早稲田大学 【2018年度 戦力分析】 ~スーパールーキーの加入でさらなる高みへ~

続いては、早稲田大学について、新年度の戦力を見ていきます。前年度は出雲9位、全日本では7位でシード落ちとなってしまったものの、箱根では3区以降は常に総合5位以内、最終区で3位に入り、全日本の推薦出場も確保しました。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。

 

 

4年生・・・エースとして活躍が期待される永山…2年時はまさにエース級の活躍を見せていましたが、故障もあった3年時は全日本で6区3位だったものの出雲、箱根は奮わず…その後は記録会でもなかなか結果を出せず、最終学年で元気な姿を見せてくれれば良いのですが、ちょっと心配です。

 

箱根で好走を見せたのが清水、9区区間賞と会心の走りを見せてくれました。出雲、全日本もエントリーはされていますし、3大駅伝全てで活躍が期待されます。他に3大駅伝経験者はいませんが…前回の全日本には西田が、箱根には小澤がエントリーされていますね。ちょっと例年に比べると4年生の選手層が薄いだけに、永山、清水以外に3大駅伝出場を果たす選手が出てきてくれれば。

 

3年生・・・チームのエースへと成長を遂げたのが太田智、全日本で1区3位、箱根で2区6位と好走を続ける一方、3年になって5千、1万mでベスト連発とチームで最も好調な選手と言えるのでは。今後も他大のエースに負けない走りを期待したいですね。

 

続くのは本来であれば5千で13分47秒を持つ新迫なのですが…昨年度は出雲で4区10位、全日本で3区9位と力を発揮できず。。。永山同様、新迫も完全復活が待たれるところです。他には、前回の箱根で8区14位、3000m障害でも強さを見せる大木、箱根にエントリーされた遠藤、5千で14分19秒、1万で29分54秒とベストを立て続けに更新している真柄らがおり、徐々に選手層も厚くなってきましたね。

 

2年生・・・5千で14分4秒、1万mで29分17秒のベストを持つ宍倉、高校時代にロードでの実績が抜群である吉田の二人がこの学年の中心かなあと。。。しかし、宍倉は全日本で5区20位、吉田は7区15位とともに苦すぎる3大駅伝デビューとなってしまいました。

 

そんな中、この学年で唯一箱根出場を果たしたのが渕田、6区11位とまずまずの走り、その後ハーフも64分54秒まで縮めており、長い距離で結果を残しつつありますね。他の選手はまだ、5千で14分40秒台以降であったりと、ちょっと力不足は否めないだけに、新戦力の台頭が待たれるところです。

 

1年生・・・今年度、最もスカウトが良かった大学の1校としてもあげられる早稲田、その最たる理由がNo.1ルーキーである中谷の存在でしょう。この学年では無敵を誇り、都大路で1区区間賞、都道府県対抗で5区区間賞を含め、3年時は日本人高校生に負けなかったような…大学に進んでからも、早速1万mで29分19秒とベストを縮めるなど活躍をしている中谷、1年目からどれだけの走りを見せるのか今から楽しみです。

 

もちろん、中谷だけではありません。都道府県対抗で1区3位、5千で13分58秒のベストを持つ半澤、都道府県対抗で5区6位、14分3秒のベストを持つ千明と3人がすでに持ちタイムでトップ10入りを果たしています。好タイム・駅伝での実績をともに有する選手たちが、早い段階からチームに貢献してくれることでしょう。

 

さらに、太田智の弟である太田直は早速5千で自己ベストを更新しており、兄に続いて活躍が期待されますね。駅伝での実績も豊富ですし、こちらも即戦力となる可能性も十分です。1年生が、いきなりチームの中心となってもおかしくないほど、楽しみな選手がずらりと揃っています。


PAGE TOP