2018年 トラックシーズン振り返り ~拓殖大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、本日は拓殖大学について見ていきます。前年度は箱根で8位に入り4年ぶりのシード権を獲得、さらに3大駅伝フル出場を全日本予選で狙いましたが、9位で後一歩届かずに予選落ちとなってしまいました。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:8点(3位、6位、10位)

 

箱根6区7位と好走を見せた硴野が5千でも14分8秒とベストを15秒更新する走りでチーム3番手に浮上してきました。持ちタイムも着実に縮めてきていますね~一方、全日本予選では1組37位と非常に苦しい走りになってしまいました。

 

14分34秒のベストをベストを出して6位に食い込んできたのが2年の清松、2年生では石川や清水が1年目から活躍をしていますが、2年目になってどんな選手が伸びてくるのかも楽しみです。清水も14分39秒ながら10番手に入ってきていますね。14分40秒切りが10人しかいないというのも寂しい気がしますが、それでも長い距離や勝負レースでの強さには定評がありますからね~

 

トップ10圏外では中井が14分42秒でベストを6秒、吉原が14分56秒でベストを8秒更新しています。中井は箱根9区7位で走っている実力者ですし、もっとタイムをどんどん伸ばしてきてもおかしくないですよね。吉原も全日本予選では1組25位で走っています。

 

10000m:5点(1位)

デレセが28分14秒で自己ベストを5秒更新、チームトップのタイムをさらに縮めてきました。私も観戦に行っていましたが、ラストスパートも含め、力強い走りを見せており、この4年間で最も活躍してくれそうと期待が高まったのですが…

 

関東インカレは1万mこそ3位と過去最高の順位で走ったものの、5000mは初の入賞圏外、全日本予選も最終組15位ということで、いずれももう一歩…駅伝シーズンには万全の状態で元気な走りを見せてくれれば。

 

トップ10圏外では、5千でもベストを更新した中井が1万mでも29分48秒で19秒更新していますね。全日本予選でも2組14位と上々の走りを見せており、長い距離だけではなく、トラックでも力を発揮してきています。

 

3年の楠本も29分55秒でベストを33秒更新、1年、3年と全日本予選にエントリーされており、そろそろ3大駅伝デビューも果たしたいところですね~また、ハーフで64分台のベストを持ち、全日本予選にエントリーされた五十嵐も30分19秒ながらベストを23秒更新しています。

 

やはり、チームとしては全日本予選が残念でしたね~ただ、3,4組を走った主力の4人(赤崎、戸部、馬場、デレセ)がいずれも組13~17位で走っていたのは収穫ですし、計算出来る選手が何人もいるのは大きいですよね。

 

3大駅伝は出雲と箱根に出場することとなります。長い距離に強い拓殖ではりますが、今のエース格を考えると、出雲もひそかに楽しみな気がしますよね~台風で中止になった影響もあって前回の出場は7年前、その時はモゼ、マイナのダブル留学生で5位に食い込んでいますが、今回はどこまで戦えるか?

 

そして、最大の目標であろう箱根では2年連続のシード獲得を狙っていくことになります。前回の経験者が8人残っているというのは大きいですし、主要区間や山で好走している選手が揃っているのもこれまた頼もしいです。夏合宿を経てまた飛躍を遂げる選手も楽しみにしつつ、駅伝シーズンでも結果を残してほしいです!!