2017年度 4年生特集 ~日本大学~

本日は日本大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で9人となっています。3大駅伝経験者が6人おり、いずれも複数回の出場を果たしています。2年時は全日本予選で2位、箱根予選でトップ通過も果たしましたが、4年時はいずれも予選落ちで3大駅伝に出場出来ませんでした。

 

 

岡野 佑輝・・・高校ベストは14分53秒ながら、3年時には5千で14分8秒、1万mでは29分20秒までタイムを伸ばしています。2年時に箱根予選で74位と上々の走りをマークしたものの、全日本では7区20位、箱根では8区19位といずれも苦しい走りになってしまいました。

 

3年時は全日本予選で3組27位、箱根予選で127位とまずまずの走りも全日本では3区22位と本選となるとどうしても結果を残せなかったかなあ。4年時は全日本予選の最終組で34位、箱根予選も148位と年々順位を落としてしまいました。

 

高野 千尋・・・高校ベストは14分29秒と9人中トップ、1年の箱根から出場を果たしましたが、4区で最下位に沈んでしまいました。2年時は箱根予選で106位と上々の走りを披露、全日本で6区12位、ハーフも63分46秒まで伸ばしています。3年時は箱根予選こそ250位に沈んでしまいましたが、箱根では3区14位で走っており、まずまずですかね。

 

4年時は1万mで29分31秒をマーク、全日本予選に初めて出場し、3組33位でもう一歩でしたかねえ。箱根予選では65位と初めての二桁順位で走ったものの、この順位で2番手ではチームとしても苦しく、箱根出場も逃してしまいました。。。

 

石井 健登・・・高校ベストは14分47秒ながら、4年時には14分2秒までタイムを伸ばしています。2年時には1万mで29分43秒をマーク、箱根予選に出場し132位とまずまずの走り、箱根にも出場を果たしましたが、7区18位と苦しい走りになりました。

 

3年時は全日本予選に出場して1組25位、全日本にも初出場していますが、5区17位と奮いませんでした。4年時は2年ぶりの箱根予選に出場するも160位ともう一歩・・・この学年、持ちタイムは決して悪くなかったのですが勝負レース、特に本選で苦戦する選手が多かったですね。。。

 

山崎 一輝・・・高校ベストは14分52秒ながら、2年の全日本予選で1組17位と上々の走り、箱根予選で46位で走り注目を集めることに。全日本で5区10位、箱根も10区14位と安定の走りを見せています。3年の箱根予選も76位と2年連続の好走、最長区間を任された全日本では8区10位、これが大学ベストレースだったかなあ。

 

期待された箱根では復路のエース区間である9区を任されるもまさかの区間最下位に沈んでしまいました。この学年では、川口とともに安定感のある選手だったのですが・・・最後の箱根予選はエントリー止まりで出場出来ませんでした。

 

川口 賢人・・・高校ベストは14分46秒、2年の箱根予選に出場しましたが、ここではチーム最下位の217位に沈んでしまいました。活躍を見せたのは3年時、全日本予選で3組8位と好走、箱根予選を92位でまとめています。

 

3大駅伝、全日本では4区8位、箱根では5区6位と素晴らしい走りを見せました。3大駅伝に2度出場し、どちらも結果を残しているのがお見事ですね。4年時は全日本予選で2年連続の3組を任されましたが、ここでは31位と苦戦、最後の箱根予選では116位とまずまずの走りでした。

 

金森 純丸・・・高校ベストは14分45秒、タイムを伸ばしてきたのは1年時でしたね。5千で14分28秒、1万mで29分56秒、ハーフで66分36秒の大学ベストはいずれも1年時にマークしたものでした。1万mのベストは一時チームトップ10に入ったことも。しかし、その後はタイムを伸ばせず、3大駅伝・予選会のエントリーも果たせませんでした。

 

町井 宏行・・・高校ベストは14分32秒、1年時に1万mで29分57秒、2年時に5千で14分15秒までタイムを伸ばしています。1年の箱根では8区16位に沈んでいますが、2年の6区では区間5位と快走、3年時も11位と上々の走りを見せています。やはり、町井宏は山下りの活躍が目立ちますね。箱根予選では3年時に出場、155位で走っています。

 

新関 涼介・・・高校ベストは14分47秒ながら、1年の全日本予選から出場、1組35位と苦しみました。5千で14分32秒、ハーフは65分9秒と大学ベストはいずれも1年時のものですね。箱根にもエントリーを果たしています。2年時は全日本予選で1組15位と好走、箱根予選でも125位とまずまずの走りを見せているんですよね。しかし、3年以降は3大駅伝・予選会のエントリーはありませんでした。

 

町井 孝行・・・高校ベストは14分51秒、5千のベストは3年時の14分45秒、1万mは4年時に30分29秒、ハーフは2年時の67分5秒となかなかタイムを伸ばすことは出来ず…それでも、4年の箱根予選に出場こそ出来ませんでしたが、最初で最後のエントリーを果たしています。


PAGE TOP