2018年 トラックシーズン振り返り ~専修大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続いては専修大学について見ていきます。前年度の全日本予選は17位、箱根予選が14位、今年度の全日本予選は19位となかなかに希望の光は見えてこないですね。今年度の箱根予選は増枠ではありますが、ここ4年は14位以下と増枠があっても通過できない順位が続いていますし…

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:9点(1位、3位)

まずはエースの長谷川が13分56秒、ベストを8秒更新してついに13分台ランナーとなりました。関東インカレ2部5000mでも5位入賞を果たすなど、エースの走りを見せたトラックシーズンとなりましたね。やはり、長谷川の力はチームの中でも抜けています。

 

さらに、1万mで28分56秒のベストを持つ和田も14分12秒でベストを13秒更新、チーム3番手の持ちタイムとなりました。チーム1,3位となるベストが更新されたことで、トップ10でのベストは2人だけでしたが、9点とまずまずのポイントに。ただ、他のDBに登録されている選手でベストを更新したのはおらず、セカンドベストも無かったのでは…

 

勝負レースも含め、長谷川だけが目立った印象だったかなあ。ベストを出した和田は、全日本予選にエントリーされるも出場せず、結局まだ予選会に一度も出場を果たせていませんからね。。。もちろん、エースがどんどん力をつけているのは良いことですが、箱根予選突破を狙うとなると総合力が大事になってくるわけで…底上げできたとは言い難い状況かなあと。

 

10000m:5点(1位)

こちらもベストを更新したのはエースの長谷川、28分55秒とベストを9秒更新し、13分台、28分台ランナーの仲間入りを果たしました。他大学の有力選手と比べても見劣りしないまでになりましたよね~ただ、1万mで唯一気になるのが全日本予選、チームの通過が絶望的な状況だったとはいえ、4組37位に沈んだのは意外でした。久しぶりに見た失敗レースだったかも…次の大きな舞台である箱根予選にはしっかりと合わせてくれれば。

 

他にトップ10圏内でベストを出した選手はいませんが、塚原が30分13秒でベストを6秒更新、初の1万mとなったルーキーの南が31分46秒で走っていますね。まあ、これは厳しいコンディションだった全日本予選ですからしょうがないですが。。。他の選手は揃ってタイムを伸ばせずかあ。5千に続いてより箱根予選にもつながる1万mでも苦しい走りとなってしまいました。

 

全日本予選はここ最近でもワーストとなる19位に終わった予選落ち、残るは箱根予選に賭けることとなりますが、チーム状況は厳しいですね。最後に予選を通過したのは増枠があった5年前、その後は17→15→14→14位といずれも14位以下と通過争いに加わることさえ出来ていない状況が続いています。

 

前回通過した際はよくて増枠による通過と言われながらも7位通過を果たしていますし、今回もその再現を期待したいところですが、いかんせん勝負レースで結果を残せていない選手が多いのが気になります。。。通過は正直非常に厳しいでしょうが、今回通過出来なければ、本当にもう今後、箱根出場は果たせなくなってしまうのでは?という不安が現実になりそうで…本当の本当に正念場ですね。