2017年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~東洋大学~

出雲駅伝のエントリーも発表する大学が出てきました。今回は東洋大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。出雲は前回まさかの9位に沈んでいるだけに、まずはいい形で駅伝シーズンに入りたいところ。

 

4年:なし

3年:山本 修二、小笹 椋、中村 拳梧

2年:相澤 晃、中村 駆、渡邉 奏太、今西 駿介、小室 翼

1年:西山 和弥、吉川 洋次

 

4年生からは、まさかのエントリー無しですね。確かにトラックシーズンは目立った活躍をした選手が少なく、堀くらいかなあという印象でしたが、1年生が未エントリーならばともかく、4年生が0人というのは寂しい。。。

 

3年生からは、関東インカレ1部1万mで7位、ハーフで2位、箱根2区を任されるなどエースへと成長した山本修、3大駅伝に3度出場し、全日本で4区9位、箱根で7区7位で走っている小笹、5千は14分36秒、1万は30分33秒にも関わらず、3大駅伝初エントリーを勝ちとった中村拳の3人。

 

2年生からは、1万mで28分44秒をマークし、関東インカレハーフ8位入賞を果たした相澤、14分2秒のベストを持ち、前回の出雲では2区9位だった中村駆、1万mは28分59秒、前回の出雲は4区12位も今年に入りハーフで63分9秒をマークしている渡邉、14分8秒のベストを持ち、昨年度は出雲、全日本にエントリーされている今西、3大駅伝はエントリーが初めですが、3000m障害では日本選手権で6位入賞をはたしている小室の4人。

 

1年生からは、全カレ1万mで3位、5千で13分51秒、1万で28分44秒とルーキーの中でもずば抜けた成績を残している西山、5千は14分15秒、1万mも高校時代に既に29分57秒をマークしている吉川の2人。

 

やはり4年生が短い距離に強い堀、箱根9区区間賞の野村など主力を欠いているのが痛いですよね。ただ3年生以下の主力は一通りエントリーされていますねえ。13分台を持つルーキーの大森が入るかどうかくらいだと思っていたので。。。そんな東洋の区間配置予想は以下のとおりです。

 

相澤(2)-渡邉(2)-西山(1)-小室(2)-小笹(3)-山本(3

 

まず主要区間をどうするかですが…走るであろう3人は、やはり今最も勢いのある3人、山本、相澤、西山の3人の可能性が高そう。とすると、最長区間のアンカーは、全日本8区、箱根2区などエース区間を担ってきたエースの山本に任せたいかなあと。山本が最終区だと安心ですしね。残る1,3区ですが、常に引っ張りたがる西山なだけに、1区よりは3区の方がいいかなあと。最後にルーキーが主要区間を走ったのも3区の勇馬ですしね。

 

残る1区は相澤、まだ全日本3区4位しか3大駅伝出場はありませんが、持ちタイムを見てもここまでの走りを見ても、主要区間を任せられる選手なのでは無いかなあと。1~3年が主要区間を1人ずつ任されるのも良いですしね。残る繫ぎ区間ですが…4番手の選手は5区を走ることが多い東洋なだけに、実績豊富な小笹に任せるのが良いかなあ。エースとなった山本にちょっと差をつけられ気味なだけに、さらなる飛躍に期待。

 

残る2,4区は前回経験者の中村駆、渡邉がいますが、2区9位、4区12位といずれも苦戦しており、再度の同一区間の可能性は低そうかと。5千でセカンドベストを先日マークした渡邉を2区に、3000m障害で実績を積み上げている小室を4区としてみました。

 

主要区間は主力でしっかりと固められそうですが、繫ぎ区間は予想が難しいなあ。何度も書いているように4年生がいない影響が繫ぎ区間に顕著に出ているかと。さすがに、前回のように9位に沈むことは無いかと思いますが、上位進出となるとちょっと破壊力不足かなあ。ただ、やはり駅伝となると東洋は強さを発揮しますし、特にNo.1ルーキーの呼び声高い西山がどの区間でどんな走りを見せるかは楽しみですよね―。まずは出雲で、東洋の強さを見せて欲しいです!!

 

出雲駅伝の区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!

※1人1票でお願いします~


PAGE TOP