2017年度 4年生特集 ~明治大学~

4年生特集、最後は明治大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で6人となっています。3大駅伝経験者は2人、本当に苦しんだ学年でしたよね…1年時は最強世代が4年時、上位争いを繰り広げてきましたが、2,3年時は箱根シード落ち、4年時はまさかの箱根予選落ちとなってしまいました…

 

 

末次 慶太・・・高校ベストは14分24秒、主力に故障などがあったこともありますが、1年の箱根から出場したのにはびっくりしました。ここでは7区14位と苦しい3大駅伝デビューとなりましたが…その後のハーフでは、63分21秒までタイムを伸ばし、今後に期待させる走りを披露。ただ、2年時は3大駅伝全てでエントリーされたものの、出場することは出来なかったのは残念でした。

 

3年時、5千で14分2秒、1万mで28分56秒といずれも大学ベストとなるタイムをマーク、セカンドベストも3年時のもので、好タイムを連発しました。箱根予選では37位と上々の走り、全日本でも4区11位でまとめましたが、箱根では1区18位とチームにも苦しいスタートに…4年時は故障に苦しみましたね。。。箱根予選は未エントリーも何とか最後の全日本に間に合わせ、6区8位と初の1桁順位での走りを見せてくれました。

 

 

磯口 晋平・・・高校ベストは14分24秒、2年の全日本で初めて3大駅伝エントリーを果たしました。その後、ハーフで65分14秒をマークしています。3年時、1万mで29分25秒と大学ベストをマークすると、箱根予選では47位と上々の走り、全日本では7区10位、箱根でも7区10位とチームが苦しむ中、安定した走りを見せてくれました。

 

4年時は5千こそ14分22秒をマークして高校ベストを更新したものの、やはり故障に苦しみ、3大駅伝・予選会のいずれもエントリーされないという結果に終わったのは残念でした。

 

皆浦 巧・・・高校ベストは14分25秒、1年時に1万mで29分39秒をマークしていますね。3大駅伝にも出場こそなりませんでしたが、フルエントリーを果たしています。その後は2年時に5千で14分10秒、ハーフで63分56秒と着実に自己ベストを更新したものの、2年の箱根、3年の全日本、箱根と合計6度の3大駅伝エントリーながら、一度も走ることは叶わず…3年の箱根予選が唯一の出場でここでは75位という走りでした。

 

渡邊 智裕・・・高校ベストは14分22秒、1年時にこのベストを14分5秒まで縮めることに。出雲、全日本にもエントリーを果たしています。ハーフも65分40秒で走っていますね。しかし、まさか3大駅伝・予選会を通じてのエントリーが1年時のみしか果たせないということになるとは…

 

その後は故障などもあって姿を見せることはあまりなく、4年時に1万mで30分18秒の大学ベスト、5千では14分9秒のセカンドベストを出すまでに戻ってきましたが、ちょっと遅かったかなあ。。。

 

森 晃希・・・高校ベストは14分37秒と6人の中では最も遅いベストとなっています。5人が14分30秒切りなわけですし、他の学年に比べると持ちタイムが良く無かったとはいえ、やはり明治のスカウトは良いですよね。1年時に1万mで30分39秒、2年時に5千で14分21秒、ハーフで65分33秒といずれも大学ベストとなるタイムをマーク、2年の箱根では16人のメンバー入りを果たしました。しかし、その後は残念ながらエントリーを果たすことは出来ず…自己ベストも更新することはありませんでした。

 

喜多 悠貴・・・高校ベストは14分15秒、6人の中で最も良い持ちタイムです。1年の箱根からメンバー入りを果たしていますね。ただ、故障などもあって姿を見せることもあまり無く…その後はエントリーされることはなく、私の知る限りは1万mもハーフの距離も走っていないはず。。。それでも4年時、5千で14分15秒20と自己ベストをわずあ0.08秒ですが、ちょうど5年ぶりに自己ベストを更新したのは、最後の意地を感じました。