2017年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~駒澤大学~

出雲駅伝のエントリーも発表する大学が出てきました。今回は駒澤大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前年度は駒澤が3大駅伝でいずれも3位以内に入れず、箱根に至っては9位で何とかシード獲得という非常に苦しい結果に終わりました。出雲のエントリーは以下の10人。

 

4年:工藤 有生、高本 真樹、中西 亮貴

3年:下 史典、片西 景、伊勢 翔吾、堀合 大輔

2年:大坪 桂一郎

1年:小原 拓未、加藤 淳

 

4年生からは、1年時から主力の一人として活躍を続け、2年以降は常に主要区間で結果を残してきたエースの工藤、前回の出雲では2区6位、13分58秒のベストを持つ高本、前回の全日本では5区8位、学生ハーフえは63分17秒をマークしている中西の3人。

 

3年生からは、前回の出雲では4区2位と好走、学生ハーフでは62分36秒の好タイムで4位に入っている下、前回の箱根で9区4位と快走、その後は学生ハーフで62分31秒を叩き出し3位、さらに出場したユニバハーフでは見事に優勝を果たしている片西、前回の全日本で7区6位、箱根でも7区12位で走っている伊勢、前回の箱根では10区6位でシードを死守、今年度は5千で14分11秒のベストを出している堀合の4人。

 

2年生からは、ベストの14分16秒には届かないものの、14分10秒台をマーク、3大駅伝初エントリーの大坪のみ。

 

1年生からは、高校時代に1万mで29分27秒をマーク、大学では関東インカレ1万mに出場、5千でも14分11秒のベストを出した小原、高校ベストは13分59秒で実績も豊富、大学でも同じく13分59秒を出している加藤の2人。

 

予想通りのエントリーですよね。日体大記録会にエントリーされた選手がそのまま10人に入ってきました。本来であれば、今年13分54秒を叩き出している物江がメンバーに入ってくる力がありますが、夏は故障していたようですし、しょうがないですね。他の主力どころは順当なエントリーとなりました。そんな駒澤の区間配置予想は以下のとおりです。

 

工藤(4)-加藤(1)-下(3)-高本(4)-小原(1)-片西(3

 

まず最初に予想したのはアンカーの片西、箱根9区→出雲6区というのは駒澤の良くある起用パターンですし、箱根やユニバハーフを見ていると、もはや工藤とともにダブルエースと呼んでいい存在ですからね。最長区間の6区も安心して任せられそう。1,3区にどちらに工藤を起用するかが悩ましいところですが…

 

1区工藤としました。駒澤はエース級を起用した時以外は1区で苦戦することが多く、1区で出遅れた場合、今回は取り戻すのが難しそうですからね。一番信頼のある工藤が良さそうかなあと。その煽りを受けるのが3区ということになりますが…ここは主要区間経験のある下としました。ただ、直近の記録会では下位に沈んでいて正直心配なのですが…前回や学生ハーフのような走りを見せてくれることを期待して…他に任せられる選手も正直いませんしね。。。

 

残る繫ぎ区間ですが、まず起用されるであろう選手がルーキーの加藤、直近で13分台をマークしているというのは好材料ですし、となると過去には高校、大学ともに先輩の中谷がルーキー時代に走った2区あたりが良さそうかなあと。距離が短いながらも重要な区間ですし、スピードを活かしてくれれば。前回出雲を走り、直近の記録会でも好走している高本も出場する可能性は高そう。

 

最後の1人が予想し辛いのですが…5千でベストを出したうち、タイムが良かったルーキーの小原としてみました。ルーキーが2人起用されるとなると、前回優勝時以来となり、2区中谷、5区西山に合わせて5区は小原としてみました。残る4区を高本に任せるという布陣だと、ともにルーキーを3,4年生で囲むこととなりますし、走りやすいのではないかと。

 

前回の出雲よりは個人的には期待は大きいかなあ。片西の成長はやはり大きいですよね。ただ、現実的な戦力としては優勝争いに加わるのは難しいでしょうし、良くて3位争いというところですかねえ。13分台ランナーも4人に留まっていますし、勝負レースでの実績も乏しい選手が多いのが現状です。今後を見据えてもルーキーは見てみたいですし、ここで上位に食い込めるに越したことは無いですが、今後につながるような走りをみせて欲しいです!!

 

出雲駅伝の区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!また、出雲順位予想の受付も行っております。箱根予選順位予想と合わせ、沢山の投票をお待ちしております。

※1人1票でお願いします~


PAGE TOP