中央学院大学 2017年 出雲&全日本結果 考察

続いては中央学院大学について、出雲、全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。出雲が8位で全日本は6位、ともに前回の4位、5位からは順位を下げてしまったものの、出雲も5区終了時は4位でしたし、全日本での2年連続シード獲得も素晴らしいですね。

 

出雲では、1区を任されたエースの大森が区間3位、トップと13秒差と好スタートを切りました。前年度から続く中央学院の安定した強さには、大森の1区好スタートが大きな役割を果たしています。2区の横川も区間4位とまずまずの走り、1万mで28分29秒のスピードは伊達ではないですね。

 

3区の高砂は区間9位…前回6区3位の爆走をみせていたことを考えると、ちょっと物足りない走りに…昨年度ほどの圧倒的な強さをトラック・ロードともに見せられていないのが気になります…4区の廣は区間3位と好走、前回は5区7位でしたが、さらに順位を上げてきました。今年度伸びてきた選手が駅伝でもその力を見せることに。

 

5区を走ったルーキーの高橋は区間6位とまずまずの走り、いいデビュー戦と言えるのではないでしょうか。2年生以上に力のある選手が揃い、なかなかルーキーが食い込むチャンスは少ないですが、高橋はタイムも勝負レースの走りも良いですねー。6区は福岡、過去に走ったのは全日本7区のみですが、そこからの抜擢でしたが…フラフラになってしまって区間14位、関東勢でも最下位に沈み、総合も一気に4つ下げて8位となってしまいました。

 

全日本でも1区を任された大森が区間6位、トップと14秒差とこれまた好スタート、これで3大駅伝4連続1区&4連続一桁順位、安心してスターターを任せられる選手というのはありがたいですね。2区の新井も区間9位とまずまずの走り、出雲はエントリーもありませんでしたが、全日本では元気な姿を見せてくれました。

 

3区の廣も区間8位はまずまずかなあ。総合でも7位としっかりとシード権が見える位置でタスキを繋いでいます。廣も主要区間を任せられる選手になって欲しいところ。4区の高砂は区間10位…前回が4区3位ですから、出雲に続いて1年時を下回り走りになってしまうことに。。。中央学院のさらなる躍進には高砂がエースとして復活してくれることが求められます。

 

5区を走った市山は区間6位、4度目の3大駅伝エントリーでついに初出場を果たしましたが、しっかりとその役目を果たしてくれました。ここで総合6位とついにシード圏内に浮上、7位とも49秒差をつけました。6区を任されたルーキーの高橋は出雲に続いての区間6位、3000m障害もですが駅伝でも勝負レースでの安定感、さすがですね。7位とは45秒差とほとんど変わらずもまだまだ予断を許さない状況。

 

7区は3大駅伝初出場となる有馬、今年度ベスト連発でついに出場を果たしましたが、区間7位でしっかりとまとめてくれました。区間順位も上々でしたが、ここで7位とは1分28秒もの差がつくことに。シード獲得に向けて大きな走りとなりました。アンカーは細谷、まだ万全とは言い難い状態だったようですが…それでも区間9位、区間3位とも31秒差ですし、やはり出場すれば力のある選手ですね。しっかりと総合6位を死守し、シード権を確保しました。

 

全日本に出場した選手で二桁順位は10位だった高砂のみ、各々がしっかりと役割を果たしてくれましたし、箱根に向けても心配は無さそうかなあ。個人的に物足りないかなあと思ったのも高砂くらいでしたし。また、市山などは長い距離の方が実績のある選手で、箱根の方が楽しいです。

 

となると、、、箱根に向けては全日本に出場出来なかった選手が大事になってきそう。1万mでチーム最速タイムを持つ横川は、前回も3区を走っていますし、今回も往路を走って欲しい選手、そもそも前回往路を走った選手は全員残っている&今年度3大駅伝に出場しており、2年連続で同一の区間配置でもおかしくないくらいですからね。5区3位の細谷がいるのも、大きなアドバンテージです。

 

逆に復路は気になる点がチラホラ…6区で2年連続で好走している樋口の状態が思わしくないということで、もし出場出来たとしても脚に最も負担がかかると言われる6区は難しいでしょう。特殊区間である山下りのスペシャリストを欠くのは痛いです。前回7区、10区で好走した4年生は卒業、さらに9区を走った藤田は今年度目立った走りが出来ず、出雲・全日本もエントリー止まりで状態が気になります。唯一元気なのが8区を走った廣くらいですね。

 

全日本不出場&箱根未経験者では…出雲6区を走った福岡、上尾ハーフで64分24秒を出した水野、1万mで29分20秒を出した光武、出雲・全日本とエントリーされた實政あたりが復路の候補になってくるのかなあ。個人的には森田がまた駅伝で走る姿を見てみたいですが…

 

前回主要区間を走った選手が多く残っていることや全日本の走りを見る限り、4年連続のシード権獲得の可能性は高そう。となると、期待するのは前回の6位を上回る走りですよねー。この10年では2008年に3位、2009年に5位に入ったのが目立った成績です。3位は木原&篠藤のダブルエースがチームを支えました。エース力は劣っても、総合力では負けていないでしょうし、前回以上の走り、期待したいです!!


PAGE TOP