専修大学 2017年 箱根予選結果 考察

続いては専修大学について、箱根予選の結果を振り返ります。箱根予選結果はこのようになっております。2年連続14位、前回7位通過を果たして以降は17→15→14→14位と増枠での通過圏内である13位にも一度も入れないレースが続いています。増枠が期待される来年度に全てを賭ける形になるかなあ。

 

エースの長谷川はチームトップの36位、トラックで力があることは分かっていますが、20kmのロードでもその強さは健在、名実ともに専大のエースとなりました。まだ2年生、今後どれだけ成長を遂げるかが楽しみ。過去3回はいずれも170位以下だった宮尾が68位の2番手と上々の走り、5千も13分台に載せましたし、下級生から期待された選手ですが、4年時にさらなる飛躍を遂げました。

 

4年目にして箱根予選初出場となった風岡も79位でまとめてくれました。1年の全日本予選で3組19位で走った時にはこのまま主力に…と思いましたが、その後は苦しみましたが、最後にきっちりと走ってくれました。1年時に箱根予選で98位で走り、唯一2ケタ順位で走ったことのある選手だった川平は80位で2度目の二桁順位、全日本予選でも好走、持ちタイムも伸ばしてきてきており、着実に力をつけています。

 

ここまでが二桁順位、4人が100位以内というのは、予選通過を考えれば物足りないですが、前年や3年前は1人しか100位以内で走れていないこと、丸山世代が卒業して大幅戦力ダウンしたことを考えれば、上出来だったと思います。5番手の121位に小林、全日本予選でも上々の走り、自己ベスト連発と力をつけてきた2年生、長谷川に負けずにさらに伸びていってくれれば。

 

全日本予選で最終組を任された岩田は138位、今年ベスト連発の櫻木は152位と4年生二人もまずまずかなあ。大きく崩れることなく走ってくれました。前回164位の矢澤は155位とほぼ同じ順位、3年連続出場となった佐藤が183位で続きました。佐藤も170~200位の間で3年連続走ってますし、ともにもう少し高いレベルで安定してくれれば。。。

 

4年にして予選会初出場となった伊藤が185位でチーム10番手、11番手が283位の塚原、12番手に287位の水沼で10番手とは2分近い大差がついています。何とか10番手で185位で留まりましたが、それでも総合14位ですから、いかに予選通過が遠いかも感じてしまいます。

 

同じ14位でも今回の予選会の方が今後に期待出来る結果だったかなあと。来年度に向けては、エースの長谷川がさらに他大のエースと互角に戦えるくらいには成長して欲しいですし、他に大きく稼ぐ選手はなかなか期待出来ないとなると、もっと2ケタ順位で走れる選手が増えてこないことには、予選突破は遠いままです。

 

今回、誰も走れなかった1年生からも新たな選手の台頭に期待ですね。全日本予選にエントリーされた茅野、黒柳あたりがまずは候補になってくるか。3年生以下で箱根予選未出場者としては、前回チーム2番手で走っている藤井、1万mで29分20秒を持つ和田、5千で14分19秒、全日本予選に出場した横山、1万mで29分40秒を持つ宮下らがいます。来年度の箱根予選突破に向けて、20kmで戦える選手を1人でも多く育てていってもらいたいものです!


PAGE TOP