2018年 トラックシーズン振り返り ~上武大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続いては上武大学について見ていきます。前年度は全日本予選19位、箱根予選9位、箱根は往路、復路ともに最下位と厳しい1年でしたよね。。。何とか、箱根出場こそ果たしたものの、今後に向けても不安も抱くことに。。。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:5点(6位、7位)

大森が14分31秒でベストを9秒更新し、6番手に入ってきています。ただ、大森の場合は5千のベストというよりも…関東インカレ2部ハーフで4位に入っている実力者ですからね。全日本予選でも最終組で27位で走っていますし、エースの太田黒がやや振るわない中、エース級の活躍を見せています。箱根予選も大いに期待出来そう。

 

もう一人トップ10でベストを更新したのが佐々木、14分33秒でベストを5秒更新し、7位に入ってきています。佐々木も前回の箱根で10区12位と上々の走りを見せた他、今年度の全日本予選でも4組22位でまとめているんですよね~

 

最終組をきっちりとまとめ、勝負レースでも結果を残す二人が自己ベストを更新したことに。。。というか、ともに14分30秒台のベストですが、それよりもはるかに力はありますよね~ただ、DB登録している選手、5千においてはベストを出したのはこの2人のみでセカンドベストを出した選手もいないはず。。。

 

ホクレンも含め記録会にはそれなりに出場していたはずなのですが、ちょっと寂しい結果ですかねえ。13分台はおらず、14分1桁も1人、14分10秒台、20秒台が2人ずつということで、やはり持ちタイム上はなかなかに厳しい。スカウトも苦戦気味ですからね。

 

10000m:0点(無し)

1万mのベスト、トップ10で更新した選手はまたしても0人ですか。。。これまでに4校紹介してきましたが、これで3校目の0点ですよ。そこまで1万mの記録会って無かったかなあ。。。まあ、世田谷記録会は5千mがメインですし、気軽に出場出来てタイムも出やすいのだと、日体大記録会くらいなのかなあ。

 

トップ10圏外では、坂本が30分29秒で初の1万mを走っていますね。全日本予選もエントリーされている他、ハーフの自己ベストが関東インカレでマークしているというのが頼もしいです。楽しみな2年生が出てきましたよね~箱根予選でも十分戦力として期待出来そう。

 

セカンドベストでは、大森が29分38秒とベストに1秒届かず。やはり、ここでも大森の好調ぶりが分かります。5千、1万m、ハーフといずれも好走しているのが頼もしい限りです。もう一人、30分9秒でベストに3秒届かずのタイムで走っているのが佐々木…奇しくも5千でベストを出した二人ですね。

 

やっぱり、全日本予選も含め、今年度のトラックシーズンはこの二人が中心だったんですね。勝負レースでの走りからも、タイムからもそれがうかがえます。全日本予選では、最終組は何とかくらいついたものの、20位以内が0人という状況が響いて17位と予選通過ラインははるかに遠く、もう残るは箱根予選を突破し、箱根連続出場を続けるしかありません。

 

今年度の増枠は実質1枠ということで、上武にとっては厳しい戦いになりそうかなあ。まずはエースの太田黒が完全復活を果たし、大森、佐々木といった主力級もしっかりと稼ぎ、後は中堅どころですよね~1人でも多く二桁順位で走ってくれればといった感じかなあ。戦力的に苦しいと言われた時でもきっちりと予選は突破してきた上武、その予選巧者の走り、今回も見せてほしいものです。