クロカン日本選手権2018結果 ~大迫が貫録の優勝~

本日、クロカン日本選手権が行われました。日本クロカン結果が公式サイトに載っております。シニア男子10km、U20男子8kmの結果を振り返ります。日本クロカン、テレビでやってくれるのは嬉しいですが、録画なのが残念ですよね。どうしても長距離種目は時間がかかる分、駅伝とかでないとリアルタイムが難しいのかなあ…

 

~シニア男子10km~

日本最強ランナーの大迫が出場するということで注目が高まった今大会、やはり強かったですね。後半に集団から抜け出すと、その後は一度も追いつかれることのないままゴール、最後はやや詰められましたが、強さを見せてくれました。4秒差の2位に愛三工業の山口、前回も好走していますが、今回は2位にまで入ってきました。ここ最近は高いレベルで安定した強さを見せています。

 

大学生では何といっても東洋大の活躍が目立ちました。学生トップで3位に入った西山、4位の今西、6位の渡邉と実業団選手も出る中で6位以内に3人が入ってくるとは素晴らしい。箱根でも往路優勝をはたした東洋、まだ駅伝はだいぶ先ですが、今から楽しみになってしまうほどですね。ルーキー西山の活躍は特に凄まじく…大学1年世代の中でも頭1つ抜け出た存在となりました。

 

5位にHONDAの木村、故障などもあって実業団では苦労していましたが、今回は元気な姿を見せてくれましたね~引き続き怪我無く活躍してくれれば。7位にTOYOTAの西山、ニューイヤー駅伝は出場出来ませんでしたが、社会人1年目から安定した走りを見せています。大学時代は苦労することも多かっただけに、また社会人でさらに羽ばたいてくれれば。

 

8位にはカネボウの平、こちらも社会人1年目からずっと安定していますよね。高卒ルーキーの遠藤は14位に留まり、ニューイヤー1区区間賞の実力者からするともう一歩だったかな。

 

20位以内で大学生を見ていくと…9位に箱根1区で好走した國學院の浦野、10位に箱根5区を走った東海の松尾が入っていますね。終盤まで2位集団に食らいつく走りを見せてくれました。12位には箱根4区を走った青学の梶谷が入り、大学生上位6人(西山、今西、渡邉、浦野、松尾、梶谷)までが世界大学クロカンの代表かな?箱根を走った実力者たちが順当に上位に入っていていますよね。

 

さらに16位には故障明けながら箱根3区で好走した中央の中山、17位に箱根4区を走った大東大の奈良、20位に箱根では16人に入れなかった駒澤の物江が入っています。物江には走りでもチームを引っ張っていってほしいですね。

 

~U20男子8km~

日本人高校生に負けなしの走りを続ける佐久長聖の中谷が2位に12秒差をつける走りで順当に優勝を果たしました。本当に負けないですね。大学で1年目からどんな走りを見せてくれるのか今から楽しみです。都大路を制した佐久調整勢はここでも大活躍、3位に3区を走った松崎、5位に4区を走った本間、7位に2区を走った服部と上位7人のうち4人が佐久長聖という凄まじさです。

 

留学生のいないチームが都大路を連覇するのはここ最近は例がなく、非常に難しいと思いますが、松崎、服部に都大路で好走した鈴木らもいますし、来年度の佐久長聖もまた優勝候補に名を連ねてきそうです。2位に入ったのが西脇工業の三浦、都大路は出場出来ませんでしたが、13分台ランナーであり、高いレベルで安定していますよね。こちらも即戦力として楽しみ。西脇工業では10位に藤本が入ってきていますね。

 

4位に入ったのが浜松日体の鈴木、都大路では3区で好走した2年生、1区で好走した太田も9位に入ってきており、都大路で6位に入ったメンバーが順当に力を見せました。6位に専修大松戸の中光、8位に八千代松陰の佐藤と残る8位以内は千葉勢が占めることに。今回は市立船橋が都大路に出ており、やはり千葉は屈指の激戦県ですよね~特定の高校に選手が集まれば恐ろしいことになりそうですが…


PAGE TOP