2018年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~東洋大学~

続いては東洋大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:山本 修二、小笹 椋

3年:相澤 晃、今西 駿介、小室 翼、定方 駿

2年:西山 和弥、大森 龍之介、吉川 洋次

1年:鈴木 宗孝

 

4年生からは、前回の出雲で3区2位、箱根3区区間賞など主要区間で結果を残し続けている山本修、3大駅伝に5度の出場、箱根では10区区間賞を獲得している小笹の2人。

 

3年生からは、5千で14分40秒、1万mで28分17秒のベストをマーク、さらに関東インカレ5千、1万mでダブル入賞、さらに日本選手権1万mでも入賞と大活躍を続けるエースの相澤、箱根で6区5位と好走、今年度は1万mで29分17秒のベストを出している今西。

 

3000m障害では、関東インカレ2位、日本インカレでも3位とダブルで表彰台に上っている小室、1万mで29分46秒、ハーフで64分39秒のベストを2018年にマークしている定方の4人。

 

2年生からは、5千で13分46秒、1万mで28分35秒を叩き出し、関東インカレ1万m4位、さらに日本選手権1万mでも4位入賞を果たした西山、5千で13分54秒ベストを高校時代にマーク、13分台を複数回マークしている大森、前回の出雲では4区4位、全日本8区4位、箱根では4区2位と3大駅伝全て1年時から安定した走りを見せている吉川の3人。

 

1年生からは、高校ベストは14分40秒ながら4月に1万mで29分17秒をマーク、関東インカレにも出場している鈴木が唯一のエントリー。

 

13分43秒と5千でチームトップクラスのタイムを持つ渡邉が外れてしまいましたねー。前回もアンカーを任されていますし、これは痛いですね。。。スピードのある中村駆や全日本、箱根を走った浅井らが外れてはいるものの、他はそこまで目立ったエントリー漏れは無いかなあ。そんな東洋の区間配置予想は以下のとおりです。

 

西山(2)-吉川(2)-相澤(3)-

今西(3)-小笹(4)-山本(4

 

主要区間は3本柱として名を連ねる西山、相澤、山本の3人に任せるのが盤石でしょう。問題はその順番で…1区は全日本1区区間賞の相澤と箱根1区区間賞の西山という豪華すぎる2人が経験者としていますが、今回は西山としました。今の西山ならば、他の優勝候補相手にも全く引けをとらないですし、前回経験しているという利点もありますしね。

 

その結果、相澤は3区としています。箱根2区3位など、エース区間であれだけの走りが出来るとなると、もうどこを走っても楽しみしか無いですが、今年度絶好調の西山、相澤の二人を前半から投入する方がよさそうかなあと思いました。

 

となると、必然的にアンカーは山本かなあ。勝負レースで外すことのない選手、今年度はあまり走る機会自体が無いのは気になるところですが…3大駅伝にはきっちりと合わせてきてくれることでしょう。それだけ実績のある選手です。

 

残るつなぎ区間ですが、エース区間に比べるとやはり不安があるのは否めず・・・2区は吉川としました。勝負レースでの実績も豊富ですし、1万mで28分台のスピードもありますからねえ。やはり、前半から主力級を並べてくることになるのでは?

 

4区は今西、直近で1万mを29分17秒まで伸ばしているのは心強く、前回は5区10位と苦戦しましたが、その後は好走を続けていることを考えつつ、5区は避けるとなると4区あたりが無難かなあと思いました。5区は小笹、過去3年間は出雲に出場していませんが、それでも3大駅伝は5度出場していますし、今回のチーム状況を考えると、小笹には出雲から出場して欲しいかなあと。

 

うーん、こうして見てみると、渡邉がいないことが、かなり痛い気もするかなあ。主要区間を走るであろう選手の安心感に比べると、つなぎ区間はどうしても他の優勝候補であろう東海や青学と比べて見劣りしてしまいそうな気がします。それでも、勝負レースで結果を残している選手でメンバーは組めそうですし、何と言っても西山、相澤の活躍ぶりは他大のエースたちを凌駕するほどですからね~

 

最後に3大駅伝を制したのは2015年の全日本、出雲は2011年以来優勝に手が届いてはいませんが、今回は優勝してもおかしくないだけの戦力が揃っていますし、10年連続3位以内と驚異的な強さを見せている箱根だけではなく、ここ最近はやや苦戦している出雲から東洋の強さを見せてほしいものです!!

 

出雲駅伝の区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!また、出雲順位予想の受付も行っております。箱根予選順位予想と合わせ、沢山の投票をお待ちしております。

※1人1票でお願いします~

報知の箱根駅伝本も12月6日に発売されました。この時期は駅伝本の発売が多すぎて何を購入すればよいか悩ましいですよね。私は毎年確実に購入しているのは、陸マガの駅伝本だけかなあ・・・


箱根駅伝完全ガイド 2022年 01 月号 [雑誌]: 報知グラフ 増刊