全日本大学駅伝2018 戦力分析&区間配置予想 ~明治大学~

続いては、明治大学について、戦力分析&区間配置予想をしていきます。箱根予選では、4年生が1人だけというエントリーながら、エース阿部の8位を筆頭に6人が二桁順位、10番手も138位でまとめて5位通過、2年ぶりの箱根出場を果決めました。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:角出 龍哉

3年:阿部 弘輝、中島 大就、三輪 軌道、佐々木 大輔、

   南 俊希、斉藤 寛明、岸 哲也

2年:前田 舜平、小袖 英人、村上 純大

1年:鈴木 聖人、中嶋 大樹

 

4年生からは、全日本には2年連続3度目のエントリー、箱根予選で116位で走った角出のみ。

 

3年生からは、前回の全日本では7区区間新記録の快走、今年度は全日本予選4組2位、箱根予選でも8位と一躍エースへと飛躍を遂げた阿部、前回の全日本では8区12位、箱根予選では85位とやや苦戦も、1万mでは28分37秒をマークしている中島、1年の全日本では3区11位、箱根予選では59位で走っている三輪、前回の全日本予選では4区15位も全日本予選で2組9位、箱根予選48位と安定した走りを見せる佐々木。

 

前回の全日本では1区21位と非常に苦しい走り、箱根予選では去年は44位も今年度は280位とチーム最下位となってしまった南、3大駅伝では1年の箱根以来のエントリー、箱根予選では107位で走っている斎藤、2年の全日本予選では1組20位、箱根予選では206位と苦しい走りになった岸の大量7人。

 

2年生からは、1万mで29分3秒のベストを今年マーク、全日本予選では4組25位も箱根予選は故障で回避している前田瞬、全日本予選では3組23位、箱根予選もチーム2番手の46位で走っている小袖、全日本予選では2組17位、箱根予選では118位で走っている村上の3人。

 

1年生からは、全日本予選で3組6位の好走、箱根予選でも49位とルーキーらしからぬ安定感を誇る鈴木、5千で14分32秒、1万mは30分24秒と他のルーキーに比べて劣るものの、箱根予選に出場して138位、そして全日本もエントリーされた中嶋の2人。

 

箱根予選に続いて、4年生が角出一人だけでしたね~坂口、田中ら復活が待たれるのですが…その分、3年生が7人と大量エントリー、他の学年では目立ったエントリー漏れは無かったかな。箱根予選に出場した12人全員+前田瞬がエントリーをされていますし、現状のベストメンバーといったところか。そんな明治大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

鈴木(1)ー阿部(3)ー三輪(3)ー角出(4)

村上(2)ー佐々木(3)ー小袖(2)ー中島(3)

 

1区は苦戦が続いている明治ですが…ならば思い切ってルーキーの鈴木に託しているのも面白いのでは?全日本予選、箱根予選と高いレベルで安定しており、もう主要区間を任されてもおかしくないほどですからね。3大駅伝でどんな走りを見せてくれるか。

 

2区は阿部、今や絶対的なエースとしての地位を築きつつある阿部ですが、さすがに今回は7区まで温存する余裕は無いでしょうし、1区でなければ2区かなあと。1区は1年時に走っているものの17位に沈んだこともあり、外してみました。

 

3区は三輪、去年は箱根予選で転倒&途中棄権と悔しすぎる結果でした。しかし、今年度は箱根予選でもしっかりと走っていますし、1年時に全日本、箱根はいずれも3区で走っていることもあって、今回も3区でどうかなあと。4区は角出、4年生唯一のエントリーとなった角出、箱根予選ではチーム8番手、3大駅伝はまだ未出場ではありますが、最初で最後の全日本、起用されそうかなあと。

 

5区は村上、箱根予選でまずまずの走りを見せている他、全日本予選も2組17位で走っていますからね。5千、1万mのスピードもありますし、まずは負担の少なそうな5区あたりで駅伝デビューも良いかなあと。6区は佐々木、箱根予選ではチーム3番手の好走、全日本予選も好走していることを考えると、主要区間を任せても良いかなあと思いつつ、前回の全日本は4区15位と苦しんだこともあり、6区でどうかなあと。

 

7区は小袖、全日本予選では3組を走り、箱根予選もチーム2番手で走っており、日本インカレでも好走しています。となると、全日本でも主要区間を任される可能性は高く、思い切ってエース区間となるであろう7区への抜擢もありかなあと。3年生が主力の明治ではありますが、2年生では小袖が一歩抜け出しつつありますし、どこに起用されるか楽しみ。

 

8区は中島、前回も8区を走っていますし、箱根予選はやや奮いませんでしたが、やはり中心選手の1人であることに変わりは無いですし、最長区間を任せるとしたら、中島かなあと。

 

過去2度の全日本は11位、15位と厳しい戦いを強いられています。、もちろん、去年に比べればチーム状況ははるかに良いでしょうが、4年生が多く欠けていることがどう影響するか…3年生以下も選手は揃っていますし、最低限、シード争いには加わってほしいところですけどね~2年ぶりの箱根出場を果たし、復活への第一歩を果たした明治大学、次は3大駅伝でも復活の走りを期待したいものです!!

 

全日本大学駅伝の順位予想区間配置予想の投票受付を開始しました~よろしければ是非、投票してみてください!!正確な統計のためにも、1人、1度の投票でお願いします~

This content cannot be displayed in widgets.