも63分台を複数出していますし、谷川が往路ならば、9区もありかなあと。まだ3大駅伝では好走を見せられていませんが、最後の箱根に期待したいところ。

 

10区は大久保、2年生以降姿をあまり見せなかった時は、このまま厳しいかと思いましたが、今年度は持ちタイムを伸ばしつつ、勝負レースでも結果を残してきました。学連記録会の途中棄権は気になりましたが、16人には入ってきたことですし、走れるならば復活を遂げた選手が、アンカーの10区を走るのも良いかなあと。

 

ここまでに挙げた選手以外では、ハーフで63分31秒を持つ4年生の中神がいますよね。1年の箱根以来、出場出来ていませんが、こちらも復活の走りを見てみたい選手です。ルーキーは先述の通り3人とも箱根に出場してもおかしくない選手が揃い、2年生も前回の箱根を走った三ツ星、箱根予選に出場した阿比留といるんですよね。

 

今回は経験豊富な上級生を中心に予想してみましたが、下級生がもっと走っても全くおかしくないほどです。箱根は過去3大会、往路を終えて、20位→18位→17位と下位に沈んでいます。復路で多少巻き返すものの、往路の遅れが最後まで響いてしまうんですよね。

 

前回の往路経験者は4人残っていますし、何とか苦しい状況からの脱却を図りたいところ。箱根シードは市田兄弟を擁した4大会前以来、遠ざかっている大東大ですが、今年度は厳しい戦いにはなるでしょうが、シードを獲得してもおかしくはない戦力となっていると思います。苦戦が続く箱根での復活の走り、見せて欲しいです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪