2018年 トラックシーズン振り返り ~明治大学~

全カレの真っ最中ではありますが・・・トラックシーズンの大学ごとの振り返り、最後は明治大学について見ていきます。前年度は全日本予選こそ7位通過を果たしましたが、箱根予選は13位に沈んでまさかの予選落ち、全日本でも15位と再び3大駅伝に出場するようになって以降、ワーストの成績に沈んでしまいました。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:3点(6位)

小袖が14分1秒で高校時代のベストを10秒更新、13分台目前にまで迫って6位にランクイン。全日本予選でも3組23位で粘り、本日行われた全カレ5000mで9位と入賞にあと一歩に迫りました。1年の箱根予選では223位に沈みましたが、2年になってグッと成績も伸ばしてきており、主力の1人として期待が高まります。

 

他はトップ10圏外まで見てもDB登録している選手でベストを出した選手はいませんでしたが、坂口が13分51秒のセカンドベストをマークするまでに戻してきました。全日本予選は1組24位にとどまりましたが、駅伝シーズンでは万全の状態で臨んで欲しいものです。

 

そして、何と言っても大舞台で結果を残したのが阿部ですよね。関東インカレ5000mでは3位で明治を1部残留に導き、日本選手権5000mでも5位入賞を果たす快走でした。2年の全日本で区間新を出して以降の走りはまさに驚異的、新エースとして大学トップクラスの走りを見せ続けています。

 

10000m:13点(1位、3位、4位)

トップ4のうち3人が自己ベストをマークする盛況ぶりだった明治の1万m、阿部が28分27秒でチームトップタイムをマーク、ベストを13秒更新してきました。5千でも大活躍でしたが、1万mでも自己ベストを更新した他、全日本予選でも4組2位の快走でチームの4位通過に貢献、この駅伝シーズン、順大の塩尻とともに最も安定して非常にハイレベルな結果を残し続けた選手となりました。

 

28分37秒の好タイムをマークして3番手にランクインしたのが中島、私も観戦に行った試合でしたが、外国人選手にもずっと喰らいついているなあと思って見ていました。粘り強い走りで自己ベストを一気に36秒も更新してくることに。ただ、全日本予選は出場せず、ちょっと同級生の阿部に差をつけられ気味なのが気がかりですが…2年までの実績では阿部以上ですし、二人で切磋琢磨していってほしいですね。

 

前田瞬が29分3秒とベストを21秒更新し、チーム4番手にランクイン。1年時の箱根予選では210位と非常に苦しい走りになってしまいましたが、今年度は全日本予選で最終組に抜擢され25位で粘りました。全日本予選で2組17位で走った村上を含め、小袖、前田瞬と2年生の成長が感じられたトラックシーズンでもありました。

 

全日本予選は最も悪かった組順位が25位と誰一人として大きく崩れなかったのが大きかったですね。ベストメンバーとは言えない布陣で正直不安もありましたが、4位通過は上々の結果と言って良いでしょう。全日本出場権は確保しましたが、全日本の前に前回苦杯を舐めた箱根予選があります。

 

エースの坂口が当日走れず、チームトップを走っていた三輪が転倒による途中棄権など不運が重なった部分もありますが、それでも予選13位というのは屈辱的な結果でしたよね。。。今年度は阿部の成長、2年生の台頭、ルーキーでは鈴木が全日本予選で3組6位と好走を見せるなど上積みも大きいです。

 

ここに坂口が完全復活を果たしてくれればまさに盤石という布陣になりそうですが、前回のことを鑑みても、特定の選手に頼るような状況にはしたくないですよね。全日本予選のように、走るべき選手がきっちりと走り、大きなミス無く進め、まずはきっちりと2年ぶりの箱根出場を確保し、復活への足掛かりとしてほしいものです!!