2017年度 4年生特集 ~駒澤大学~

本日は駒澤大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で6人となっています。全国大会に出られなかった工藤の急成長ぶりが何といっても凄まじかったですよね。その一方で箱根に出場したのは3人のみ、全体的には高校時代に実績のあった選手がもう一歩伸び悩んだ印象も・・・

 

 

工藤 有生・・個別特集済

 

中西 亮貴・・・高校ベストは14分30秒、3年時に5千で14分8秒をマークすると、全日本で3大駅伝デビュー、5区8位という走りでした。その後はハーフで63分17秒をマークすると、4年時には1万mで29分3秒まで伸ばしてきました。箱根では山下りの6区を任されたものの、区間14位と苦しい走りになってしまいました。

 

藤木 悠太・・・高校ベストは14分14秒、3年時に5千で14分9秒までタイムを伸ばし、関東インカレ2部5000mでは10位、出雲・全日本にもエントリーを果たしましたが、出場には至らず…4年時にはハーフで64分26秒、1万mでも29分11秒まで伸ばしましたが、残念ながら3大駅伝のメンバー入りには届きませんでした。

 

高本 真樹・・・高校ベストは14分1秒とこの学年でトップ、実績もトップですね。1年目から3大駅伝全てでメンバー入りを果たしています。さらに、ハーフベストも63分10秒まで伸ばすことに。2年時は1万mで29分11秒をマークし、3大駅伝にも期待が高まります。全日本の7区でデビューを果たしましたが、7区9位、箱根では4区9位と一桁順位ではあるものの、結果を残したとは言い難いかなあ…

 

3年時は5千で13分58秒と高校ベストを更新して13分台に突入、出雲では2区を任されて区間6位という結果でした・・・3大駅伝にはその後もエントリーされ続け、全12回全てでメンバー入りを果たしたものの、出場したのは4年の箱根のみ。しかし、最後の箱根では4区5位と大学ベストと言っていい走りを最後に見せてくれました。

 

板橋 賢吾・・・高校ベストは14分41秒、3年時に5千で14分26秒、ハーフでは65分16秒をマークしており、いずれも大学ベストをマークしています。4年時に1万mで29分30秒をマークし、チームトップ10に入ってくることに。しかし、残念ながら3大駅伝へのエントリーを果たすことは出来ませんでした。

 

紺野 凌矢・・・高校ベストは14分31秒、1年時にハーフで64分5秒をマーク、2年時には5千で14分16秒、1万mで29分38秒までタイムを伸ばすことに。ただ、その後タイムを伸ばすことは出来ず…3大駅伝は2,3年の全日本、2~4年の箱根と計5度のエントリー、3年の全日本が最初で最後の出場でしたが、3区12位と苦しい走りになってしまいました。