2017年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~神奈川大学~

出雲の区間配置予想、続けていきます。今回は神奈川大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前回の箱根以降、走るたびに結果を残し続ける神奈川大学、先日の記録会でも好タイム連発で最も勢いのある大学かも。

 

4年:鈴木 祐希、大塚 倭、大川 一成

3年:山藤 篤司、多和田 涼介

2年:宗 直輝、荻野 太成、越川 堅太、安藤 駿、安田 共貴

1年:無し

 

4年生からは、関東インカレ5000mで日本人トップの快走、全日本予選でも3組3位で走っている鈴木祐、関東インカレハーフで5位、全日本予選で3組4位とこれまた今年度大活躍の大塚、3年連続の箱根出場、前回は9区9位で走っている大川の3人。

 

3年生からは、前回の箱根で1区5位と好走、さらに今年度は関東インカレ2部1万mで7位、さらに全日本予選では4組8位と好走を続けるエースの山藤、1年時に全日本予選と全日本に出場、今年は1万mで29分20秒をマークしている多和田の二人。

 

2年生からは、全日本予選で2組8位、先日14分3秒のベストをマークした宗、関東インカレ3000m障害で2連覇中、5千で13分48秒を先日叩き出した荻野、全日本予選では1組2位とこちらも好走、先日5千で13分57秒を出している越川、1年時は箱根予選に出場、今年1万mで29分43秒を出している安藤、全日本予選で2組13位、先日5千で14分15秒を出している安田の5人。

 

1年生からは、残念ながらエントリーは無し。

 

先日の13分台連発で一躍優勝候補に名乗りを上げたと思っていた神奈川大学ですが…まさかのエース鈴木健がエントリー漏れ…箱根2区区間賞のスーパーエースが外れてしまうことに。。。これは痛すぎますね。全大学中、最も痛いエントリー漏れとなってしまいました。そんな神奈川大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

山藤(3)-越川(2)-鈴木祐(4)-宗(2)-荻野(2)-大塚(4

 

鈴木健がいないことで悩むこととなる主要区間となりますが、まず1区はやはり箱根で1区5位と好走している山藤に任せるのが安心かなあ。鈴木健と並ぶダブルエースの1人ですし、スローペースでもハイペースでも問題なく対応してくれそう。

 

山藤を1区に起用出来るとしても、6区を任せられる大塚がいることですよね。箱根8区2位、関東インカレハーフ5位とロードでの強さが抜群な上、5千で13分48秒の好タイムをマーク、その安定した実績はチームトップクラスであり、最長区間の6区も問題無さそう。残る3区ですが、鈴木健がいなくとも神奈川には鈴木祐がいますからね。関東インカレの日本人トップはびっくり、さらに5千は13分49秒まで縮めてきました。主要区間を任せるに相応しい成績を残しています。

 

全日本予選で3,4組を走った4人のうち、3人を主要区間に配置というのがやはり順当ですよね。残る繫ぎ区間ですが、これはもう13分台のベストを出した荻野、越川に14分3秒の宗という2年生トリオに任せるのが良いでしょう。来年以降は中心にあるであろう学年ですしね。その順番ですが…出雲はもう10年以上も出場していないので過去のデータは参考にならず…

 

個人的に繫ぎ区間でも重要だと思っている5区に13分48秒を叩き出した荻野、距離は短いながらも1区と3区の主要区間に挟まれ主力も起用されることの多い2区に13分57秒の越川、残る4区に宗と予想してみました。繫ぎ区間の順番は正直良くわかりませんが、主要区間、繫ぎ区間はこの3人ずつが走る可能性が高そうですね。

 

しつこいですが、鈴木健がいれば青学、東海と並ぶ優勝候補の一角かと思っていたのですが…さすがにその穴は大きすぎて、両校と挑むにはちょっと力不足か…それでも、3位は狙えるだけの戦力は揃っているかなあ?9月30日に素晴らしい自己ベストを出している選手が揃っているのは心強いですよね。そのスピードを出雲でも発揮することが出来れば、久しぶりの出雲と言えども、大いに盛り上げてくれそうです!!

 

今日は大学駅伝秋号の発売日だったんですね。ここ数年、ずっと発売日に買っていたのですが、すっかり忘れていました(汗) 増刊号はずっと買っていますし、今回もまた明日買ってきます。。。

 

出雲駅伝の区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!また、本日より出雲順位予想の受付も開始しました。既に受け付けている箱根予選順位予想と合わせ、沢山の投票をお待ちしております。

※1人1票でお願いします~


PAGE TOP