関東インカレ2018 エントリー考察(大東大、山梨学大、城西大)

関東インカレのエントリーが昨日出ましたので、各大学ごとに、関東インカレのエントリーについて考察していきます。エントリーは公式エントリーを参照してください。今日は、1部に属する大東文化大学、山梨学院大学、城西大学の3校を取り上げます。

 

大東文化大学

1500m(浅野③)

3分51秒のベストを持つ浅野が唯一のエントリー、1組に入っています。東海の館澤を筆頭に3分40秒台、日本選手権の標準を突破するような選手がずらっと揃う中では予選突破はなかなかに厳しそうかなあ。

 

5000m(新井④、奈良③、齋藤④)

13分台を持つ新井を筆頭に奈良、斎藤と実力者の上級生が順当にエントリーされてきました。いずれも、トラックでの実績もある選手たちですね。1部のレベルの高さを考えると入賞は容易では無いですが、入賞争いに絡む選手が出てきてくれれば。

 

1万m(奈良③、川澄③、齋藤④)

奈良、斎藤は5千mに続いてのダブルエントリーですね。川澄はハーフとのダブルエントリーですし、まさにチームの中心選手がエントリーされていることが分かります。ただ、逆に言えば、ちょっと選手層が薄くなってきているとも。。。チームのエースたちがハイレベルな1万mでどこまで戦えるか?

 

ハーフ(川澄③、谷川貴④、奈須④)

川澄、谷川貴はともに長い距離で安定している二人なだけに、ハーフの距離でどちらかは入賞して欲しいですよね。それだけ、力のある選手だと思います。奈須も箱根予選で83位とまずまず、箱根でも6区を走っていますし、最上級生として力を出し切ってくれれば。

 

3000m障害(谷川恒③)

谷川恒は前回は2部で予選最下位に沈んでしまっていますね。。。一気にレベルが上がる1部、資格記録は9分7秒とはいえ、厳しい戦いとなりそうです。

 

山梨学院大学

1500m(川口①、清水④)

ルーキーの川口が2組にエントリー。ただ、資格記録は3分54秒なだけに予選突破は厳しそうかなあ?3組の清水は3分44秒とこの組で3番手の資格記録、短い距離に強いながら、全日本5区にも出場しています。前回はわずか0.2秒届かなかった決勝進出、ポイント獲得も期待したい選手の1人です。

 

5000m(永戸④、清水④)

花形の5000mにエントリーされるのが2人しかいないのは寂しいですね。。。13分57秒のベストを持つ日本人エースの永戸には入賞の期待もかかるところです。どこまで勝負出来るか?一方の清水は14分8秒のベストを持つとはいえ、5000mの距離ではちょっと厳しいかなあ?

 

1万m(ニャイロ④、永戸④、出木場④)

ダブルエースであるニャイロ、永戸が順当にエントリー。ニャイロはハーフにもエントリーされており、ともに優勝候補としてどれだけポイントを稼げるか?永戸も5千とのダブルエントリーはまさにエースという感じですね。ニャイロに頼るだけでなく、永戸もポイントを期待。3人目は出木場が入ってきたのはちょっと意外でした。29分42秒というベストを考えてもさすがに厳しいかな。

 

ハーフ(ニャイロ④、藤田④、首藤③)

ハーフではニャイロが3連覇がかかりますね。他に留学生がいないという状況から考えても、ダントツの優勝候補となりそうです。藤田、首藤はともにハーフで64分1桁のベストを持つ選手。勝負レースではなかなか結果を残せていませんが、少しでも上位を狙って欲しいところ。

 

3000m障害(太田③、関川③)

1組の太田が9分5秒、2組の関川が9分9秒という資格タイムですね。太田は前回出場するも予選落ち、タイム的には厳しそうですが、どこまで決勝争いに加われるか?

 

城西大学

1500m(福島①、佐藤③)

2組にルーキーの福島がエントリー、資格タイムは3分53秒ということを考えると、ちょっと厳しそうかな。一方で3組の佐藤は3分46秒の資格タイム、この組では5番手となっていますね。前回は組5位で届かなかった決勝に進出出来れば上出来ですかね。

 

5000m(中島④、西嶋③、服部④)

やはり、2年連続でこの5000mで入賞しており、13分54秒のベストを持つ中島には、3年連続の入賞を期待せずにはいられないですね。トラックでの強さはピカ一です。同じく13分54秒のベストを持つ西嶋は、勝負レースでも結果を残してきていますし、楽しみですね。服部も箱根5区での好走が記憶に新しく、楽しみな選手が揃います。

 

1万m(西嶋③、中島④、荻久保③)

西嶋、中島がダブルエントリーですね。ともに13分台だけではなく、1万mで28分台のタイムも持つ選手。スピード抜群の二人がどこまで戦えるか5千同様に楽しみです。荻久保は5千で今年度ベストを出すなど勢いのある選手なだけに、どこまで食らいつけるか?

 

ハーフ(金子④、大石④、菊地②)

金子、大石はともに箱根で好走している選手です。特に金子は前回このハーフで4位入賞を果たしており、2年連続の入賞を期待。大石も安定した走りを見せているだけに、上位争いに加わってほしいですね。菊地は箱根で6区17位と苦しい走りにはなりましたが、力のある選手なだけにどこまで戦えるか?

 

3000m障害(山本①、宮下①)

やはり、インターハイでも活躍したルーキーの山本がどこまで戦えるかが楽しみですよね。資格タイムは8分51秒となっており、これは1組で3番手に位置しています。タイム上は決勝進出、入賞してもおかしくないですが、期待のルーキーの走りに期待。2組の宮下もルーキーですね。逆にこちらは9分12秒で2組では最もタイムが悪く、厳しい戦いになりそうです。