東京国際大学 【2018年度 戦力分析】 ~初の箱根連続出場を目指して~

続いては、東京国際大学について、新年度の戦力を見ていきます。前年度は箱根予選をラストで逆転して10位、2年ぶり2度目の出場を果たしました。しかし、箱根本選では3区終了時で最下位に沈み、その後やや巻き返したものの、2年前と同じ17位に終わっています。登録している選手一覧はこのようになっております。

 

 

4年生・・・前後の学年に選手が揃っていたこともあり、やや苦戦を強いられている学年となっていますかね。箱根経験者はわずかに1人、河野は前回の箱根で6区8位と好走しています。箱根予選は2年連続でチーム11番手だっただけに、山下りの快走は驚きました。次は、平地でも活躍を期待したいところ。

 

他には、前回の箱根予選を走っている浦馬場、堤がいますね。特に堤はチーム5番手で走っていますからね。さらに、箱根16人に入った山田もいますし、どうしても注目を集めるのは選手が揃う3年生ではありますが、4年生も負けじと活躍を期待。

 

3年生・・・チームのエースであるタイタス、日本人エースである伊藤がこの学年に揃います。タイタスは関東インカレ2部5000mで3位に入っていますし、上級生となって他の留学生にも負けない走りを見せてくれれば。伊藤は箱根予選で28位と好走、箱根でも2区15位で走っていますからね。こちらも心配な無さそうです。

 

他には、箱根予選では122位だったものの、箱根では10区6位と好走した相沢、箱根予選で89位、箱根でも1区を任された真船と有力選手が揃いますね。他にも、全日本予選で2組14位、箱根にエントリーされている佐藤、同じく全日本予選に出場した鈴木正らがいますし、1万mで29分40秒台の牧野、内山もいますし、今年度、チームの中心となる学年ですね。

 

2年生・・・30歳ルーキーとして注目を集めた渡邊、箱根予選では139位に留まりましたが、箱根では7区7位と上々の走りを見せています。やはり、勝負レースでの強さはさすがです。他には佐伯が全日本予選で3組24位、箱根でも8区17位で走っています。まずはこの二人が中心となってくるでしょうか。

 

持ちタイムでは、5千で14分16秒の中島、14分21秒を持つ内田らがいますし、加藤は箱根予選にチーム最下位ではありましたが、出場しています。東国大で最もスカウトが良かったと言われる学年ですし、3年生に負けじと選手層を厚くしていってほしいところ。

 

1年生・・・5千で14分12秒のベストを持つ芳賀が早速持ちタイムでトップ10入り、都大路や都道府県対抗では苦戦していますが、大舞台を経験しているというのは大きいですし、早い段階で戦力となってくれれば。

 

他には14分30秒台では32秒の会田、34秒の山本、35秒の戸塚、39秒の戸高と持ちタイムはまずまず・・・1年目から台頭してくる選手も安定して出てきている東国大、この学年にも期待です。


PAGE TOP