2017年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~早稲田大学~

いよいよ、出雲駅伝も明後日に迫ってきましたね。今回は早稲田大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:光延 誠、藤原 滋記、安井 雄一、石田 康幸

3年:永山 博基、清水 歓太

2年:新迫 志希、太田 智樹

1年:吉田 匠、宍倉 健浩

 

4年生からは、前回の出雲は5区5位、箱根でも9区7位で走っている光延、出雲は未出場ながら、前回の全日本では6区3位、3度も3大駅伝でいずれも6位以内で走っている藤原、前回の全日本は8区5位、箱根でも5区4位と安定した走りを見せる安井、前回の箱根は6区12位も関東インカレハーフでは5位入賞を果たしている石田の4人。

 

3年生からは、前回の全日本で4区区間賞、箱根では2区を任され、1万mも28分25秒を誇るエースの永山、前回の箱根では10区9位、1万mで29分24秒のベストを今年出している清水の2人。

 

2年生からは、前回の出雲は2区12位も全日本では5区2位と好走、13分47秒のスピードを誇る新迫、前回の全日本で7区3位と好走、関東インカレ1万mでも9位に入っている太田の二人。

 

1年生からは、高校時代からロードで強さを発揮する一方、大学でも3000m障害で活躍を続ける吉田、高校ベストは14分4秒を誇り、ベスト更新こそ無いものの、大学で安定した走りを続ける宍倉の2人。

 

順当なエントリーですね。エース級だけではなく、主力で目立ったエントリー漏れはなく、10人選ばれるとしたらこの10人というのがそのまま入ってきている印象です。選手層が薄いと言われる早稲田なだけに、まずは一安心です。そんな早稲田の区間配置予想は以下のとおりです。

 

永山(3)-吉田(1)-太田(2)-新迫(2)-光延(4)-安井(4

 

まずは主要区間ですが、6区は安井が良さそうかなあ。早稲田の6区は平賀や井戸といった長い距離で安定した結果を残す選手が起用されることが多いですし、全日本8区を任された安井が良いのでは?関東インカレハーフでも入賞していますしね。永山が1区か3区か悩ましいところですが、早稲田の場合は1区を重視することが多いように思われ…さらに1区で出遅れると終戦となりやすい出雲なだけに、エースの永山が1区が良いかなあと。

 

残る3区ですが、早稲田で最も勢いのある太田かなあ。関東インカレ、全カレともに好走ですし、今年度は主要区間を走って欲しい選手なので。残る繫ぎ区間ですが、過去には大迫、高田、新迫ら期待のルーキーが任されてきたのは2区ということで、2区は吉田としました。宍倉も期待の選手ですが、ロードでの実績や全カレでの活躍などを見ると、ルーキーが走るとしたら吉田かなあと。

 

前回出雲で苦しんだチームにおいて、5区5位と上々の走りを見せた光延を2年連続の5区で…勝負レースで結果を残してきている選手ですしね。残る4区は、悩ましいところですが新迫としました。短い距離だと、4年の石田や藤原よりもスピードのある新迫の方が良いのかなあと。前回の出雲では大苦戦でしたが、その後の全日本では合わせてきましたし、太田同様に3大駅伝全てを走って欲しい選手ですからね。

 

前回の出雲では4年生が4人(平、武田、鈴木、井戸)出場し、主要区間がいずれも4年生だったんですよね。その影響は当然大きく、チーム全体を見渡しても出雲経験者はわずかに2人という状況です。しかし、エース永山の台頭など主要区間を任せられる選手もでてきていますし、全日本、箱根では結果を残してきた選手も多いですからね。

 

前回の8位はもちろん上回るとして、現実的な目標だと5位くらいになるのかなあ・・・?元々、出雲はあまり得意なチームでは無いですしね。主力が大量卒業したとしても、やはり早稲田はまだまだ強い!と思わせるようなレースを、出雲から見せて欲しいです!!

 

出雲駅伝の区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!また、出雲順位予想の受付も行っております。箱根予選順位予想と合わせ、沢山の投票をお待ちしております。

※1人1票でお願いします~


PAGE TOP