東洋大学 2018年 出雲、全日本結果&箱根に向けて

続いては東洋大学について、出雲、全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。前年度の出雲・全日本ともに5位、今年度は出雲2位、全日本3位と順位を上げているものの、STOP青学の一番手だったことを考えると、どちらも満足のいく結果とはいきませんでした。

 

出雲振り返り

1区相澤が区間2位と上々のスタート、ただ相澤が1区ならば最低でも区間賞を獲得して欲しかったというくらい、期待値は上がっているかなあ。となると、2区の西山でトップに追いついておきたいところでしたが、ここでまさかの区間6位、総合でも3位に後退してしまうことに。

 

出雲・全日本ともに西山が奮わなかったのは衝撃的でした。昨年度の箱根1区区間賞以降、別格の走りをトラックシーズンまで見せていたですが…それでも3区の山本修が区間3位、4区の小笹も区間4位で食らいつくと、5区の今西が区間賞で初めて青学を上回って前を追い、6区吉川も区間賞の走りで一時は数秒差まで追い詰めるなど素晴らしい走りを見せました。十分勝てる可能性のあったレースだっただけに、悔やまれる2位となりました。。。

 

全日本振り返り

出雲6区区間賞の吉川に主力の渡邊も欠く苦しい布陣となった東洋、1区に3大駅伝初エントリーとなった田上を抜擢しましたが、区間11位と苦しいスタートに…それでも、2区西山で巻き返しといきたいところが、区間14位という衝撃的な走り…日本選手権1万mで4位に入った選手ですからね!!箱根に向けて復調が本当に待たれます。

 

3区今西は区間4位と安定の走りで14→8位と6つ順位アップ。箱根では再度の6区でも平地でも面白そうです。4区の浅井は区間7位、浅井も持ちタイムこそ伸ばしていましたが、3度の3大駅伝で区間6位以内は無く…順位的には物足りない状況が続いています。

 

5区の小笹は区間3位、小笹もこれまではなかなか区間上位で走れていませんでしたが、前回の箱根10区で区間賞を取って以降、一段と頼もしくなった気が。6区の鈴木が区間5位、4月に1万mで29分17秒をマークして以降、注目を集めていましたが、3大駅伝デビューとしては上出来だったのでは。その後、ハーフも62分台をマークし、箱根デビューもグッと引き寄せましたね。

 

7区、8区にエースを起用する戦略だった東洋、山本が区間3位の走りで総合でも5→3位に2つ順位を上げましたが、青学とは26秒差をつけられてしまったのは、箱根を見据えてもちょっと気になる…8区の相澤はさすがの走りで区間賞を獲得、総合3位で2位の東海にも迫りました。

 

箱根に向けて

出雲・全日本の走りを見ると、箱根では4年連続の2位は狙えるとしても、青学の5連覇を阻むにはちょっと戦力不足かなあと感じざるを得ない結果でした。前回の往路優勝メンバーは全員が残っているのが強み。前回と同じ区間配置の可能性も無くは無いですよね。ただ、優勝争いを見据えるのであれば、5区に主力級を配置したい気もしますが…

 

復路も4人が残っているのはやはり強力。それでいて前回2位に入ってしまうのが東洋の凄さですよね。全日本を苦戦した西山の復調、回避した吉川、渡邉も完全復活で戻ってきてくれる前提ではありますが…前回走っていない選手での上積みという点で見ていくと…

 

先述の通り、全日本で好走&ハーフ62分台をマークした鈴木がまず候補に入ってくるかな。即戦力ルーキーというわけでは無かったはずなのに、即戦力になっているのが凄い…4年生では、ハーフを63分17秒あで縮めている中村拳が最初で最後の3大駅伝出場もあり得るか。

 

3年生は、相澤、渡邉、今西に次ぐ選手がまだちょっと見えてこないですね。中村駆は箱根2年連続エントリー中、定方は3大駅伝で4連続エントリーですが、いざ箱根10人となるとまだ力不足は否めない気が…2年生では、田上が全日本1区を走り、箱根にも名乗りを上げてきたかなあ。他には大澤が1万mで29分16秒をマークし、前回の箱根もエントリーされています。

 

10年連続で箱根3位以内、うち4度の優勝と箱根において圧倒的な強さを誇っている東洋大学、今年度の駅伝シーズンはちょっとかみ合わない部分もありますが、それでも箱根にはきっちりと合わせてきてくれることでしょう。まだ、青学との差は大きいと思いますが、それでも追う一番手は東洋だと思っています。出雲、全日本の悔しさを晴らす走りを箱根で見せてほしいものです!!