第94回箱根駅伝 東京国際大学 区間配置予想 ~最下位通過からの下剋上へ~

続いては、東京国際大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根予選では、まさかの15位に沈んで連続出場を逃したものの、今年度は、ラスト1kmでの逆転で10位、見事に2年ぶり2度目の箱根出場を決めました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:S・スタンレイ、鈴木 博斗、濱登 貴也、鈴木 聖人、新田 裕貴

3年:河野 歩、山田 大地、浦馬場 裕也、堤 完一

2年:伊藤 達彦、真船 恭輔、佐藤 雄志、

   相沢 悠斗、菅原 直哉

1年:佐伯 涼、渡邊 和也

 

箱根予選を走った選手で外れたのは12番手だった加藤が外れただけですね。全日本予選で好走した鈴木博が戻ってきたのは大きいです。一方で全日本予選に出場した鈴木正は箱根予選に続いて外れています。また、留学生はスタンレイ1人でタイタスが外れたのはちょっと意外だったかなあ。そんな東京国際大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

伊藤(2)ースタンレイ(4)ー渡邉(1)ー鈴木博(4)ー濱登(4)

河野(3)ー佐伯(1)ー堤(3)ー真船(2)ー新田(4)

 

1区は伊藤、2区を順当に留学生に任せるとなると、1区はやはり日本人エースの伊藤かなあと。箱根予選も28位ですし、ここで食らいついてくれれば。2区はスタンレイ、前回は13位ともう一歩でしたが、2区を走るのはエースかなあと。2年前の経験を活かして安定感のある走りを見せてくれれば。

 

3区は渡邊、箱根予選は9番手でしたが、監督の期待も大きいですし、これまでの実績は段違いですからね。ある程度戻っているのであれば、往路を走ってほしい選手です。4,5区は前回出場時と同様に鈴木博、濱登にしました。鈴木博のコンディションが気になるところではありますが、万全であれば伊藤とともにエース格の1人ですし、貴重な存在となります。

 

5区濱登は監督も示唆していますし、まず間違いないかと…なんといっても前回5区7位で走っている選手、箱根予選も3番手で走っていますし、最も計算できる選手の1人ですからね。ここで、大きく稼ぎたいところ。6区は河野、佐伯が候補ということでしたが、河野としました。箱根予選も走っていますし、本人も希望していましたからね。

 

7区は佐伯、6区候補は7区候補でもあるという話だったので、6区が河野ならば、7区は佐伯ということになるのかなあ?全日本予選は3組に抜擢され、1万mも29分39秒まで伸ばしており、楽しみなルーキーですね。8区は堤、箱根予選も96位と上々の走りでしたし、箱根10人には入ってくるかなあと。やや消去法ですが、8区としました。

 

9区は真船、箱根予選89位、1万mも29分27秒まで伸ばしてきましたし、主力の1人として、復路のエース区間を走ってほしいかなあ。10区は新田、本人も希望しているようですし、箱根予選も109位と上々の走り、10区は4年生といういつものパターンではありますが…

 

前回は初出場ながらシード権争いに絡むなど大いに見せ場を作った東京国際大学、総合では17位と初出場としては上出来の結果となりました。出場出来なかった前回はライバルの創価が12位と躍進、東京国際としても負けていられないですねー。スタンレイが走るとなれば、5区に加えて2区も計算できるというのが大きいですね。

 

前回は6区も一桁で走っていますし、初出場で山が両方1桁というのは素晴らしかったです。さらに、日本人エースの伊藤がおり、渡邉も経験豊富ですし、走れるならば鈴木博も…箱根予選最下位とはいえ、選手は揃っているんですよね。前回のように見せ場を作る走り、期待したいです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP