2017年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~日本体育大学~

明日、3大駅伝の開幕戦である出雲駅伝が行われます。今回は日本体育大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。全日本予選ではまさかの予選落ちとなった日体大、出雲の次は箱根直行となるだけに、ここでしっかりと結果を残しておきたいところです。

 

4年:小町 昌矢、冨安 央、吉田 亮壱、辻野 恭哉、重松 尚志

3年:三原 卓巳、室伏 穂高、酒匂 郁海

2年:山口 和也、廻谷 賢

1年:無し

 

4年生からは、前回の全日本で7区区間賞、箱根でも2区を任されるなどエース格の1人である小町、前回の出雲は3区8位、主要区間を任され続け、直近の記録会では5千で14分4秒のベストを出している冨安、前回の出雲は5区4位、箱根も3区4位と好走、全日本予選も3組10位とチーム随一の安定感を誇る吉田、前回の全日本は3区7位、箱根も5区9位でまとめる一方、5千で13分58秒、1万mで28分58秒のベストを持つ辻野、2年の箱根予選で110位が唯一の出場ながら、5千でベストを連発し、14分15秒まで伸ばしてメンバー入を果たした重松の5人。

 

3年生からは、3大駅伝・予選会は未経験ながらこちらも直近でベストを連発、5千は14分8秒まで伸ばしてきた三原、前回の出雲は4区7位、全日本予選では4組36位と苦しい走りになったものの、5千は14分7秒まで伸ばしている室伏、高校ベストは15分台ながら、着実にタイムを縮めて直前の記録会では14分14秒をマーク、初のメンバー入りを果たした酒匂の3人。

 

2年生からは、全日本予選で最終組に抜擢され、29分12秒の18位と好走、5千も14分3秒をマークするなど、抜群の活躍を見せる山口、高校ベストは14分19秒、1万mも29分57秒をマークしており、1年の全日本予選に続いてのエントリーとなった廻谷の2人。

 

1年生からは、残念ながらエントリー無し。

 

全日本予選から比べると、だいぶ主力が戻ってきましたね。それでも、箱根7区2位の城越や前回の出雲2区5位の宮崎、全日本予選で3組13位と上々の走りを見せた中川らが外れてしまっています。他の選手が好調なうえでのエントリー漏れならば良いのですが…そんな日体大の区間配置予想は以下のとおりです。

 

小町(4)-三原(3)-山口(2)-室伏(3)-冨安(4)-吉田(4

 

まず、主要区間ですが1区は小町としました。箱根でも1区11位と結果を残していますし、出遅れると厳しい出雲ではエースに1区を任せたいところ。アンカーは箱根でも3区4位と好走している吉田、ずっと安定しているエース格の1人ですし、前回の出雲は繫ぎ区間ですが、本来であれば主要区間を走って欲しい選手ですしね。

 

この二人は主要区間の可能性が高いとして、もう一人が難しい…前回3区8位の冨安もいるのですが、今年度抜群の成績を見せている山口と予想しました。全日本予選の好走、さらに直前でベストをマークとエース格にも劣らない走りを見せていますからね。主要区間全てが4年生というのも来年度以降考えると微妙ですし、2年生の山口に任せるのも面白いかなあと。

 

繫ぎ区間ですが、前回4区7位で走っている室伏を2年連続の4区、全日本予選は最終組に抜擢されながらも大苦戦だったので、主要区間は厳しそう。。。となると、前回経験している区間の方が良いかなあと。冨安も6人には入ってくるであろう選手ですから繫ぎ区間で最も長い5区としました。3大駅伝は6度走って前回出雲の8位が最高ですからね。区間上位で走って欲しいところ。

 

残る2区ですが、こちらも連続ベストと勢いのある三原としてみました。これまでの実績ならば辻野が抜けていますが、今年度はあまり姿を見せていませんし、ならば好走を続ける選手に任せるのも面白いかなあと。

 

全日本予選に比べれば戦える布陣になったとはいえ、今年度の勝負レースで結果を残している選手が少ないのが気になりますよね。これまでの実績がある選手が起用されるのか、今年度好走を続ける選手が選ばれるのか難しいところです。前回の6位以内で走れれば上出来だとは思いますが、なかなかに厳しそうかなあ…前回は小松の1区区間賞という素晴らしい走りがありましたからね。今回も、新たに活躍する選手の台頭に期待したいところです!!

 

出雲駅伝の区間配置予想の投票、間もなく締め切りますので、まだの方は投票してみてください!!また、出雲順位予想の受付も行っております。箱根予選順位予想と合わせ、沢山の投票をお待ちしております。

※1人1票でお願いします~


PAGE TOP