2018年 全日本予選戦力分析 日本大学 ~箱根予選免除なだけに、なおさら出場したい全日本~

本日は日本大学の全日本予選における考察を行っていきます。その前にまた日本選手権についてちらっと…1500mでは館澤が見事に連覇を達成しましたね。今年は昨年ほどの強さは見せられておらず、ちょっと心配していましたが、関東インカレ連覇に続き、日本選手権も連覇、学生での連覇というのも凄いですよね。本当に大事な試合できっちり合わせてくる強さがあります。

 

日大の選手一覧はこのようになっております。前回はエースのワンブィこそきっちりと最終組でトップに立ちましたが、他の選手は最も良かったのが26位、30位台が5人も出てしまう惨敗で総合でも16位に沈みました。過去2大会はいずれも2位通過を果たしていたんですけどね。日本人エース不在というのを感じずにはいられない結果となりました。

 

エントリー上位8人の平均持ちタイム(1万m)は私が把握している予選会出場校18校中14位となっており、タイム上は通過が厳しいということになります。ワンブィこそ27分台でずば抜けていますが、28分台が1人もおらず、29分前半も一人しかいませんからね。29分30秒台が4人いるとはいえ、なかなか平均タイムは上がってこないですね。

 

今回もエースのワンブィは健在であり、3年連続の最終組&組トップも期待されますね。何も心配はいらないでしょう。となると、日本人エースの存在が大事になってきますが…持ちタイムでは、29分3秒を持つ加藤がいますが、最近の状況を見てもコンディションが万全とは言えず、さすがに最終組は厳しそうで、良くて前半の組でしょう。

 

前回、関東連合で箱根出場を果たした阿部は着実に力をつけてきており、少なくとも後半の組で走ってほしい選手ですよね。1万mも29分38秒のベストをプレッシャーのかかる箱根選考会となった学連記録会で出しています。個人的には前回は1組26位、箱根予選も119位と1年としては上々の走りを見せた武田に期待しているんですけどね~

 

前回の経験者では金子が2組31位で走っています。2年連続で2組を走っており、3年連続の2組もあり得そうですが、いずれも組30位前後、箱根予選も連続出場ながらいずれも200位前後とまだ勝負レースで結果を残せていないのが気がかりです。。。

 

今回の13人のエントリーのうち、2年生以上が9人エントリーされていますが、その全員が箱根予選に出場経験があるんですよね~何かしらの勝負レースを経験しているというのは大きいですよね。3大駅伝経験者、全日本予選経験者もそれぞれ5人を数えます。

 

一方で今回楽しみなのがルーキーが4人入ってきていること。とても箱根予選落ちしたとは思えない有力選手が複数加わっています。中でも都大路1区3位で走っている北野はやはり今回の全日本予選から即出場が十分にありそう。

 

さらに、5千で14分16秒の大池、14分22秒の天野と高校ベストが良い選手が続き、1年生が複数人出てもおかしく無いですね。14分38秒のベストとなる山本のエントリーはやや意外でしたが、逆に言えばそれだけ期待の選手ということでしょうか?こちらも楽しみです。

 

持ちタイムでは、29分33秒を持つ2年の野田啓、29分37秒の松木らがチーム上位ですね。松木は箱根予選もチーム4番手で走っていますし、野田も箱根予選後にベスト連発と伸びてきている選手ですからね。1年生が注目されがちですが、上級生の走りにも注目です。

 

楽しみな選手はいるものの、やはり全日本予選突破となると、ワンブィ以外は力不足なのが否めないかなあ。最終組を安心して任せられそうな日本人選手もいませんしね。。。2年連続2位通過の時は、もちろん1~3組が粘ったのもありますが、荻野、石川と頼りになる日本人エースの存在が大きかったです。

 

現状では予選突破は難しそうと考えています。皆さんの順位予想でも現時点で14位、ちょうど平均持ちタイムと同じでやはりボーダー争いに絡むのも難しいという印象なのかなあ。私もよくて11~15位くらいかなあという思いですが…

 

何度も書いていますが、日大は関東インカレの成績で箱根予選を免除されているんですよね~なので、全日本に出場出来ない場合、全日本予選の次が箱根になるというこれまでにないパターンになってしまいます。6月の次のチームレースが1月というのはさすがに間が空きすぎ。。。今後につなげていくためにも、何とか全日本予選突破を期待したいところですが、その道は険しいものとなりそうです。

 

全日本予選順位予想の投票受付、今年も開始しました。たくさんの投票、お待ちしております!!

※1人1票でお願いします