第94回箱根駅伝 上武大学 区間配置予想 ~10年連続出場、そして初シードへ~

続いては、上武大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、エース森田の活躍で初めて往路を8位とシード圏内で終えたものの、総合では15位で初シードとはならず…今年度の箱根予選では9位と下位通過ではありますが、初出場から10年連続出場を果たしました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:坂本 佳太、井上 弘也、塩川 香弥、佐藤 駿也

3年:太田黒 卓、関 稜汰、大森 樹、熊倉 優介、

   関 佑斗、松下 恭一郎、石井 僚、久保田 直生

2年:川原 巧、佐々木 守、橋立 旋、鴨川 源太

1年:無し

 

3年生が8人と半分を占めることに。箱根予選を走った選手の中ではチーム11番手だった2年の北脇だけが外れており、まずまず順当なエントリーと言えそうです。前回の箱根予選、今年の全日本予選に出場している淵は箱根予選に続いて外れてしまいましたが…

 

箱根予選は1年生が誰も走っておらず、今回も16人エントリーで0人というのは寂しいですね。それでも、また来年度には大きく台頭してくる選手が出てくることでしょう。そんな上武大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

坂本(4)ー太田黒(3)ー井上(4)ー大森(3)ー橋立(2)

佐々木(2)ー関佑斗(3)ー関稜汰(3)ー熊倉(3)ー松下(3)

 

箱根予選に出場した選手を優先して選んでいます。1区は前回同様に坂本、前回の往路は森田の走りは確かに素晴らしかったですが、坂本も1区10位と好スタートを切っているんですよね。今回もハイペースが良そうされる1区、2年連続で坂本に任せるのが安心かと。2区は太田黒、前回は3区10位で走っている選手、既に坂本に次ぐ力がある選手だと思いますし、エース区間を任せるにふさわしい選手なのでは。

 

3区は井上、箱根予選ではチーム最下位…箱根は2度出場して区間19位以下しかないと気になるのですが…スピードのある選手なだけに、任せるなら3区かなと…4区が延長されて、3区の重要度は相対的に下がっているというのもあるかも。4区は大森、箱根予選でチーム4番手で走っている選手ですし、今年は持ちタイムを見てもベスト連発ですからね。往路を任せるにふさわしい選手なのでは。

 

5区は橋立、箱根予選でチーム3番手で走っている&本人も上りを得意としていて5区希望となれば、是非とも走ってほしいですよね。大きく伸びてきた選手なだけに楽しみ。6区は佐々木、正直6区はわかりませんが、本人が希望している区間であり、箱根予選もチーム8番手で走っているので。。。

 

7区は関佑斗、箱根予選はチーム5番手、前から主力をつぎ込んでいくとなると…復路の中では最も箱根予選で順位の良かった選手が7区かなあと。8区は関稜汰、箱根予選では9番手&5区希望ということでしたので、遊行寺の坂がある8区としてみました。

 

9区は悩ましいところですが、熊倉にしてみました。前回経験者の佐藤がいるのですが…箱根予選未出場&上尾ハーフも65分21秒ということで…ならば箱根予選で6番手の81位で走っている熊倉の方が良いかなあと。10区は松下、本人が希望している&上級生&箱根予選も7番手で走っているということもあって、23km区間を走るのもありかなあと。

 

正直、これまでの実績は箱根予選9位通過という状況を考えれば、初シードは厳しいのかなあと感じてしまいます。前回好走した坂本、太田黒が往路で好走してシード争いに食らいついたとしても、復路でも食らいつけるだけの選手層はまだ無いかなあと。ただ、前評判が苦しいながらも箱根連続出場を続けているチームですし、本選でも前評判を覆すような走りを見せてほしいです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP