ホクレン・ディスタンス2018結果 ~北見大会~

ホクレンシリーズ、その第2戦となる北見大会が昨日行われましたので、男子長距離の大学生を中心に結果を振り返ります。レース結果はこのようになっております。あまりブログやTwitterでは記載していませんが、ホクレンや順大記録会、東海記録会など各種記録会の結果も、随時データベースに反映しております~

 

その前に…競歩では富士通の松永が1万mで37分58秒08の日本新記録を樹立していますね~競歩については明るく無いのですが…世界記録と数秒差しかないのですね。世界選手権でも表彰台に上るような活躍を見せていますし、本当に世界レベルの種目という印象。。。男子1万mは日本記録と世界記録が1分10秒以上離れていますし、世界は遠いです・・・

 

~1500m B組~

関東勢に負けない活躍を続ける関西学院の石井が3分46秒で貫録の組トップ、ベストを5秒更新しています。駒澤の物江が3分47秒でベストには2秒届かずもまずまずの走り。順調そうで何よりです~続いて日薬大の宮平が3分47秒で自己ベストを1秒更新しています。

 

他に大学生では、早稲田の齋藤が3分48秒でシーズンベスト、東国大の前川が3分50秒で走っています。齋藤はちょっと下級生の時に比べるとやや勢いが無くなってきている気がするのが気になるなあ。。。

 

~1500m A組~

中央の舟津が3分43秒の好タイムで組トップ、これでも自己ベストより5秒遅いというのが凄いですよね。同じく中央の田母神も3分44秒で4位に入っています。さらに早稲田の飯島が3分43秒の自己ベストで2位、東海の木村が3分44秒で3位と大学生が1~4位までを占めることに。いずれも関東インカレや日本選手権などで活躍を見せる実力者が好タイムをマークしました。

 

~10000m C組~

トヨ九の中平が29分12秒で組トップとなったC組、日体大の岩室が29分20秒でベストを一気に40秒更新していますね~ただ、全日本予選での好走を考えればこのくらいのタイムで走っても全然おかしくはないかなあ。むしろ、1年の加藤が29分43秒で走ったことの方がちょっとびっくり。まだルーキーが目立っていない日体大なだけに、加藤の走りは今後に向けて期待出来そう。

 

同じく全日本予選で好走した冨田も29分50秒でベストを12秒更新、早稲田の遠藤は29分56秒でベストを13秒更新しています。遠藤も3年生となり、そろそろ駅伝でも戦力となってきてほしい選手。

 

~10000m B組~

28分台が11人もでたB組、さすがはホクレンというところですね~愛知製鋼の高橋が28分40秒の自己ベストでトップでした。3000m障害でも活躍していますし、一気に伸びてきていますよね。日立物流の田口が28分43秒、SUBARUの牧が28分45秒で続いています。

 

そんな中、大学生では日体大の山口和が28分56秒でベストを9秒更新、チーム2人目の28分台ランナーとなりました。もう一人の28分台ランナーである中川は29分12秒でセカンドベストとまずまずかなあ。やはり、今年度の日体大はこの二人が引っ張ることとなりそう。

 

~10000m A組~

旭化成の市田孝が28分34秒で日本人トップに。日本選手権はもちろん、あらゆる記録会を含め高いレベルで安定しているのが凄いです。日立物流の設楽啓太が28分39秒で走るまでに戻してきたのも良かったですね~弟の悠太は日本最強ランナーの1人に名を連ねる選手となりましたが、啓太も負けずに活躍してほしい。

 

~5000m A組~

日本人トップになったのは13分37秒を叩き出した橋詰、力をつけてきたのは重々承知ですが、ここまでの走りを見せるとはびっくりしました。関東インカレや日本選手権で入賞している東洋の西山や相澤を抑えての走り、ベストを14秒更新しています。4年になってまだ3年の出雲しか出場していないのが信じられないほど。。。今年度はフルで活躍してくれるのでは。

 

九電工の東も13分39秒でここまでが13分30秒台、東もハイレベルで安定していますよね~九電工の強さを支えています。東洋の相澤が13分40秒で続き、ベストを8秒更新。こちらも勝負レースでも記録会でも結果を残し続けており、成長ぶりが凄まじいです。

 

同じ東洋の西山は13分46秒、ベストを5秒更新してはいますが、関東インカレでも日本選手権でも1万mで上位に入ってきていることを考えれば、むしろ物足りないくらいですよね。それくらい、期待値が高くなっています。2年生以下では間違いなく最強でしょうし、上級生相手でもそうそう負けることはないであろう強さ、今年度の東洋は本当に面白そうです。

 

他の大学生では、東海勢は鬼塚が13分53秒、三上は14分18秒とともにもう一歩だったかな。鬼塚がなかなか圧倒的な走りを見せられていないのが気がかり。また、國學院の土方が14分7秒でベストを1秒更新しています。

This content cannot be displayed in widgets.