2017年度 4年生特集 ~中央学院大学~

本日は中央学院大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で6人となっています。この学年が入って以降、箱根では4年連続シード獲得、一度もシードを失うことはありませんでした。全日本でも2年連続シードを獲得するなど、中央学院がシード常連となっていく中で、チームに貢献してくれた学年でした。

 

 

大森 澪・・・高校ベストは14分33秒、1年目から箱根予選で91位と上々の走り、一方で全日本では5区18位とほろ苦い3大駅伝デビューとなりました。その後ハーフで62分47秒をマークして、注目を集めることに。飛躍を遂げたのが2年時、全日本予選で3組11位で走ると、出雲こそ1区13位でしたが、全日本は8区5位、箱根でも2区10位と主要区間できっちりと結果を残しました。

 

3年時は全日本予選こそ4組30位と苦しみましたが、関東インカレ2部ハーフでは2位、1万mで6位とダブル入賞、駅伝でも出雲3区6位、全日本1区9位、箱根1区8位と主要区間を1桁順位で走りました。4年時は1万mで28分56秒と28分台ランナーに。3大駅駅伝は全て1区、出雲3位、全日本6位、箱根9位と高いレベルで安定するスターターとしてチームに貢献しました。

 

細谷 恭平・・・高校ベストは14分29秒、1年時は故障でほぼ姿を見せず…2年時は出雲、全日本こそエントリー止まりでしたが、1万mで29分25秒を出すと、箱根ではいきなり8区3位の快走を見せて注目を集めることに。3年時は全日本予選で2組12位、そしてなんといっても箱根5区ですよねー。

 

出雲、全日本は未エントリーながら、区間3位の快走を見せてチームの6位に大きく貢献しました。4年時は関東インカレハーフで3位と表彰台に上ると、全日本では8区9位でシード獲得、2年連続の5区では出遅れたチームを一気に押し上げ、4年連続シード獲得の立役者となりました。

 

由見 光道・・・高校ベストは14分52秒、1年時からハーフでは65分40秒をマークしていたものの、なかなか3大駅伝へのエントリーには至らず…そして迎えた最終学年、5千で14分31秒、1万mでは29分36秒、さらに29分26秒と好タイムを連続でマークすると、全日本、箱根とエントリーを果たしました。残念ながら出場はなりませんでしたが、4年時に大きく伸びた選手でした。

 

新井 翔理・・・高校ベストは14分46秒ですが、2年時に関東インカレ5000mで10位に入って注目を集めると、全日本予選では2組22位でしたが、出雲5区5位、全日本6区8位、箱根4区13位といずれも安定した走りを見せました。

 

3年時は全日本こそエントリー止まりも、出雲2区4位、箱根4区11位と崩れない走りというのは頼りになりますね。4年時は5000mで13分57秒と13分台ランナーに。全日本では初の主要区間となる2区で9位とまずまずの走り、最後の箱根も7区6位で締めくくりました。

 

水野 優・・・高校ベストは14分44秒、2年時に1万mで29分42秒をマークし、全日本予選、箱根にエントリーされるも出場はならず…3年時は29分32秒までベストを縮め、全日本もエントリーされましたが、これが3大駅伝最後のエントリーとなり、残念ながらいずれも出場は叶いませんでした。4年時はハーフも64分24秒まで伸ばしているんですけどね。選手層が厚くなった今のチームではあと一歩届かなかったか。。。

 

坂元 大介・・・高校ベストは14分53秒、一気にタイムを伸ばしたのは3年時でした。5千で14分17秒、1万mで29分57秒、ハーフの64分25秒といずれも大学ベストとなるタイムをマークしています。3大駅伝でも全日本予選、出雲、箱根にエントリーされたのですが…出場までにはあと一歩至らず。4年時は残念ながら、エントリーメンバーに入ることも叶いませんでした。


PAGE TOP