データ分析, 国士舘大学

No Image

新しく、国士舘大学の選手情報をデータベースに追加しましたので、簡単に分析してみたいと思います。これで、箱根予選を突破しそうな大学は一通り網羅出来たかなあ・・・あとは可能性があるとすれば亜細亜大学かと思いますが、現時点では国士舘大学との ...

全日本駅伝予選

No Image

全日本予選のメンバーが決定するのは6月14日ですが、それからですと、間に合わなそうなので、今のうちから徐々に語って行きたいと思います。まずは去年の結果について振り返って行きたいと思います。結果はこのようになっております。出場権は5枠と ...

全日本駅伝予選

No Image

関東インカレも終わり、6月末の全日本大学駅伝の予選会まであと1ヶ月を切りました。まずは全日本予選について説明しつつ、各大学の戦力について、1大学=1記事で分析していきたいと思います。全日本大学駅伝は11月にやりますが、予選会は6月・・ ...

データ分析, 1万m

No Image

続いては、1万mの変動について、平均持ちタイム(以後PB)が11位以下の大学について見ていきます。結果は以下のとおりです。(前半、後半とも張っているExcelは一緒なんですけどね・・・)

 

&nbs ...

データ分析, 1万m

No Image

続いては、1万mの変動について見ていきます。5000mよりも1万mに力を入れている大学が多く、大きく変動しております。結果は以下のとおりです。

 

 

2位→1位とついにトップと ...

データ分析, 5000m

No Image

関東インカレも終わって一息トラックがついたところで、各大学の上位10人における持ちタイムの変動について分析してみます。まずは5000mから・・・ちなみに、ハーフはほとんど変動が無かったため、対象外といたします。変動は下図のようになって ...

5000m, 関東インカレ

No Image

最後は1部5000mです。結果はこのようになっております。設楽兄弟が出なかったのは残念ではありますが、3位までが13分30秒台というハイレベルな決着となりました。そんな争いを制したのは山梨学院のオムワンバ、1500m、1万mに続いての ...

5000m, 関東インカレ

No Image

最後は2部の5000mについて・・・ダンカン、ゲブレシラシエの留学生2人が序盤からハイペースで飛ばし、日本人は3位集団を形成して追っていく展開だったようです。結果はこのようになっております。優勝したのは拓殖のダンカン、最後はやや詰めら ...

ハーフ, 関東インカレ

No Image

続いては、1部ハーフの結果について・・・5月の下旬で暑い時間帯に走るだけにタイムはなかなか出ず、まさに勝負となります。全体的にみてみると、しっかりと走れた選手は自己ベストから2分くらい遅れている印象でしょうか?

  ...

ハーフ, 関東インカレ

No Image

続いては関東インカレ2部ハーフの結果です。長距離の主要種目の中でも一番1部と差がつきやすいのがこのハーフなんですよねー。それはさておき、2部優勝となったのは大東大の市田宏、前日に3000m障害の決勝で3位に入っており、連戦にも関わらず ...