2017年度 4年生特集 ~国士舘大学~

スピードスケート女子500m、絶対的優勝候補と言われるプレッシャーの中、勝ち切る小平、強かったですね。羽生の時とはまた違った感動が…本日は国士舘大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で9人と人数が多いですね。1,2年時は苦しみましたが、3,4年時は箱根出場を果たし、5人が箱根出場を果たすなど活躍を見せました。

 

 

三田 眞司・・・高校ベストは14分23秒、高校時代の実績も含め、この学年ではトップですね。2年時に5千で14分17秒、1万mで29分7秒と持ちタイムも良いです。箱根予選は4年連続で出場していますが、371→184→119→154位で3年時以外は全てチーム11番手、なかなかチームに貢献する走りが出来ませんでしたね…

 

全日本予選は1,2年時に出場しており、1組29位→2組37位…3大駅伝は3年の全日本で3区15位、4年の箱根で7区18位となっており、持ちタイムに比べると、勝負レースでの走りというのが、どうしてももう一歩結果を残せませんでした。。。

 

八巻 雄飛・・・高校ベストは15分37秒ながら、3年時には14分18秒までベストを縮め、1万mでも29分15秒の好タイムをマークしています。箱根予選は4年連続で出場、225→121→192→34位となっており、3年時まで苦しみましたが、最後にチーム2番手の好走を見せてくれました。

 

全日本予選は3,4年時に出場しましたが、2組9位→1組11位とどちらも10位前後という安定した走りを見せてくれました。3大駅伝では3年の全日本でエース区間の2区で18位、箱根では3区19位と苦しみ、4年の箱根はエース区間の2区に抜擢されて区間16位、上級生になって力をつけてきましたが、やはりエース区間では苦戦を強いられました。

 

辻田 拓真・・・高校ベストは15分台のはず。。。それでも4年時には1万mで29分35秒までタイムを縮めています。3年の箱根予選に出場し149位とまずまずの走り、全日本、箱根ともにエントリーを果たしました。4年時には箱根予選でチーム6番手の58位と好走、箱根でも9区を任されて区間16位で走り切りました。

 

近藤 航・・・高校ベストは14分40秒、このタイムは大学で更新出来ていませんが、1万mでは29分42秒まで伸ばしてきました。ハーフでは2年時の66分56秒が大学ベストかなあ。なかなか3大駅伝・予選会へのエントリーは果たせませんでしたが、最後の箱根で出場こそ出来ませんでしたが、16人のメンバー入りを果たしています。

 

守屋 太貴・・・高校ベストは15分台のはず…それでも2年の箱根予選から出場、ここではチーム最下位の226位と苦しい走りでした。3年時、5千で14分33秒、1万mで29分48秒、ハーフで65分29秒といずれも大学ベストとなるタイムをマーク、箱根予選ではチーム9番手の143位という走りでした。

 

3年の全日本、箱根、4年の全日本予選、箱根予選とエントリーされながらなかなか出場を果たせませんでしたが、最後の箱根では8区で出場、区間14位とまずまずの走りを見せてくれました。

 

本多 将貴・・・高校ベストは14分38秒、1年時に14分22秒と大学ベストとなるタイムをマークしており、箱根予選にも1~3年時まで3連続で出場、252→113→190位となっており、2年時の走りがチーム6番手で最も良かったですね。3大駅伝には3年の箱根で出場を果たしたものの、8区19位と苦しい走りになってしまいました。

 

谷村 亮太・・・高校ベストは14分54秒、2年時にハーフで65分33秒をマークし、一時はチームトップ10にも入ってきたはず…1万mも3年時には30分3秒をマークしていますね。こちらもトップ10入りのはず。。。持ちタイム的にはメンバー入りを果たしてもおかしくないのですが、残念ながら3大駅伝・予選会へのエントリーはありませんでした。

 

星川 賢二郎・・・高校ベストは15分ジャスト、2年時に5千で14分36秒、1万mで30分11秒をマークし、1万mではトップ10入りを果たすこともあったはず。ただ、ハーフは66分36秒にとどまり、3大駅伝・予選会へのエントリーは果たせませんでした。

 

岩崎 俊希・・・高校ベストは15分21秒、2年時にハーフで65分45秒を出しており、トップ10に入ってきています。その後、ハーフで65分34秒まで伸ばしています。3年時に5千で14分44秒、1万mは4年時の30分27秒とタイムはもう一歩伸ばせず、3大駅伝・予選会へのエントリーにも届きませんでした。


PAGE TOP