第94回箱根駅伝 神奈川大学 区間配置予想 ~全日本に続いての2冠へ好機~

続いては、神奈川大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では2区終了時でトップに躍り出ると、総合でも5位で見事にシードを獲得しました。そして、今年度は、出雲こそ6位でしたが、全日本では1区から好位置をキープすると、アンカー鈴木健が逆転、見事に20年ぶりの優勝を果たしました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:鈴木 健吾、鈴木 祐希、大塚 倭、大川 一成

   大野 日暉、枝村 高輔、西田 秀人、秋澤 啓尚

3年:山藤 篤司、多和田 涼介、田中 翔太

2年:越川 堅太、宗 直輝、荻野 太成、安田 共貴

1年:北崎 拓矢

 

8人いる4年生が全員エントリーされてきました。人数が揃うだけではなく、鈴木健、鈴木祐、大塚といった主要区間を任される選手が揃っています。まさに今年度は勝負の年ですね。全日本予選で1,2組を任された2年生カルテットも揃っており、順当なエントリーと言えそうです。そんな神奈川大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

山藤(3)ー鈴木健(4)ー越川(2)ー大塚(4)ー荻野(2)

宗(2)ー安田(2)ー大野(4)ー鈴木祐(4)ー大川(4)

 

1,2区は前回と同様に山藤、鈴木健の二人がやはり順当ですよね。山藤は1区で3大会連続区間5位以内、さらに力をつけていますからね。1区となれば区間賞候補の1人ですよね。そして、2区鈴木健はいまさら語るまでもない日本人大学生No.1ランナー。前回の箱根2区でも区間賞を獲得しており、2年連続の区間賞に期待。

 

前回と同じ1,2区ならば、2区終了時でトップに立っている可能性が最も高いのが神奈川大ですよね。となると、大事になってくるのが3区ですが…ここも前回3区の越川が良いのかなあ。前回は3区15位に沈みましたが、今年度は全日本で5区区間賞と会心の走りを見せてくれましたからね。力をつけて、準備も前回以上に出来ているでしょうし、ここでさらに後続を離すような走りを見せてくれれば。

 

4区は大塚、今年度は1万mで28分台をマークし、主要区間を任されるまでになりました。箱根も8区2位、関東インカレハーフ入賞など長い距離の実績も抜群ですし、往路の主要区間を走ってほしい選手です。5区は前回走った大野や候補として名前が挙がる荻野あたりがいますが…荻野と予想しました。関東インカレ3000m障害連覇、3大駅伝でも安定している走りを見せる荻野に走ってほしいなあと。

 

6区も前回経験者の鈴木祐と本人も希望する宗あたりが候補かと思いますが…こちらも2年の宗としました。鈴木祐が走る可能性も十分ありますし、計算できる選手ですが、ほかの優勝候補に比べて選手層が薄い状況なだけに、鈴木祐は平地にとっておきたいかなあと。7区は安田、全日本での6区4位は見事な走りでした。箱根でも10人に入ってくるであろう選手ですし、となると比較的走りやすい7区あたりが良いかなあと。

 

8区は大野、前回5区経験者ということで、5区以外ならば上りのある8区の可能性が高いかなあと。出雲、全日本がエントリーされなかったことから、5区は回避かなあと思いましたが、万全の状態であれば、再度の5区も見てみたい気がします。

 

9区は鈴木祐、鈴木祐を6区以外に起用するのであれば、復路のエース区間である9区が良いかなあと。往路の3,4区も面白いと思いますが…6区は個人的にはもったいないかなあと。10区は大川、全日本では7区4位と上々の走り、箱根も2年連続で1桁順位で走っていますし、最後は最上級生に締めて欲しいというのもありますからね。

 

区間配置はともかく、前回の箱根以降の走りを見る限りは、今回予想した10人が走る可能性が高そうですよね。いずれも3大駅伝をこの1年で走っている選手となります。そして、11番手以降となると、やはりちょっと力の差があるのかなあというのが現状ですかね。それだけに、ベストメンバーを組めるかどうかがとにかく大事になってきます。

 

全日本はまさに理想的な走りで栄冠を手にした神奈川大学、今回の箱根も4年生に主力がずらっと揃い、箱根優勝を狙うには絶好のチャンスとなっています。箱根優勝を狙える機会というのはそうそうあるものではないですし、同じく優勝候補に挙げられる青学、東海を始めライバルも強力ではありますが、全日本の走りの再現&箱根優勝、期待したいものです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP