2017年度 4年生特集 ~神奈川大学~

本日は神奈川大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で8人となっています。箱根には4年生が全員エントリーされたことでも注目を集めましたね。3年時の箱根5位、そしてなんといっても4年時の全日本での優勝の中心となり、神奈川復活に欠かせない学年となりました。

 

 

鈴木 健吾・・個別特集済み

 

鈴木 祐希・・・高校ベストは14分38秒、2年の箱根予選でいきなり35位に入って注目を集めました。しかし、箱根6区では15位と苦しい走りに…一気に伸びたのは3年時、1万mで28分52秒を叩き出し、全日本予選で2組3位、箱根予選53位、そして2年連続の箱根6区では区間4位と見事にリベンジを果たしました。

 

そして4年時、関東インカレ2部5000mで日本人トップの5位に入ってきたのにはびっくりしました。全日本予選でも3区3位と安定の走り、さらに5千は13分49秒まで縮めてきました。そして迎えた最後の駅伝シーズン、出雲は3区10位に留まるも、全日本では4区5位でまとめてチームの優勝に貢献、しかし最後の箱根には故障で間に合わず、出場出来なかったのが残念過ぎました。

 

大塚 倭・・・高校ベストは14分28秒、1年の箱根こそエントリーされたものの、3大駅伝デビューは3年の箱根まで待つこととなりました。そこでいきなり8区2位に入り、チームの5位に貢献、すると4年時は素晴らしかったですね。関東インカレ2部ハーフで5位に入ると、全日本予選も3組4位とハイレベルな走り。

 

タイムも5千で13分47秒、1万mで28分59秒まで伸ばしてくることに。そして迎えた最後の3大駅伝、出雲こそ6区9位に留まりましたが、全日本は2区7位、そして箱根では準エース区間となった4区で区間賞と会心の走りを見せてくれました。長い距離での強さが特に際立っていました。

 

大川 一成・・・高校ベストは14分15秒、1年時から3大駅伝・予選会に出場を続けました。箱根予選では1年から3年連続で出場して68→104→138位となっており、年々順位を落としてしまったのは残念でした。全日本予選も同じく3年連続出場、1組18位→2組9位→3組12位と3年連続で結果を残しました。

 

5千の14分10秒、1万mで29分15秒というベストはいずれも3年時にマークしていますね。3大駅伝では出雲こそ未出場ですが、全日本は1,4年時に出場して5区8位→7区4位といずれも1桁順位で走っていますね。そして、箱根には4年全てに出場、1年時は3区18位に沈みましたが、10区8位→9区9位→7区13位と復路で安定した走りを見せてくれました。

 

大野 日暉・・・高校ベストは14分17秒、意外にも出雲、全日本は1度も出場していないんですよね。。。その一方で箱根予選は1年時から3年連続で出場、101位→40位→96位と大きく崩れることのない走りを続けました。全日本予選も3年時に出場し、3組17位という結果に。

 

3大駅伝で唯一出場した箱根では4年連続の出場、8区9位と1年目から一桁順位で走ると、9区13位→5区14位→9区8位となっており、ずば抜けた走りは無かったかもしれませんが、崩れる走りも無かったですね。1年時から安定した走りを続けてくれました。

 

枝村 高輔・・・高校ベストは14分44秒、2年の箱根予選では156位ともう一歩の走りでしたが、箱根の16人にも入ってきました。その後は3年の箱根予選、4年の全日本にエントリーされますが、出場には至らず…しかし、最後の箱根で念願の3大駅伝デビューを飾ると、10区7位と上々の走りを見せてくれました。

 

西田 秀人・・・高校ベストは14分32秒、3年時に1万mで29分30秒をマーク、箱根予選にも出場しましたが、ここでは203位と苦しい走りになってしまいました。箱根には2年時から3年連続でエントリーを果たしたのですが…残念ながら箱根出場には届きませんでした。

 

秋澤 啓尚・・・高校ベストは14分45秒、8人の中では最も悪いタイムでした。その後、2年の箱根、3年の全日本予選にエントリーを果たしていますね。そして4年時、ハーフで63分35秒をマークすると、最後の箱根では8区で3大駅伝初出場、区間6位ときっちりと好走を見せてくれました。


PAGE TOP