2018年 トラックシーズン振り返り ~東京国際大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続いては東京国際大学について見ていきます。今年度は全日本予選でもベストメンバーとは言えない状況で臨み、総合14位、箱根予選を突破した昨年度に比べるとちょっとチーム状況が良く無さそうなのが気になるところです。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:6点(2位、10位)

エースの伊藤が14分2秒、日本人トップタイムのベストをさらに2秒更新し、13分台も目前となっています。1万mも28分46秒のベストですでに複数回28分台をマークしていますし、やはり力は抜けています。全日本予選では2組18位と順位はまずまずですが、本来であれば最終組を走ってほしい選手ですからね。箱根予選では前回のような快走を見せてくれれば。

 

もう一人ベストを更新したのは…厳密にはベストでは無いですが、実業団経由である渡邊のタイムは大学でのタイムを基準にしていますので、5千は14分24秒を今年度マークしており、このタイムは10番手ですね。全日本予選では1組30位とちょっと奮いませんでしたが、伊藤同様に箱根予選には合わせてきてほしい選手。

 

トップ10圏内では二人だけでしたが、圏外となるとベストを出した選手がちらほら。全日本予選で最終組に抜擢されて30位で走った佐伯は14分24秒でベストを13秒更新していますが、1万mで29分39秒やこれまでの実績を考えると、まだまだタイムは伸ばせてこれそう。

 

他にも、栗原が14分27秒でベストを4秒更新、全日本予選で1組19位で走っている河野も14分31秒で2秒更新、梅本も14分33秒で1秒ですがベストを更新しています。14分10秒台は何人もいますが、13分台はタイタス1人、14分1桁も伊藤一人となっているだけに、ここら辺から抜け出す選手にも期待ですね。

 

10000m:0点(無し)

1万mはトップ10で誰もベストを更新していませんね。これまで紹介した3大学、いずれも5千か1万のどちらかで0点となっている…順番はランダムなので偶然ですが、東国大もなかなか1万mは苦戦気味だったようで…そんな中、トップ10圏外では何人かベストを出しています。

 

内田は初の1万mで29分59秒とまずまずの走り、2年生では高校時代の実績は上位の選手ですし、ここにきて台頭してきたのは大きいですね。ただ、全日本予選でいきなりの3組抜擢は荷が重かったのか、32位に留まっています。2年生もどんどん選手が出てきているだけに、内田も負けずに主力となっていってくれれば。

 

前回の箱根予選にも出場している浦馬場は30分5秒ながらベストを13秒更新、5千でベストを出した栗原は初の1万mを30分13秒で走っています。栗原も内田同様に出てきた2年生、昨年度は渡邊や佐伯が目立ちましたが、人数の多い2年生が質・量ともに揃ってくると大きいですね。他には1年生ながら全日本予選にエントリーされた會田が初の1万mを30分37秒…まあ、これからですよね~

 

トラックシーズンはベストを出した選手はまずまずいたものの、ちょっと勝負レースや主力が目立った走りを見せられなかった東国大、次は箱根予選で2年連続3度目の箱根出場を狙うこととなります。創価といい、東国大といい、2度出場を果たすも連続出場はまだ未経験ですからね~今回は増枠があるといっても、日大の免除と関東連合が残ったことで実質1枠増だけですし…

 

今後の定期的な強化のためにも、箱根に連続で出場していくことは大事になっていきますし、また過去2度の箱根予選を突破した時のような、狙い通りの走りで終盤に強さを発揮し、駅伝シーズンでは元気な姿を見せてほしいものです。