第94回箱根駅伝 青山学院大学 区間配置予想 ~6校目の4連覇に向けて箱根は譲れない~

続いては、青山学院大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、3区以降は一度もトップを譲らない安定した走りで見事に3連覇&3冠を達成したものの、今年度は、出雲で2位、全日本では3位で特に全日本では一度もトップ争いに絡めておらず、箱根に不安を残す結果となりました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:田村 和希、下田 裕太、吉永 竜聖、 近藤 修一郎

3年:森田 歩希、梶谷 瑠哉、橋詰 大慧、林 奎介

   橋間 貴弥、山田 滉介、小野田 勇次

2年:鈴木 塁人、吉田 祐也、中根 滉稀、竹石 尚人

1年:神林 勇太

 

前回の箱根5区を走った貞永、全日本1区を走った中村祐が外れてしまった青山学院大、ただ貞永は今年度目立った走りを見せられておらず、中村祐も全日本1区、その後のハーフのいずれも振るわなかったから、しょうがないですかね…今年ハーフで63分24秒を出している富田も外れています。3年生が7人入っており、ダブルエースは田村、下田ですが、主力は3年生が揃っています。そんな青山学院大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

橋詰(3)ー鈴木(2)ー田村(4)ー森田(3)ー竹石(2)

小野田(3)ー吉田祐(2)ー下田(4)ー梶谷(3)ー林(3)

 

出雲、全日本ともに1区で出遅れており、誰が起用されるのかが難しい箱根の1区ですが…橋詰にしてみました。全日本では調子を落としていたということで、あくまでもコンディションが万全であればという前提ですが…今年度はもう走るたびにベストを更新と結果を残してきた選手ですし、1区の抜擢もあり得るかなあと。

 

2区は鈴木、全日本を見る限り、コンディションは問題なさそうですし、上りにも自信があって過去3連続で走っている一色も鈴木を推していましたからね。しっかりとまとめてくれるのでは?3区は田村、本人も希望している区間ですし、仮に2区終了時で他の優勝候補の後塵を拝していたとしても、出雲、全日本同様に田村がいれば一気に前を追えますからね。最も計算できる選手と言っていいでしょう。

 

4区は森田、前回も4区2位と好走しており、今年度も全日本で4区3位、さらに1万mも28分44秒をマークしている選手です。あえて4区から外す必要も無いかなあと。5区は竹石にしました。貞永が外れたことで誰が走っても初となる山登りですが、初の3大駅伝となった全日本で安定した走りを見せた竹石がいいかなあと。下田や吉田祐も候補という話ですが、誰が走るのか楽しみ。

 

6区小野田は青学の10区間の中でも最も可能性が高そうかなあ。2年連続6区2位、ともに58分台で走っている選手を外す理由もないですよね。5度の3大駅伝で未だ区間3位以内しかない安定感も抜群です。7区は吉田祐としました。今回は世田谷ハーフで好走した選手が起用されるかなあと予想しています。チーム2番手だった吉田祐が7区、上級生が起用されることが多い10区はチームトップだった林としてみました。

 

8区は3年連続で下田と予想、ここに下田をおけることが青学の強さを支えてもいましたし、前回もここで優勝を決定づけましたからね。下田を8区に起用出来れば、青学は強いですよね。本来は10番手が走ることが多い区間ですし…

 

9区は梶谷としました。もちろん1区候補でもあると思いますが、前回はスローペースであり、今回はハイペースになりそうだということで、そこが不安というのもあって…復路の7,9,10区と予想した3人の中で、唯一3大駅伝経験者の梶谷を復路のエース区間である9区としています。

 

こうして箱根の区間配置予想をしてみると、やはり強いですよね。田村、下田というダブルエースだけではなく、森田、小野田といった重要区間で実績のある選手が揃っている状況、特に3区田村、8区下田となれば、ここで一気に差を詰める or 広げることが期待出来ますからね。

 

持ちタイムの良い選手、世田谷ハーフや学連記録会で好走した選手がずらりと揃う布陣、過去3年間と比べるとずば抜けた戦力を有しているとは言えないかもしれませんが、やはり箱根では優勝候補筆頭という位置づけになるのかなあ。過去に3連覇した大学はいずれも4連覇を果たしていますが、青学も続けるか?出雲、全日本は敗れただけに、箱根だけはどうしても譲れないですね!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪