第94回箱根駅伝 拓殖大学 区間配置予想 ~4年ぶりのシード獲得に向け、戦力充実~

続いては、拓殖大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では西、デレセ、宇田、戸部、馬場ら主力は好走したものの、他の選手は苦戦する区間が多く総合14位でシード落ち。今年度は、エースのデレセが万全でないながらも5位通過、層の厚さを見せました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:西 智也、苅田 広野、土師 悠作

3年:W・デレセ、馬場 祐輔、鈴見 侑大、戸部 凌佑、

   硴野 魁星、長田 悠太郎、白髪 大輝

2年:赤﨑 暁、中井 槙吾、藤井 拓実

1年:石川 佳樹、吉原 遼太郎、清水 崚汰

 

箱根予選を走った12人全員が無事にエントリーされていますね。山本、今滝といった箱根経験者は外れていますが、今年度の状況からすればしょうがないかなあと。16人中12人がこの1か月の間に1万mで自己ベストを更新しており、チーム状態も良さそうです。そんな拓殖大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

西(4)ーデレセ(3)ー馬場(3)ー赤崎(2)ー戸部(3)

硴野(3)ー苅田(4)ー鈴見(3)ー中井(2)ー土師(4)

 

比較的区間配置などを語る監督なので…とりあえず、前回2区2位のデレセ、5区11位の戸部はそのままということで。デレセも万全であれば区間賞候補の1人ですし、戸部も箱根予選を見る限り、さらに力をつけていて前回以上の走りを期待できそう。1、3区は西と馬場ということですが、前回走っている1区西が無難かなあと。箱根予選、学連記録会と好走を続けていますし。

 

馬場も前回6区は意外でしたが、本来であれば主力の1人として主要区間を走ってほしい選手、6区経験者ということで、下り基調の3区の方が良いのかなあという思いがあります。4区は悩ましいところですが、赤崎にしました。赤崎は復路に残したい気もしますが…4区の重要度は増していますし、箱根予選トップ5をそのまま往路に注ぎ込むことになりそうかなあと。

 

6区は硴野、相変わらず分からない区間ですが、本人が希望している&箱根予選で好走しているということで…拓殖において6区は命運を左右する区間にもなっていますからね。力のある選手を起用したいところ。7区は2年連続で苅田、今年は全日本予選、箱根予選ともに出場していないのは気になりますが、今月の1万mではベストを出していますし、数少ない4年生なだけに走ってほしい思いもあります。

 

8区は鈴見、箱根予選では2桁順位で1万mでもベスト更新と勢いのある選手、本人も8区希望のようですし、10人には入ってくるであろう選手ですよね。9区は中井、箱根予選でチーム6番手の走りは素晴らしかったですし、前回経験者の土師はいますが、箱根予選では上回っている中井の方が良いかなあと。

 

その土師は10区としました。前回はルーキーの赤崎が走っていますが、それまでは3年連続で4年生が走っていた区間、最後は最上級生に締めて欲しいですね。

 

今回の柘植は5本柱(デレセ、西、馬場、戸部、赤崎)の力が抜けている印象ですね。彼らが力を発揮するのはもちろん、6番手以降の選手がどれだけ走れるかがシード獲得のカギを握りそうです。箱根予選の結果を見る限りは、この5年間でも最も期待できる戦力となってきたような。正直、西、デレセ以外の選手がここまで走るとは思いませんでした。

 

ここ3年はどうしてもブレーキとなる区間が出てしまい、そこで一気にシード圏外に弾き飛ばされてしまい、その後戻ることは出来ていない状況なんですよね。選手層も着実に厚くなってきましたし、今回の箱根では大きく崩れる区間を作らず、4年ぶりのシード獲得、果たしてほしいです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP