第94回箱根駅伝 城西大学 区間配置予想 ~予選下位通過からのシード獲得再現なるか?~

本日より、各大学ごとに箱根予選井おける区間配置予想&戦力分析を行っていきます。まずは城西大学について。。。前回の箱根予選では12位で予選落ちとなってしまいましたが、今年度は全日本予選を9位、箱根予選を8位で通過しています。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:菅 真大、山本 竜也、酒井 雅喜

3年:中島 公平、金子 元気、大石 巧、峐下 拓斗

   服部 潤哉、鈴木 勝彦

2年:西嶋 雄伸、荻久保 寛也、中原 佑仁、宮澤 真太

1年:野上 亮祐、菅原 伊織、菊地 駿也

 

箱根予選を走った12人全員がエントリーされています。一方で誰一人として出場できなかった1年生も野上、菅原、菊地と3人がエントリーされており、各学年のバランスも良くなりましたね。中舎が外れたのは残念ですが、今年結果を残している選手が順当にエントリーされています。そんな城西大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

金子(3)ー菅(4)ー西嶋(2)ー山本(4)ー大石(3)

菊地(1)ー中島(3)ー服部(3)ー中原(2)ー酒井(4)

 

まず気になるのは、全日本4区区間賞の菅を何区にするかですね。過去2度走っている9区ももちろんあり得るかと思いますが、全日本を見ても菅を復路まで残す余力は無さそうということで、エース区間の2区に菅としました。1区は全日本同様に金子かなあと。箱根予選もチームトップですしね。3区に西嶋と箱根予選チーム1~3番手をそのまま1~3区としています。

 

やはり、箱根予選で下位通過という状況を考えても、前半から主力を投入していかないことには、シード争いについていけないでしょうし…5区は候補が大石、服部、西嶋、菊池と監督も挙げていましたが、箱根予選でチーム5番手、全日本も区間一桁でまとめている大石が良さそうかなあと。

 

6区も上りが大事という話をしていたので、5区候補&ハーフも64分台を出しているルーキーの菊地にしてみました。4年前にルーキーながら6区6位と好走した「菊地」の再現も密かに期待しつつ(笑)再び主要区間となった4区は4年の山本としました。箱根予選は4番手ですが…こうすると、1~5区がそのまま箱根予選の1~5番手と順番まで一緒というある意味ベタすぎる予想に…

 

7区に中島、スピードはチームトップクラスながら、長い距離・ロードに苦戦している選手、となると、往路を任せるよりも比較的走りやすい7区の方が力を発揮出来るのではという思いも込めて。8区は服部、5区候補の選手は8区を走ることも多いですし、箱根予選も7番手で走っていますからね。

 

9区は中原、本人が希望しているというのもありますし、箱根予選でも6番手で走っているということもあって、まだ2年生ではありますが、復路のエース区間を任せるのも面白いのでは。10区は酒井、最終区間は4年生が任されることも多く、ハーフも63分台、走れる状況ならば10区を走ってほしいなあと。

 

全日本では菅が大きな見せ場を作ったものの、他の主要区間は苦戦続きで総合でも13位、箱根予選も8位と下位通過だったことを考えても、箱根でのシード獲得は厳しいように思えます。予選会はともかく、本選で好走した経験のある選手も少ないのが現状ですからね。

 

ただ、3年前も箱根予選では9位通過、全日本では15位と今年度を下回る前哨戦だったにも関わらず、見事に総合7位で箱根シード獲得を果たしているんですよね。今年度も菅、西嶋の28分台をはじめ、多くの選手が自己ベストを更新してチームに勢いがあります。2年ぶりの箱根復帰で即シード獲得、見せてほしいものです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪1人1票でお願いします~


PAGE TOP