出雲駅伝2018結果 ~青学が東洋を振り切り、2年ぶり4度目の優勝~

3大駅伝の開幕戦となる出雲駅伝が本日行われました。公式結果がHPに載っております。今回も関東の10大学+上位10校について振り返ります。今回は1位と2位の差がわずかに12秒差、最終区まで分からない激戦でした。

 

優勝:青山学院大学

完璧なレースだったと言っていいでしょう。1区橋詰が区間賞、2位に6秒差をつけると、その後は一度も追いつかれることなく完全優勝を達成。区間賞3つ、区間2位が3つという驚異的な走りを見せてくれました。2区鈴木が区間賞、3区森田が区間2位と主力が好走。

 

さらに、3大駅伝デビュー戦となった吉田圭が4区区間賞、5区生方が区間2位と初出場の選手がしっかりと結果を残すのが青学の強さですよね。アンカーの竹石も4秒差に迫られながら、追いつかれることなく、落ち着いて突き放した走りは見事です。おそらく、青学が最も強さを発揮するのが箱根でしょうし、これは本当に2度目の3冠も現実味を帯びてきたのか・・・本当に強かったです。

 

2位:東洋大学

よく、最後まで青学を追いつめたと思います。1区相澤が区間2位とまずまずの走り、贅沢を言えばここで逆に青学をリードしておきたかったですね。そして、残念ながら誤算は2区の西山、ここで確実にトップに立っておきたかったですが、まさかの区間6位に沈んでしまいました。

 

2区を任された時点で万全では無かったのか…トラックでは圧倒的な強さを誇っていましたが、ここでは逆に青学に28秒差をつけられてしまうことに。それでも、3区山本が3位、4区小笹が4位で粘ると、5区今西が区間賞、6区吉川も前半から突っ込み、一時は4秒差まで青学を追いつめました。前半突っ込みながら、それでいて区間賞も獲得するというのも凄いですね。ここ2年は苦戦していた出雲でしたが、東洋強しを見せてくれました。

 

3位:東海大学

残念ながら、今回はレース前から優勝が厳しくなってしまいましたよね。。前回の経験者4人を欠き、關も主要区間で使えない。。。それでも、3位に入ったことは今後に繋がるでしょう。初の主要区間となった1区西川が区間6位とまずまず、館澤の安定感はさすがですし、4区に回った關も区間2位と復活の走りを見せてくれたのが良かった。

 

ただ、3区に抜擢された中島は区間12位と非常に苦しい走りになってしまいました。3大駅伝デビューの5区郡司が3位、6区湯澤が4位とともにしっかりと上位でまとめられたのも収穫かなあ。全日本での巻き返しに向けては、やはりある程度ベストメンバー、ベストコンディションが組めないと苦しいですよね。ここから立て直せるか?

 

4位:拓殖大学

1~3位を順当に3強が占めた一方、4~7位はいずれもポジティブなサプライズと言っていいのではないでしょうか。その筆頭が拓殖、1区馬場が区間5位で粘ると、2区硴野が区間3位と素晴らしい走り、箱根に続いての3大駅伝好走と勝負強いです。3区デレセはさすがの走りで区間賞、ここで一躍2位に躍り出ましたからね。

 

4~6区は戸部が10位、吉原が8位、赤崎が9位とやや苦戦しましたが、大崩れすることなく前半の貯金を活かし、総合4位に入りました。これは出雲における拓殖の過去最高順位のようですね~長い距離に強い印象のある拓殖が出雲で4位に入るとは…この勢いで箱根も最高順位の更新?なんて期待も高まります。

 

5位:帝京大学

出雲、全日本はずっと苦手にしてきており、1桁順位に入るのもままならなかった帝京ですが、今回は違いました。1区のルーキー遠藤こそ11位と苦しい出だしになったものの、そこは先輩たちがカバー、2区横井が5位、3区岩佐が7位、4区谷村が5位、5区星が6位といずれも5~7位の安定した走りで順位を5位まで押し上げ、6区島貫も区間11位と苦しむも5位は何とか死守してのゴール。

 

岩佐が主要区間で結果を残したこと、初の3大駅伝となった2年生コンビの谷村、星もしっかりと走れたことは今後につながりそうですね~ここに4年生の主力が加われば、全日本、箱根と期待が膨らみます。

 

6位:中央学院大学

主力をごそっと欠いてどうなることかと思った中央学院ですが・・・まさか6位に入ってくるとはびっくりしました。期待の川村が1区で区間4位と絶好のスタート、やはり、記録会だけではなく、勝負レースでも結果を残せるほどに力をつけてきていたのですね。これは、新エース誕生か???2区以降も栗原が9位、3区高橋が8位とまずまずの走り。

 

さらに4区吉田が区間6位、5区青柳が10位と1年生も崩れることなくタスキをつなぎました。そして、アンカーに抜擢された石綿が区間8位でまとめ、5位まであと2秒差に迫りましたからね。3大駅伝未経験者が5人&1年生が3人でこれだけのレースが出来るのは素晴らしいですが、全日本、箱根では是非ともベストメンバーでのレースが見てみたいです。相当、上位に食い込んでもおかしくないかと。。。

 

7位:立命館大学

関西勢が関東の牙城を打ち崩しました。それも4校も上回ってきたのが素晴らしい。1区辻村が12位とやや出遅れたものの、2区高畑が8位、3区のエース今井が区間6位で5位にまで浮上、4区原田が9位、5区藤田が区間12位で総合10位まで沈み、このまま11位かな…と思いきや、アンカーの吉岡が区間5位という会心の走り、一気に3つ順位を上げての7位フィニッシュとなりました。

 

日本インカレなどを見ても、関東以外の躍進が目立ちましたが、その勢いは3大駅伝に入っても変わりませんでしたね~出雲に続き、全日本でもどれだけ関東勢の間に割って入っていけるのか、楽しみです。

 

8位:城西大学

1区を任された荻久保が区間3位と最高のスタートを切りました。もう走るたびに強くなっている印象で、3年生での成長ぶりは一際目を引きます。今後もエース区間を任せられそう。しかし、2区西嶋が区間12位…ロードだとなかなか奮わないですね。。。その後は3区鈴木も区間9位、4区中島が8位、9区のルーキー山本も9位で粘り、アンカーの服部が7位と3~6区を一桁順位でまとめられたのは大きかったですね。

 

荻久保がエース級へ台頭してきたのは大きく、ルーキーの山本がしっかり走れたのも収穫。ここに金子、大石らが戻ってくれば、ますます城西の強さを発揮できそう。5千でベストを出す選手が目立つ一方、長い距離でも結果を残している選手も増えてきていますし、全日本に向けて、まずは出雲は上々の結果だったのでは。

 

9位:日本体育大学

監督が代わってのスタートとなった日体大ですが、前回3位だったチームは大きく順位を落とす結果となってしまいました。1区の池田が区間14位と大きく出遅れてしまったのが痛かったですね。ここから立て直すほどの強さは今の日体大には無かったかなあ。2区宮崎が7位と粘るも3区山口和は11位、4区廻谷が3位、5区岩室が5位で走ったのは収穫ですが、アンカーの林田が10位。

 

つなぎ区間がいずれも一桁でまとめたものの、距離が長く差がつきやすい主要区間がいずれも二桁順位に沈んでしまったのが、9位と奮わなかった要因となってしまったかなあ。ただ、廻谷、岩室らの好走は収穫ですし、全日本ではここからの浮上に期待したいところ。

 

10位:早稲田大学

1年生を3人起用するなど3大駅伝デビューが4人となった早稲田ですが、やはり結果は芳しくないものに。。。1区の半澤が区間19位と大きく出遅れてしまいました。出雲の1区は鬼門になっている早稲田ですが、今回もそのパターンは変わらず・・・さすがに荷が重かったかなあ。

 

2区の小澤も区間12位と立て直せず。そんな中で中谷が3区4位で走ったのは収穫かなあ。区間トップとも7秒差ですしね。さすがの走りを見せてくれました。今後も主要区間で起用されていくことでしょう。しかし、4区新迫が区間11位で出雲は3年連続二桁順位とまたしても力を発揮出来ず。。。5区のルーキー太田直が区間7位、6区の清水も区間6位でまとめたものの、総合10位に沈みました。

 

2桁順位は2008年に11位になって以来10年ぶり、ここ3大会は8→9→10位と苦戦が続きますね。しかし、出雲で苦しんでも全日本で立て直し、箱根では結果を残してきているのが早稲田の強さ、今回は主力も複数出ていませんし、多くの新戦力に駅伝を経験させられたのも収穫、全日本、そして箱根での走りに期待します。

 

12位:法政大学

前回は棄権となってしまった法政、今回はしっかりと走り切ったものの、総合12位で関東最下位、関東勢以外にも立命館、アイビーリーグと2チームの後塵を拝することに。1区の坂東が区間15位と大きく出遅れてしまったのがまず苦しかった。前回も9位でしたし、出雲の1区は合わないのかなあ。。。

 

2区岡原も区間11位と連続二桁順位も3区大畑が区間5位とさすがの走り。大畑の3年以降の成長ぶりは素晴らしいですが、4年になってさらに力をつけてきたようで、主要区間でも好走するまでになりました。

 

4区土井が7位で粘り、5区坪井が区間4位と好走して総合7位まで順位を上げたのは良かったのですが、アンカーに抜擢された増田が区間15位に沈んでしまい、一気に7→12位まで順位を落としてしまいました。ただ、3~5区を区間4~7位でいずれもまとめたのは収穫ですし、今回の走りを全日本以降に活かしていってくれれば。その前に、まずは佐藤や青木といった主力が戻ってきてくれないとですね!!

 

レース結果をHPに追加しました。タイム差などを見るにはこちらのほうがお勧めです。また、出雲順位予想出雲区間配置予想の正解を追加しました。ハンドルネームを入力後、「投票状況」ボタンを押してみてください。順位と正答数が確認出来ます。さらに、箱根予選順位予想は金曜の夜まで受け付けていますので、まだの方は投票してみてください~