第95回箱根駅伝 山梨学院大学 区間配置予想 ~箱根ワースト順位からの巻き返しへ~

続いては、山梨学院大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、2区のニャイロ区間賞以外は全て区間13位以下という屈辱の走りで総合18位、今年度の箱根予選は、増枠が無ければ予選落ちとなっていたかもしれない10位での通過と復活の兆しはなかなか見えてきません。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:D・ニャイロ、永戸 聖、久保 和馬、清水 鐘平、

   片山 優人、池田 眞臣、大殿 将司

3年:宮地 大輝、川口 竜也、中村 幸成、井上 広之、山田 大輔

2年:森山 真伍、齋藤 有栄、鈴木 春記、荒井 祐人

1年:無し

 

箱根予選を走ったメンバーからは、チーム5番手で走った出木場、7番手で走った首藤、12番手で走った藤田と3人も外れてしまいました。しかも、出木場は7区、首藤は3区、藤田は9区と3人とも前回の箱根経験者でもあります。ただでさえ苦しいチーム状況の中、16人のエントリーを見ても最も苦しい大学の一校となってしまったのでは…そんな山梨学院大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

永戸④ーニャイロ④ー清水④ー川口③ー久保④

池田④ー宮地③ー森山②ー片山④ー山田③

 

今のチーム状況を考えると、もう主力を往路から投入していくしかないでしょう。となると、1区永戸、2区ニャイロという前回と同じ布陣が良いのでは。永戸も箱根予選はもう一歩でしたが、オープン参加だった全日本では粘り強い走りを見せましたし、他に1区を任せられる選手がいないというのも正直ありますが、やはりスタートは大事ですしね。

 

2区はニャイロ、前回は区間賞も獲得していますし、ここは盤石でしょう。箱根予選はまだ万全では無かったようですが、本来であれば今回も区間賞候補の筆頭に名前が挙がってくることでしょう。3区は清水、1500mの選手がハーフでもチーム上位で走れるまでになり、監督も往路で起用出来ればという話をしていたので、重要度は高いものの、比較的走りやすい3区で良いかなと。

 

4区は川口、箱根予選もチーム6番手で走っていますし、全日本予選で3組を任されていること、何よりも前回の経験者ですからね。前回は区間18位に沈んでしまいましたが、そこからの巻き返しに期待。

 

5区は久保、5区の経験者はいないことから予想は難しいですが、主力の1人であることに加えて本人も5区希望となっていたので、任せるのも良いかなあと。箱根予選は気負いすぎていたという話ですが、前回走れなかった箱根にはきっちりと合わせて欲しいところ。

 

6区も経験者がいない状況ではありますが、こちらも本人が希望している区間であることから池田としてみました。6区は正直分からないので、経験者がいなければ希望している選手が中心になります(汗)7区は宮地、箱根予選では9番手も全日本予選では好走し、1万mもベストを出すなど良い走りをみせていましたし、箱根も走ってほしい選手ですからね。比較的走りやすいと言われる7区あたりかなあと。

 

8区は森山、箱根予選は8番手、今年は1万mでも好走していますし、宮地同様に箱根初出場が期待されるところ。まずは復路ということで8区あたりかなあと。9区は片山、箱根予選ではチーム4番手で走っている選手ですし、往路での起用もありそうですが、そうでなければ復路のエース区間である9区がふさわしいかなあと。

 

10区は山田、3大駅伝・予選会通じて初エントリーではあるのですが…上尾ハーフで64分17秒をマークした走りに期待を込めていきなりの箱根出場もあり得るかなあと。

 

前回の経験者が7人いる中で3人がエントリー漏れというのはきついですね。それも、3,9区といった主要区間を走った選手がいないのは…箱根予選に出場した選手を中心に予想していますが、正直戦力不足は否めないかなあ。1,2区で飛び出して、3区以降は何とか粘るという作戦しかないのかなあと思ったり…

 

予想した10人以外ですと、箱根予選を走った中村や全日本予選に出場し、1万mでも好タイムを出した齋藤、上尾ハーフで64分50秒を出した鈴木あたりが候補になってくるのかなあ。正直、復路の候補の選手たちはいずれも決め手に欠くような…

 

今回も4年生がチームの中心となるでしょうし、3年連続で箱根で結果を残せないとなると・・・本当に初出場から続く連続出場が近々途切れてしまうのでは?という不安が大きくなってしまうんですよね。戦力的には厳しいとは思いますが、負の連鎖を断ち切るためにも、箱根での好結果を期待したいところです!!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪