2018年 トラックシーズン振り返り ~早稲田大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続いては早稲田大学について見ていきます。前年度は出雲9位、全日本7位でシード落ちといずれも奮いませんでしたが、箱根では最終区で3位に浮上して箱根シードはもちろん、全日本の推薦出場権まで獲得することに!一方でトラックシーズンはエースとなった太田以外はやや主力が奮わないような。。。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:3点(5位)

トップ10で唯一自己ベストを更新したのが太田、14分ジャストでベストを3秒更新し、13分台も目前ですね。セカンドベストである14分3秒も今年度出しており、さらにさらに、関東インカレ1部5000mでも7位入賞を果たしています。前年度の駅伝シーズンでは、全日本1区3位、箱根2区6位とエースに相応しい走りを続けてきましたが、その勢いはトラックシーズンに入っても衰えることは無かったです。

 

トップ10圏外では、3年の真柄が14分19秒でベストを3秒更新、4年の西田も同タイムでベストを出していますね。ともにたたき上げの選手であり、上級生が新戦力となってくれれば大きいですね。西田はセカンドベストの14分23秒も今月マークしています。

 

10000m:9点(2位、5位、10位)

28分56秒をマークし、チーム2人目の28分台、2番手にランクインしたのが太田、ベストを13秒更新してきました。これまでの実績を考えれば、28分台を出すのも時間の問題でしたしね。どちらかといえばロードに強いのかなあと思っていましたが、トラックでもその力をいかんなく発揮しています。

 

29分19秒と高校ベストを25秒更新して5番手に入ってきたのが中谷、もちろんさすがの走りではあるのですが…トラックシーズンは思ったよりも目立たなかったですかね…?正直、期待値としてはいきなり大迫のように関東インカレで上位入賞もあり得るかと思っていたのですが、下位に沈んでしまいましたし…U20も14分30秒台で17位ですもんね。。。まあ、まだ大学生活も始まったばかりですし、まずは駅伝シーズンで元気な走りを見せてくれれば。

 

5千でもベストを更新した真柄が29分54秒をマークし、チーム10番手のタイムとなっています。関東インカレ1部ハーフでも5位に入ってロードでの強さも披露、3大駅伝デビューも近そうです。さらに、同じく3年の遠藤が29分56秒で続き、エース級以外では3大駅伝未経験者の走りが目立ったトラックシーズンだったかなあ。

 

5000、1万m以外では、3000m障害で吉田の活躍が目立ちましたね。関東インカレでもU20世界陸上でも5位に入ったのは素晴らしいです。前回の全日本では7区15位と不本意な走りとなりましたが、今年度は一味違う走りを見せてくれそう。

 

箱根3位という会心の走りで3大駅伝フル出場を果たした早稲田、出雲ではやはり1年生がどれだけ走るかが楽しみですね~中谷、半澤、千明など半数を1年生が占めるなんてこともあり得るかも…距離が長くなればやはり上級生の走りが大事になってきますよね。

 

中でも、気になるのは永山の状態かなあ。2年時に一躍エース級になったと思いきや、3年時は故障などもあって奮わないまま1年間を終えることに。今年度もここまでは目立った走りが出来ていません。このまま、最後の駅伝シーズンも終えてしまうのはあまりにももったいなさすぎますが…

 

2年生以上の選手層は例年に比べると薄いのは否めませんが、新戦力の台頭も見て取れますし、なんといっても全大学を見渡してもトップクラスのルーキーが揃っています。ここ最近は苦戦気味の出雲からまずは好走を期待したいですし、3大駅伝全てで早稲田の存在感を示してほしいものです!!