インターハイ2018 ~5000m決勝結果~

インターハイ長距離の花形種目、5000m決勝が本日行われましたので、レース結果を振り返ります。レース結果はこのようになっております。今日も決してコンディションが良いとは言えない状況でしたからね~留学生も含めた全体トップでも14分5秒に留まっています。

 

そんな中、優勝を果たしたのは大分東明のモゲニ、見事に連覇を達成しました。5千のベストは13分36秒と日本高校歴代タイムを上回るタイムを持っていますし、やはり力は抜けていたかなあ。2位に仙台育英のムセンビ、3位に倉敷のガトトがともに14分6秒と1秒差で続き、前回同様に表彰台は留学生が独占となりました。

 

4位に14分13秒で入った東海大福岡のサイモンに続き、5位で日本人トップの14分17秒で走ったのが九州学院の井川、やはり日本人高校生No.1は井川なのかなあ~前回も14分ジャストの自己ベストで6位入賞を果たしていますが、これで2年連続の入賞となりました。

 

トラックでもロードでも去年大舞台では当時佐久長聖、現早稲田の中谷くらいしか負けていませんでしたしね~インターハイ、国体、都大路と全て日本人2位のはず…2年連続でインターハイで結果を残したのは素晴らしく、国体、都大路、都道府県対抗とどこまで日本人相手に負けなしを続けられるかも楽しみです。

 

6位に興国のワウエルが14分20秒で続き、7位には青森山田の田澤が14分21秒、前回は9位で後一歩入賞には届きませんでしたが、今回はきっちりと入賞を果たしました。日本人高校生トップ2を挙げるなら、やはり井川&田澤ということになりそうかなあ。都大路1区での快走も含め、トラック、ロードともに実績抜けているのが頼もしい。こちらも今後の走りが楽しみ。

 

8位には鎮西学院の花尾が14分23秒で入ってきましたね~2年生での入賞とは素晴らしい…持ちタイムでも勝負レースの強さでもあっという間に高校トップクラスへと飛躍を遂げてきましたね。今後、どこまで成長を果たすことが出来るかなあ~大いに期待です。

 

9位に遊学館のジョスファットが14分23秒で続き、留学生では唯一入賞を逃してしまうことに。。。10位に法政二の内田、11位に佐久長聖の鈴木と実力者が続きました。全体的にタイムには恵まれませんでしたが、やはり実力者はきっちりと結果を残してきますよね~

 

終盤まで入賞争いをしていた佐久長聖の服部はどうやれレーンの内側を走ってしまったようで、失格になってしまっていますね。結果は残念でしたが、インターハイの舞台でしっかりと走れたのは今後に繋がるのでは~