中央学院大学 2018年 出雲、全日本結果&箱根に向けて

2018年11月29日

続いては中央学院大学について、出雲、全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。出雲は主力を複数欠きながら6位と希望が持てる結果でしたが、さらに主力を欠いた全日本では14位、シードを逃したどころか、大きく下位に沈んでしまいました。

 

出雲振り返り

1区に新エースとして期待のかかる川村が区間4位と見事な走り、伊達に1万mで28分39秒を出していないですね。2区の栗原は区間9位、ルーキーのデビューとしてはまずまずでしょうか。3区を任された高橋も区間8位、こちらも可もなく不可もなくかなあ。

 

4区のルーキー吉田は区間6位と上々のデビュー、5区のこれまたルーキー青柳は区間10位でしたが、総合6位は維持、ルーキーが3人走ってこの順位はお見事ですよね。6区の石綿も区間8位でまとめ、総合6位をキープすることとなりました。1年生3人、2年生2人の布陣でこの走りは素晴らしいと思います。その分、上級生はどうしちゃったの…?という気もしますが…

 

全日本振り返り

出雲で好走した川村を欠き、さらに苦しくなった全日本…しかし、1区の高橋が区間6位と好スタートを見せます。まだ2年生ですが、高橋の安心感はチームトップクラスですね。しかし、2区の廣が区間10位で総合では5→9位と4つ下げてしまうことに。3区の栗原は区間9位で総合9位のまま。出雲と同じ順位ですが、こちらもまずまずかな。

 

しかし、出雲で好走した4区の吉田が区間14位…9→12位と総合順位を3つ下げてしまい、シードが厳しくなることに。ただ、ルーキーですからしょうがない部分もありますよね。しかし、5区の藤井も区間13位、3大駅伝デビューはほろ苦い走りになってしまいました。6区の石綿も区間10位ではありますが、総合では14位まで下がってしまうことに。

 

エース区間に抜擢された7区の釜谷も区間12位で浮上することは出来ず…4年生とはいえ、3大駅伝デビューの選手に7区を任せるのはちょっとびっくりしました。8区の有馬も区間11位で順位を上げることは出来ず、総合14位のままフィニッシュ。結局、区間二桁が6区間の一方、区間5位以内は1区間も無いという苦しい走りで惨敗に終わってしまいました。

 

箱根に向けて

まず、最大の問題はベストメンバーが組めていないことですよね。横川は上尾ハーフで走れるまでには戻してきましたが…前回2区を走った市山、3区の横川、6区の樋口、前々回の2区を走った高砂といった主力たちが揃って出雲、全日本に出場していないというのは、ちょっと異常事態と言って良いのでは…

 

箱根に向けて、エース格が戻ってこないことには、4年連続で確保している箱根シードも危うくなってしまいそうです。出雲で好走した川村も全日本では外れてしまいましたしね。箱根ではベストメンバーでの中央学院が見てみたいですが、どれだけ戻ってくることか…本来であれば、川村、高砂、横川、高橋あたりが1~4区を任される盤石の布陣が組めて…

 

5区は2年連続で好走した細谷が抜けていますので、また新たに適性のある選手が求められるところではありますが…6区は3年連続で走っている樋口がいますし、復路となると選手層の厚さを存分に活かす布陣が組めるはず…出雲・全日本を走った選手だけでもう10人いますからね。ルーキーも栗原、吉田あたりは早速64分半前後で走っており、長い距離も問題は無さそう。

 

ここまでに名前を挙げた選手以外ですと、4年生では…福岡、光武といったトラックもハーフも持ちタイムの良い選手が入ってくるかどうか…二人とも箱根は未経験ですが、最初で最後の箱根なるかどうか…3年生では須永が上尾ハーフで64分23秒と上々の走り、まだエントリーの経験はありませんが、まずは16人を目指したいかな。

 

2年生は、高橋、石綿に次ぐ選手がちょっと苦戦気味ですね。。。個人的には戸口あたりに上がってきてほしいところなのですが、長い距離はまだ厳しいのかなあ…

 

何度も言っている通り、もう箱根に向けてはどれだけ理想に近いオーダーが組めるかどうかですね。ベストメンバーであれば、4年連続シードの中で最高順位である6位と同等かそれ以上で走る可能性もありますし、逆に全日本のようになってしまうと、一気にシード落ちしてもおかしくはないかと…

 

今年度はなかなチームとして噛み合わない状況が続いている中央学院ではありますが…せっかくエースが揃い、選手層も厚いチームなだけに、せめて箱根だけでもチームとして噛み合った走りを見せてほしいものです!!!

 

箱根駅伝増刊号が明後日の11/30(金)に発売されますね。増刊号の中でも個人的にはお気に入りかなあ。高校・大学の進路情報がここ数年は載っていますし、箱根に向けての各大学の戦力やチーム状況も見れますし。私も当日のお昼休みにはゲット予定です。


箱根駅伝 2019 完全ガイド 出場23チーム有力選手写真名鑑&戦力分析 (陸上競技マガジン 2019年1月号増刊)