関東インカレ2018 エントリー考察(早大、東洋、明治)

いよいよ、関東インカレも明日に迫ってきましたね。楽しみな4日間が始まります。エントリーは公式エントリーを参照してください。最後となる今日は、1部に属する早稲田大学、東洋大学、明治大学の3校を取り上げます。

 

早稲田大学

1500m(飯島③、半澤①、齋藤③)

インターハイ1500mの覇者で3分44秒を持つルーキーの半澤、今年度3分45秒をマークしている飯島、800m、1500mと中距離で活躍を続け、3分49秒の資格タイムとなる齋藤という楽しみな3人がエントリー。いずれも決勝進出や入賞を果たしてもおかしくない3人ですよね。個人的にはインターハイ王者の半澤に期待しています~

 

5000m(中谷①、太田③、千明①)

エースの太田にNo.1ルーキーの呼び声高い中谷にこれまた即戦力ルーキーの千明と1年生が2人ですが、それでも順当なエントリーとさえ思えますよね。太田は前年度1万mで9位、今年度はベスト連発となれば入賞の可能性も十分です。中谷もルーキーながら力は抜けていますし、即入賞しても全くおかしくないほど。。。千明も高校時代の実績は豊富ですし、どこまで戦えるか楽しみですね~

 

1万m(太田③、永山④)

28分56秒のベストを持つ太田、28分25秒のベストを持つ永山と実力者が順当にエントリーも2人だけしかエントリー出来ないのは寂しいですね。永山もコンディションが気になるところで、まだ厳しそうかなあ。。。その分、太田にはダブル入賞とエースの走りを見せてほしいですね~

 

ハーフ(清水④、遠藤③、真柄③)

清水は63分8秒のベストに箱根では9区区間賞の快走、前回は20位に沈みましたが、今回は前回と違う走りを見せてくれれば。他の2人はハーフで65分10秒の遠藤、65分25秒の真柄とともにハーフ65分台&3大駅伝未経験の2人が起用されてきましたね。こういったたたき上げの選手の走りにも注目です。

 

3000m障害(岡田④、吉田②、大木③)

前回の関東インカレでは8位入賞を果たしている大木、2年連続の入賞&前回以上の走りを見せてほしいですね。吉田は前回あと一歩で予選落ち、8分51秒のベストを見ても、こちらも入賞を期待。岡田は資格タイムは9分9秒、ちょっと最近は奮わない気もしますが、最後の関東インカレで見せ場を作れるか?

 

東洋大学

1500m(大澤②、中村駆③)

3分47秒の資格タイムを持つ中村駆は前回も出場していますが、あと一歩届かずに予選落ちとなっているだけに、決勝進出、そして入賞も期待したいところです。大澤は資格タイムは3分52秒ともう一歩ですが、箱根エントリー16人に1年ながら入った選手ですし、期待大です。

 

5000m(渡邊③、相澤③、西山②)

相澤、西山がともに5千、1万mとダブルエントリーされており、まさにチームの中心選手であることが分かります。凄いのは、ここに山本修が入っておらず、ハーフのみなのに、全く見劣りしないですね。ともに箱根以降の走りを見ても、ずば抜けた走りを見せていますし・・・さらに、渡邉は13分43秒のベストを今年度出していますからね。タイムや実績からすれば、トリプル入賞も期待できるほどですよね~楽しみです。

 

1万m(相澤③、西山②、鈴木①)

相澤は1万mで28分17秒を今年度マークしており、ダブル入賞はもちろん、表彰台争いにも絡んでくるほど期待したくなりますよね。西山も1年の全日本インカレ1万mでは塩尻を上回っての3位でしたし、こちらもダブル入賞が狙えるほどです。3人目は今年いきなり29分17秒の好タイムをマークしたルーキーの鈴木を抜擢してきましたね。勢いそのままに勝負レースでも好走となるでしょうか。

 

ハーフ(山本修④、吉川②、小笹④)

前回2位に入っているエースの山本修、今回も留学生のニャイロが最大の強敵となるか。2年連続の表彰台、あわよくば優勝も期待したいほどの実力者です。吉川も箱根では4区2位と快走を見せていますし、小笹は10区区間賞ですからねえ。ともに箱根の距離では見事な走りを見せており、トリプル入賞も狙える選手が揃いました。

 

3000m障害(小室③、小田②)

小室、小田という前回の関東インカレに出場した2人が順当にエントリーされていますね。小室は前回7位入賞、日本選手権にも出場している選手ですし、連続入賞も期待されます。小田は前回、下位で予選落ちとなっていますし、資格タイムが9分8秒ということを見ても、決勝進出は厳しそうかな。

 

明治大学

1500m(河村③、佐久間①、岡田②)

なんと言っても前回2位に入り、資格タイムも3分43秒を持つ河村に期待が高まりますよね。ただ、今回は前回王者の舘澤に舟津、小林といった実績も持ちタイムも抜群の選手らが揃うだけに、2年連続の表彰台も容易では無いかと・・・さらにルーキーで3分52秒の佐久間、3分51秒の岡田がエントリー。まずは決勝進出が目標となりますね。

 

5000m(阿部③、鈴木①、前田瞬②)

13分42秒のベストを持ち、1年時も5位入賞を果たしている阿部に入賞の期待がまずはかかりますね。一時期の不調を乗り越えて、また一回り成長した姿を見せてくれていますし。前田瞬は1万mで29分3秒のベストを先月マークしているのが頼もしく、勝負レースでも結果を残していきたいところ。ルーキーの鈴木は13分56秒のベストに高校時代から勝負レースでの実績も豊富、レベルの高い1部5000mでどこまで戦えるか楽しみです。

 

1万m(坂口④、中島③、小袖②)

前回4位に入っている坂口には2年連続の上位入賞が期待されますね。今年度、5千で13分台を出すまでには戻してきましたし、ここでも結果を残してくれれば。中島は今年度28分37秒の好タイムをマークしており、その走りを関東インカレも見せてくれれば。もう一人は小袖が入ってきたのはちょっと意外かなあ。1万mは29分22秒のベスト、2年生の走りも期待ですね。

 

ハーフ(三輪③、角出④、村上②)

ハーフで63分35秒のベストを持つ三輪、前回の箱根予選は転倒&途中棄権、前回の関東インカレも途中棄権という悲劇に見舞われており・・・まずは関東インカレからリベンジを果たしてくれれば。角出はハーフ換算で64分50秒、村上は65分54秒と持ちタイム上はともに苦しいですが、どこまで喰らいついていけるか。

 

3000m障害(東島④)

8分56秒の資格タイムを持つ東島が唯一のエントリーですね。1人だけですが、2年時には7位入賞、3年時は5位入賞と2年連続でポイント獲得している選手ですからね。3年連続の入賞を見せて欲しいところ。