2018年 全日本予選エントリー発表&雑感

全日本予選のエントリーが発表されました。これまではずっと10人でしたが、今年からは13人に増えたようで…しかも、組のエントリーは前日に登録することになったんですね。ここで補欠2人を含む10人に絞って、補欠は当日変更可能となると…すみません、勉強不足でした。エントリー一覧はこのようになっております。私が把握する18大学について、大学ごとにエントリーを見ていきます。

 

日本体育大学

山口和、中川ら主力が順当に入った一方、箱根3区を任された三原、6区を走った廻谷、前回の全日本予選に出場している林田らがエントリーから外れていますね。前回の箱根を走った選手が二人外れるのはなかなか痛いような…それでも、前年度ほどのエントリー漏れでは無いですが、力のある世代が抜けた後&前回も予選落ちとなっていますし、ちょっと不安の残るエントリーかなあ。

 

法政大学

坂東、佐藤、青木といったエースたちは順当にエントリー。一方で前年度、3大駅伝に2度出場した福田、矢嶋といった4年生は外れていますね。チーム状況を考えればしょうがないですが、1,2年生が1人ずつなのはちょっと寂しく…期待のルーキーから鎌田だけが入ってきたのもやや意外だったかなあ。ただ、戦力は充実しており、予選突破は問題なさそうかな?

 

城西大学

金子、中島、西嶋といった主力はきっちりとエントリー。一方で箱根6区に出場した菊地、全日本予選に出場した峐下らがいませんね。また、1年生が0人というのもちょっと寂しいかなあ。前回はギリギリでの通過となりましたが、今回もボーダーを争う大学の1校なのかなあ。

 

拓殖大学

4本柱と言われる デレセ、馬場、戸部、赤崎は揃って順当にエントリー。前回8区を走った白髪が外れてはいますが、比較的順当と言えそうかなあ。こちらも1年生が0人ですが、スカウトから考えるとしょうがないですし…前回は15位と惨敗となってしまいましたが、今回は少なくともボーダー争いには絡んできそうな戦力ですよね~

 

帝京大学

エースの畔上を筆頭に竹下、横井、岩佐、平田ら主力はこちらも順当ですね。箱根8区の田村丈、9区の小森といった復路を走った選手が外れてしまうことに。ただ、帝京の層の厚さを考えれば特に問題は無さそうで、ルーキーの遠藤も楽しみ。戦力的には充実しており、前回は6位通過も、今回はトップ通過も狙えそうな大学の1校ですが、果たして…?

 

順天堂大学

スーパーエースの塩尻を筆頭に橋本、難波、野田の3年生トリオも順当。というか、3大駅伝・予選会の経験者が誰一人として欠けていない順当なエントリーと言えるのでは?戦力的には上位通過も十分に狙えますが、前回も8位ですし、予選会となるとなかなか力を発揮出来ていないのが気がかり…しっかりと合わせてきてほしいですね。

 

國學院大学

青木、浦野、土方という3年生のエーストリオはこちらも順当なエントリー&3大駅伝・予選会経験者は漏れていないかなあ。育成の國學院らしく13人中10人が上級生ですね。個人的には、2年の全日本以来のエントリーとなった4年の蜂屋に期待しているのですが…1年生はこちらも未エントリーですね。前回は3位通過、今回も予選通過は十分に狙えそう。

 

中央大学

中山、堀尾、舟津の3本柱は順当。期待のルーキーからは三浦が唯一入ってきましたね。もっと入ってきてもおかしくないかと思いましたが、ここはやはり先輩の意地ですかね~一方、箱根に2度出場している苗村、箱根予選に出場した岩佐、箱根5区を走った畝が外れていますねえ。特に計算出来る畝が外れたのは痛そう…タイム上はトップ通過も狙えるほどですが、まずは何位でも突破を果たしてくれれば。。。

 

大東文化大学

こちらも主力の3,4年生、新井や谷川、川澄や奈良らは順当に入ってきていますね。関東インカレで好走した川澄にとくに期待しております。箱根5区を走った藤岡はいませんが、他は順当ですかね~期待のルーキーである片根もきっちりと入ってきました。さらに、ルーキーの服部も入ってきたのはちょっと意外でした。前回は4位通過も戦力ダウンは大きく、今回はさすがにボーダー争いに巻き込まれそうかなあ…

 

東京国際大学

タイタスがしっかりとエントリーされてきて、まずは一安心。もちろん、日本人エースの伊藤も入ってきていますね。4年生が2人というのはちょっと気になるところ。箱根予選で二桁で走っている堤もいませんしね。ただ、それ以外は目立ったエントリー漏れは無さそうですね。前回は14位、今回もちょっと予選通過となると戦力的に厳しそうかなあ。

 

山梨学院大学

ダブルエースのニャイロ、永戸に箱根は外れた久保も入ってきています。目立ったエントリー漏れは無さそうかなあ。3大駅伝・予選会経験者も揃っていますからね。ただ、やはり上田世代の抜けた穴は非常に大きく…最終組におそらくニャイロ、永戸が入るであろうでしょうが、それまでどれだけ粘れるか…通過はするとは思いますが、苦戦する恐れも。。。

 

国士舘大学

出場が心配された住吉も入ってきましたね。住吉が最終組を任せられるほどだと大きいのですが。留学生もギトンガ、ヴィンセントと二人入ってきましたね。ヴィンセントが走るかと思っていましたが、ギトンガも28分48秒を叩き出していますし、どちらが出場するにしても面白そう。主力の4年生が7人入った一方、3年生が鼡田1人というのは寂しいかなあ。前回は13位、通過はまだ厳しそうかなあとも思いますが…

 

上武大学

太田黒、大森といったエース格は入ってきていますが、関稜汰、関佑斗とダブル関は両方とも外れてしまいましたね。前回は19位、今回もギリギリ20位でのエントリーということで、単純には言えませんが、早稲田の推薦出場が無ければ予選会に出場さえ出来なかったということに…さすがに通過も厳しそうです。

 

日本大学

エースのワンブィが順当にエントリー。4年の加藤も入ってきていますね。期待のルーキーからは北野、大池、天野、山本となんと4人が入ってきています。もちろん、全大学最多で期待の大きさがうかがえます。他は大きなエントリー漏れは無いかなあ。個人的に期待している2年の竹元はまたしても外れて残念…

 

前回は16位で今回も厳しい戦いが予想されますが、もし全日本に出場出来ないと、次はインカレ成績で出場出来る箱根になるんですよね~全日本予選の次が箱根というのはさすがに間が空きすぎますし、何とか出場権を確保したいところですよね。。。

 

創価大学

関東インカレを回避したムイルがしっかりと入ってきましたね。  作田、米満といった日本人の主力も入ってきています。3度の箱根予選を走っている古場や二宗といった4年生が外れたのはやや気がかり…一方でルーキーが嶋津、永井、梅木と3人入ってきたのにはちょっとびっくりでした。嶋津は入ると思っていましたが…前回は11位、3組まで粘れれば初出場も狙えると思いましたが果たして…?

 

明治大学

エースの坂口、関東インカレでチームを救った阿部らエース格はエントリー。前回2組3位で走っている田中が外れたのは痛いですよね。主力が揃う3年生は、他にも中島、三輪ら主力が入ってきていますね。前回は現4年生がチームを支えましたが、今年度は6人入る3年生の活躍を期待したいところです。

 

ルーキーからは13分台の鈴木が唯一入ってきましたね。持ちタイムからすればトップ通過も狙えるほどですが、これまでの苦戦が続く走りを考えると、まずは順位にこだわらず、きっちりと予選を突破したいところですよね。

 

専修大学

エースの長谷川を筆頭に28分台を持つ和田もエントリー。前回の経験者では宮下が外れていますね。そして、4年生が7人エントリーされたのは順当ではありますが、一方で2年生が0人というのは寂しいですね。1年生は南、服部と二人が入ってきたのもちょっとびっくりです。長谷川の走りには注目が集まりますが、チームとしての予選突破はさすがに厳しそう。

 

東京農業大学

2年ぶりの予選会出場となった東農大、絶対的エースの小山がエントリー。関東インカレのような快走を期待ですね。1年時に2組18位と好走している高田は外れてしまいました。他はまずまず順当ですかねえ。持ちタイムをグッと伸ばしてきた工藤、平井の2年生コンビに個人的には注目です。ただ、持ちタイムや実績を見てもさすがに通過は厳しそう。