第94回箱根駅伝 早稲田大学 区間配置予想 ~苦戦の続く駅伝シーズン、前回3位の意地を~

続いては、早稲田大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では出場した4年生がいずれも区間3位以内という好走もあって往路2位、総合3位と3冠以来の3位以内となりました。主力が抜けた今年度は、出雲で9位、全日本では7位でシード落ちと苦しい戦いが続いています。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:光延 誠、藤原 滋記、安井 雄一

   石田 康幸、河合 祐哉、谷口 耕一郎

3年:永山 博基、清水 歓太、小澤 直人

2年:新迫 志希、太田 智樹、大木 皓太、遠藤 宏夢

1年:宍倉 健浩、吉田 匠、渕田 拓臣

 

6人いる4年生は全員エントリー、前回の箱根、今年度の出雲・全日本に出場した選手もエントリー漏れはありません。順当と言えるエントリーではありますが、今年度あまり目立った走りが出来ていない3年の小澤、1年の渕田らがエントリーされたのがちょっと意外だったくらいかなあ。やはり、昨年度に比べて層の薄さは否めず。。。そんな早稲田大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

太田(2)ー永山(3)ー新迫(2)ー藤原(4)ー安井(4)

石田(4)ー清水(3)ー宍倉(1)ー光延(4)ー谷口(4)

 

1区は出雲、全日本同様に太田としました。全日本での1区3位は見事な走りでしたし、エース格の1人となった太田を1区から外すのはちょっとリスクが大きすぎるかなあと。2区は2年連続で永山、今年度はなかなか調子が上がってきませんでしたが、1万mで28分台を出すまでには戻ってきましたし、2区は経験も大事と言われる区間ですから、こちらも外す理由はないかなと。

 

3区は新迫にしてみました。今年度は出雲・全日本ともに苦しい走り&ハーフの距離は未経験というのが気にはなるのですが…往路では重要度が低い&スピードのある選手が走ることが多い区間ということで予想しました。4区は藤原、前回の箱根は出場していませんが、全日本でも4区と主要区間を任され、上尾ハーフでもベストを更新してきましたからね。重要度が高くなった箱根4区を走ってほしいなあと。

 

5区の安井はまず間違いないでしょう。2年連続5区で5位以内の選手が外れるとすれば、アクシデント以外は考えずづらく、3年連続の5区で過去2回以上の走りを期待。6区は悩ましいところですが、前回走った石田としてみました。先ほどちょっと意外と書いた小澤、渕田がいずれも6区希望ということで、どちらか6区起用もあるかなあと思いつつ、今回リスクをとる余裕はないかなあということで。。。

 

7区は清水、前回は10区9位で走っている選手、上尾ハーフもまずまずの走りを見せていますし、復路を走ってほしいかなあと。出雲・全日本はエントリーどまりでしたからね。8区は宍倉にしました。過去の早稲田はルーキーを8区に起用することが多いですからね。宍倉、吉田はともに全日本で苦戦しており、二人走る可能性は低そうということで、上尾ハーフでも苦しかった吉田よりは学連記録会でよかった宍倉かなあと。

 

9区は2年連続で光延と予想。全日本で外れてしまったのが気になりますが、前回9区7位で走っていますし、今のメンバーを考えても重要な区間を走ってほしい選手です。10区は谷口、上尾ハーフでは64分9秒で走っており、本人も希望している区間、まだ3大駅伝は未出場ですが、最初で最後の箱根出場も十分ありそうです。

 

主要区間は計算できる選手、実績のある選手で固めることは何とかできそうですが、つなぎ区間はやはり厳しそう。。。出雲・全日本の結果を見る限りは、シード落ちというのはさすがに可能性は低そうですが、少しでもブレーキがあればシード争いに巻き込まれてもおかしくないですよね。箱根では11年連続でシード権を確保していますが、ここ最近では最も苦しい戦力かも…

 

来年度は有力ルーキーが多数加わることになっており、今年度はまさに正念場ですかねー。ただ、出雲・全日本で苦戦しても箱根ではきっちりと立て直してきたのがこれまでの早稲田、ベストメンバーが組めれば十分戦えると思いますし、出雲・全日本とは違う姿を得意の箱根で見せてほしいものです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP