2018年 トラックシーズン振り返り ~中央大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続いては中央大学について見ていきます~その前に、、、本日よりインターハイが始まりましたね♪インターハイ結果速報はこのようになっています。もう少し、PCからでも見やすいと良いのですが…高校は詳しく無いですが、1500m決勝と5000mくらいは取り上げようかと…

 

さて、トラックシーズンの振り返りに戻りますと…前年度は箱根に2年ぶりの復帰を果たして15位、今年度は有力新入生が多数加わり、全日本予選も通過が有力視されていましたが、1組でまさかの途中棄権、6年ぶりの全日本出場は叶いませんでした。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:0点(無し)

5千で自己ベストを更新した選手、トップ10ではいないんですね~ポイント無しとなっています。確かに、2年前も1年前も駅伝シーズンの方が多くの選手がベストを出していた気が…トップ10圏外では、2年の三須が14分25秒でベストを8秒更新更新したくらいかなあ。5千よりも1万mの方が多く走っていた印象があります。

 

セカンドベストだと、エースの中山が14分2秒をマークしていますね。中山の場合、1万mの自己ベストが驚異的でしたが…5000mでは全体的に目立った走りは無かったかなあ。1500mでは舟津が3分38秒の日本歴代5位を叩き出したのが印象的でしたけどね~

 

10000m:5点(1位)

エースの中山が28分22秒でベストを54秒も更新し、一気にチームトップタイムをマークしました。私も観戦していましたが、素晴らしい走りでしたね~外国人選手にも臆することなく喰らいついていましたからね~関東インカレ1部1万mでも8位入賞を果たしていますし、持ちタイム、勝負レースの実績ともにエースに相応しい。

 

トップ10圏内では主将の関口が29分51秒、三須が29分53秒とともに29分台でのベストをマーク、三須は唯一、5千でも1万mでもベストとなっていますね。関口は1万mもハーフも着実にタイムを縮めてきており、全日本予選もいい感じで走っていたのですが…うーん、やはりあのコンディションは怖いですね。。。

 

ルーキーでは三浦が29分27秒でセカンドベスト、既に1年にして29分30秒切りを2度マークしているのが心強い。全日本予選はエントリー止まりでしたが、3大駅伝デビューも近そうです。

 

他のルーキーはまだまだこれからという感じなのかなあ~14分30秒切りが大量に加わったことで、どうしても注目されてますからね~まだまだ、始まって数か月ですし、これからですよね~夏合宿を経て、どんな選手が台頭してくるのか楽しみです。

 

前回の箱根は15位、全日本予選も途中棄権になってしまったことで、残るは箱根予選のみとなりました。前回は3位通過、さらに上位10人のうち卒業したのは竹内のみということで、戦力ダウンは最小限、新入生を考えるとむしろ戦力アップしている状態で、当然2年連続の上位通過も期待されるところですが…

 

主力の1人である畝はほとんど姿を見せていない状況ですし、上位通過が予想された全日本予選もまさかの予選落ちでしたから、油断は禁物ですよね~箱根予選落ちになっても、スカウトは悪化するどころかむしろ良くなっているほどですし、今回もしっかりと予選通過を果たし、7年ぶりのシード獲得をまずは目指してほしいものです~