2017年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~中央学院大学~

出雲駅伝のエントリー、ようやく公式発表されましたね。毎年、相変わらずエントリーされてから発表されるまでが遅い…詳細は公式エントリーをご確認ください。今回は中央学院大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前回4位に入った中央学院のエントリーは以下の10人。

 

4年:大森 澪

3年:廣 佳樹、福岡 海統、市山 翼、實政 瑛久

2年:横川 巧、高砂 大地、有馬 圭哉、藤田 大智

1年:高橋 翔也

 

4年生からは、先日1万mで28分台をマーク、3大駅伝でも主要区間を任され続けるエースの大森ただ1人。

 

3年生からは、昨年度は3大駅伝フル出場、今年5千で14分3秒、1万mで29分8秒といずれもチーム上位のタイムをマークしている廣、昨年度は全日本に出場、こちらも5千で14分15秒、1万mで29分15秒を今年マークしている福岡、関東インカレハーフで6位入賞の一方、1万mも29分27秒まで伸ばしている市山、3大駅伝・予選会通じて初エントリー、1万mで29分40秒を持つ實政の4人。

 

2年生からは、先日1万mで28分29秒という驚異的なタイムを叩き出した横川、昨年度は3大駅伝全てで主要区間を任され、結果を残してきたエースの高砂、3大駅伝は初のエントリー、1万mで29分28秒を先日マークしている有馬、前回の箱根は1年ながら9区を任され、今年は1万mで29分52秒を出した藤田の3人。

 

1年生からは、関東インカレ3000m障害で3位入賞、1万mも29分2秒を出している高橋ただ1人。

 

ちょっと上級生にエントリー漏れが目立ちますかね。前回の箱根5区3位で走っている細谷、今年5千で13分57秒を出し、前回も出雲2区4位の新井といった4年生、14分3秒のベストを持ち、箱根6区で2年連続好走の樋口あたりが揃って外れています。それでも、期待のもてそうなエントリーなのが頼もしくもあり。。。そんな中央学院の区間配置予想は以下のとおりです。

 

横川(2)-廣(3)-大森(4)-福岡(3)-高橋(1)-高砂(2

 

主要区間である1,3,6区を前回と同様に大森、高砂、横川の3人に任せる可能性は高そう。となると、問題はその順番ですが…アンカー高砂はそのままで良さそう。前回並み居るエース格を抑えて3位に入った選手であり、その走力はさらに上がっていますからね。最長区間も安心して任せられそう。残る1,3区ですが、こちらも前回と同様に横川1区、大森3区としました。

 

横川1区となると、恐らくまた抜け出そうとする or 少なくとも引っ張ることは間違いないでしょうし、前回も大きく離されなかったとはいえ、1区10位、今回も無駄に力を使うくらいなら3区の方が…とも思ったのですが、先日28分29秒のタイムを叩き出しているのが光るんですよね~。元々、ラストの切れ味は抜群ですし、そこにスピード持久力が加われば1区に相応しいのではと。

 

大森も2年時の1区は13位と散々な結果でしたし、前回6位でまとめている3区の方が良いかなあと。結局、主要区間は前回と一緒なんですけどね。残る繫ぎ区間ですが、ここ数年の起用からすると、実績のある選手や勢いのある選手を前の区間から起用してくることが多いです。となると、関東インカレでも好走し、ベスト連発の廣を2区が良いかなあと。前回は5区でしたが、今の信頼度は主力に次ぐ位置なのでは?

 

4区は5千、1万でベストを出している福岡、全日本を経験しているのも強みですし、短い距離もタイムを縮めてきていますからね。5区はルーキーの高橋、関東インカレの快走、そして1万mで29分2秒となると、是非とも走って欲しい選手ですよねー。ここ数年を見ても上級生よりも下級生が任されている5区としてみました。

 

前回はベストメンバーとは言えない陣容の中、4位と過去最高順位で大健闘でした。今回もベストメンバーとはいえなそうですが、主要区間、繫ぎ区間ともに選手が揃っていますよね。エントリー10人中1万mの上位6人で予想してみましたが、6番手でも29分15秒というのが凄いですね。チームの勢いは全大学を見渡してもトップクラスですし、前回と同じかそれ以上の順位も期待したいですし、また予想をいい意味で裏切るような走り、見せて欲しいです!!

 

出雲駅伝の区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!また、本日より出雲順位予想の受付も開始しました。既に受け付けている箱根予選順位予想と合わせ、沢山の投票をお待ちしております。

※1人1票でお願いします~


PAGE TOP